« 世界せーふく | Main | 腰が抜ける? »

ぶどう酒に浸かる

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

1月15日‥‥食べ疲れて帰ってきました。時間線をさか登っての日記です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2008年1月14日(月)晴れ、寒い
早めに起きて、中央線を乗り継ぎ東京の西端の町「高尾」でやっと長距離用の
電車に乗る。あいにくと急行の便が無く普通車。
TenguYamayuki
20年ぶり?の高尾駅。高尾山には天狗さまが住んでおられるからでっかい天狗
の面が飾ってござっしゃる。
電車の中の半分以上は山歩き姿の年輩者で、遠足のようにはしゃぎながら地図
を広げたり、装備のチェックに余念がない。かつて登った山の話、来週登る山
の話があちこちの座席から聞こえてきて楽しい。ほとんどの方の装備はキチン
としたメーカー品。これに団塊の世代が加わるのだからしばらくは山用品業界
は安心か?元気いっぱいでにぎやかな、この山屋さん達は「初狩」までにほと
んどが降りてしまう。

Budogo
「勝沼」はいつの間にか「勝沼ぶどう郷」と駅名を変えていた。
Budouen
ココはぶどう園の中に住宅があるような最大の産地です。目的地はもう一つ先
の「塩山」。

塩山駅では恩師自ら出迎えていただきました。んでさっそくワインです。
Kanape
すでに数種の赤ワインがデカンタに移され待っていました。「品種を当てたら
持ってっていいぞ」‥‥そっそれはソ無理エちゅうもんです。
サマーブラック、メルロー、カベルネ、甲斐ノワ−ル、シラー
華やかな香り、大人の渋さ、重く、軽やかに、硬く、柔らかに、明るく、深く
‥‥それぞれが個別に美味しい。奥様手作りのカナッペがまたワインを引き立
てる。飲みながらぶどう・すもも栽培の反省と展望、技術指導を受ける。
我が師は旧来のやり方にしばられず「新しい何か」を常に模索しておられる。

16時半の急行に乗りウトウトと武蔵境。
RoastPuccini
待ち合わせの19時までに時間があったので「コーヒーロースト」。
諸君!中央線武蔵境のこの店のコーヒーは実に美味しいですぞ! ゼヒ足を運
びたまえ。一口で疲れは癒え、二口でぐいぐいと気分が引き立ちます。

夜飯は中華料理。「好好・ハオハオ」さんに集まったのは岡山に赴任中に知り
合ったコマゴメさんご夫婦、かつての上司ミヤウチさん、ワシラの5人。
前菜から始まる四川料理の数々はどれも文句なく美味しい。
単に辛いだけじゃなくスパイシーな辛さに元気がワキ起こるココチが嬉しい。
特にマーボー豆腐パンチにノックアウト。ハフハフと気持の良い汗をかきまし
た。この店もゼヒ足を運んでください。オススメです。
おっと写真は後ろの席で結婚50年を迎えたご夫婦のためにプッチーニのアリア
を歌う店主です。「私のお父さん」トドも大好きな曲です。昔、何度も通った
店ですがこんなに上機嫌な店主を見るのは初めてです。

|

« 世界せーふく | Main | 腰が抜ける? »

Comments

何年も前、アウトドア衣料品メーカーのイベントで銀座三越本店に数時間いたのですが、そこでは! 試着室から出てきた人に店員が「奥様たいへんお似合いでございます」と言ってました。ただのアシックスのジャンパーです(笑)山用品業界はまだ安泰、かな?

Posted by: ヤマネ | January 17, 2008 at 12:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 世界せーふく | Main | 腰が抜ける? »