« のれそれってなにしょれ? | Main | おや、うちですかぃ »

TAKUさま

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

2008年4月13日(￿￿￿日)晴れ

Haitodo1こんにちは(^^)/ Y.TAKU さま

トドのコンピュータはきまぐれでして、コメントツリー
に書き込めないコトが多々あります。自分のブログなの
に! そんなワケでこちらへ書きます。

スペインにご縁が出来たようですね。
「生ハムが美味しい国」とアシカに聞いたことがあるので、訪ねてみたい国
ではあります。
9月の来日に合わせてぶどうの収穫とは素晴らしい。
生食用の大型ぶどうはたぶん見たことがないと思いますから
きっと、その大きさと甘さに驚かれることでしょう。
是非レポートお願いします。

>これは僕が建築、ワイフが商業デザインの卒業の成り行きです。
うちはトドがグラフィックデザイン。アシカがカリグラフィーです。

天満屋・福山店さんにもご縁があるようですね。次回、個展をおやりになる
時には是非声をかけてください。

>トドさんのスタンスは頼もしいです。
ありがとうございます。お互い頑張りましょう。

|

« のれそれってなにしょれ? | Main | おや、うちですかぃ »

Comments

コメントありがとうございました。
昨秋に一年のスペイン留学から帰り、婚約したと聞きア然としました。
作品を見ると心根は良さそうなので・・我慢するしかないです。トホホ(笑) じつは彼女も商業デザイナーです。
創作菓子の東京ばなな・銀の葡萄?で商品開発&デザイナーを三年してから遊学したのです。
ワイフの影響で陶芸にも中学時代から興味が有り、大学の電気&還元ガス窯も材料代を出して貰い造り直しました。
ワイフはEUに別荘ができて好いわ、などと言っていますが・・・。
先方のお母様はフラメンコが趣味とかで対抗して、披露宴のためにワイフは箏を20年ぶりに弾き、「春の海」を近くで習い始めました。苦笑。(高校生の頃に名取、現在はギターも二年位習いに行ってます。)
今週末に一泊二日で房総・千倉・館山で久々の磯釣りができます。メジナや色々です。
ワイフ達の知人の画家が個展を千倉のギャラリー「風」(オーナーは古くからの友人)で開催しているので立ち寄りますが、息子と僕は釣師に徹します。(笑)
息子は建築卒からイベント建物の丹青社、まだまだ苦戦模様。会社は上手く運営されてるハズかも。(苦笑)
末っ子は吉祥寺が仕事場です。
これ、親子でも個人情報だから、オオヤケにはマズイかも。適当に会社名を削除して下さい。子供が怒るかも、よろしく。(苦笑)
今、三鷹市の武蔵野農協の前のガストです。
ジベレリンとその他を仕入れました。
棚作りはボリュームが有りそうですね。
気をつけて頑張り下さい。
僕は家の手入れ工事の二年前に叩き大工に、ついでに20坪位の屋根上にパーゴラを新しく造らせました。
自分でやるべきでしたが・・・大工は無知で後悔です・・。


Posted by: P.N.磯つぐみ(TAKU) | April 15, 2008 at 06:32 PM

こんにちは(^^)/ TAKUさん

なんとも多彩な経歴のご家族ですね。
楽しそうです。

「釣りメーカー」の仕事もしていたので
休日はよく船に乗っていました。最終的にカワハギ釣りが
最も好みでありました。

武蔵野市は長く暮らし、通ったエリアなんで
懐かしいです。
吉祥寺の街を歩いていると、今でも
「おや、久しぶり」
「しばらく見なかったけど、どっか行ってたの?」
なんて聞かれます。

家の改装をした時に出た古材でパーゴラを作ろう
なんて思っていたのですが
なかなかそんな時間は取れないでいます。

Posted by: トド | April 16, 2008 at 06:50 AM

そうですね。
当時、僕も時間がなくて趣味のパーゴラは任せてしまいました。
それと他の工事費と一緒に、ワイフ管理金から出るので都合も好いなどと、姑息な考えも有り・・・(笑)
釣り具メーカーの仕事もされたのですね。
カワハギの薄作りは美味しいですね。肝も。
カワハギは葉山はボート、三崎港の投げ釣り、城ケ島の安房ケ崎の磯でも数が釣れました。
一応、城ケ島の「一休」さんの渡船で赤灯に上がり、午前中でマダイを15枚(ニキロ位)も釣り記録されてます。
それまでの記録は8枚。
ただ城ケ島には三百回以上も通った結果でした。(苦笑)
基本的には五目釣りが好みでしたが、一念発起マダイを釣ろうと道具一式も奮発し、三度目の釣行でノッコミの4/26に大当り、スカリの上げ下げ(海面迄6M)とリールで手に豆が幾つもできました。
縺れないカゴ付きの仕掛けとタナがピッタリと合ったのですね。
あそこは11月だけ外洋にいる大型の大羽イワシが寄って来ます。
このイワシもお刺身には中々好いです。
どちらかと云うと雑魚類、カワハギや青魚のお刺身、メバルやカサゴの煮付け、ギザミ・大型の沖タナゴ・タカベの塩焼きが好みです。
高知にもお知り合いがおいでのようですから楽しみですね。
葡萄や果樹の農閑期は11月にもお有りでしょう?(笑)
どうもアシカさんの日記をお読みすると、お母様は今年米寿とか、僕の母も晩秋に米寿ですから、トドさんは僕より少しご先輩なのかもしれませんね。
週末から、千倉のギャラリーで個展をされる方は、僕は未だ面識はないのですが石井崇さんです。
天満屋の責任者の話ではこの8月にも、今度は天満屋・岡山で個展をされるそうです。
デパートは外商扱いでないと・・・どうもそうではないようです。
東京出身の方で南スペインに帰る前に、月二度位のペースで個展をされてるのでしょう。
芸大・工芸卒、博報堂に十年居てから絵かきの道の方です。
僕の天満屋の個展は2点(内1点注文)だけでした。それも尾道の知り合いでした。(恥)
デパートは外商扱いのランクの実力で、号で20万以上でないと作家もデパートも寂しいことに成ります。
僕の後にした中根寛さんは13、4点掃けました。
全て外商、単価も僕の十倍でした。う~む・・。
昔々中根さんのアトリエは杉山事務所で、僕の後輩が担当したのでした。
一人の老婦人は会場で散々迷ってダメでしたね。
僕も久しぶりの銀座の個展は、十号以上サイズが11点も掃け驚きましたが、フリーの方への引き渡しは僅か3点のみでした。
朝日・読売・山陽にフォト入りで取り上げて、かなりの応援をして貰ってもです。
手間の掛かる技法を使ったので、安くはないのですが作品の引き渡しは、かなり苦痛と云うか空虚感は有りました。
現代美術はともかく、前記の外商扱いのスタンスで個展はするべきのようです。
福山の巨大ギャラリー&小ギャラリーで出来る作品を描けば、外商扱いも夢ではないようですが、あの壁面を充実した作品で埋めるのは、かなりのコンセプト・イマージュと情熱と根性も必要です。(笑)

Posted by: 磯つぐみ | April 16, 2008 at 04:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« のれそれってなにしょれ? | Main | おや、うちですかぃ »