« 早朝に走る | Main | コメントツリーが »

男たちの愉しみ

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

12月27日(木)晴れ
9時、週ニ回のデイケアの車に嬉々と乗る母を見送り、トドはマスナリファー
ムさんに「糖蜜/ざわわと揺れるさとうきびから作られています」のお届け。
マスナリ夫人が掃き集めた落葉の山に、たっぷりの醗酵米ヌカと余計な飼料を
与えていない牛糞を混ぜ、100倍に薄めた「糖蜜」をかけてビニールでおおっ
て、週に1回切り返して、約2ヶ月もすると超完熟の堆肥ができあがります。
これを使えば美味しい春野菜に育つのが約束されたも同然! 楽しみです。

Unkai
写真は早朝の雲海。たふたふと雲が押し寄せあふれんばかりです。

Enkei
マスナリファームさんの手前の風景。この山のずっと向こうには、細やかに光
輝く穏やかな海、瀬戸内海があります。‥‥最近見ていないなぁ。

Back
マスナリさん家ではすでに晴れておりピーカンの空でした。作物を育てるには
このような気候の境目あたりが絶好の場所とされています。写真は裏山。

昼まで、すもも畑でピタゴラスの定理を使って測量。例の a2 + b2 = c2 ってヤ
ツですね。3年目の今年、少し実を付けたのですが、コトごとくカラスさんのデ
ザートに徴用されてしまいました。来年はなんとしても食べたい!のでしっかり
した棚を作って防鳥ネットを張るつもりです。

Yamas
さて、雲海の見えたあたりまで戻ってくると、遠くの山々は霞んでいますが広
場は暖かい日だまりになっていてトドが数匹‥‥いえいえ、某社の現場作業員
の方が数人、午後の休憩をとってました。午睡したり、話したり愉しそうです。
トドも仲間に入りたかったデス。風景を撮るフリをしてパチリと盗撮。
Hirune

15時、ぶどう棚の資材を買いに北の町の業者さんまで軽トラで40分。
ここのBossはワシラが団体に属さずスタンドアロンで、百姓とデザインの「半
農半デ」をやっているのを面白がって応援してくれています。ありがたい。
今年の作柄、来年の予想、資材の値上がり、など小1時間話して辞去。

Yotayota
行きも帰りも眠くて眠くて、撮った写真もこんな感じでした。

|

« 早朝に走る | Main | コメントツリーが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 早朝に走る | Main | コメントツリーが »