« パンクじゃないか | Main | まるで日曜日のように »

噛まれた!

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

11月17日(土)晴れ
午前、ホームドクターのナカダ先生を訪ねる。
「おや、珍しい」「どうしました?」と言いながらコンピュータでトドのカル
テを呼び出す。ども‥‥あの‥‥犬がですね‥「はい、どうしました?」
あぁっと、えー、そのォ‥‥‥犬に噛まれたんですよぉ。
フクダ総理にちょっと似ているナカダ先生は肩を小刻みにふるわせながら日付
を打込んだ。それからゆっくりと「犬に噛まれた」とタイトルを付ける。
振り返り、口を開きかける先生に先んじて言う。
ええそうですよ。そのカルテの前の項目には猫に噛まれたと書いてありますよ
ね。ワシ噛まれやすい体質なんです。美味そうに見えるのかも知れません。
ついでに言えば、15年ほど前にはスルメイカに噛まれたこともあります。全治
三週間でした。とトドがまくしたてる間に先生は体勢を立て直して笑顔を遠ざ
け真面目な表情を装おった。
「飼い犬ですか」「中指の付け根、ここは神経が集中していますから大事をと
った方がいいでしょう」「嫌気性の細菌が指の中に残っているかも知れないし、
肉食動物は牙に消化酵素を持っていますから充分な消毒をして抗生物質を飲ん
でください」

Tega処置が終わると‥‥
「で、どうしたんですか?」 
うぅ‥‥あのですね‥‥アシカがギン
ナンを袋詰めしていたらトントコパラ
リンとこぼれ落ちたんですな。
おやおや、と見ている内にギンナンは
ビーグル犬のレモンの前に転がって、
レモンは条件反射でガシバリリとカジ
って割ったです。
ワシは生のギンナンを食うて腹痛でも起こしたらと、とっさに手を出してガブ
リやられっちまいました。愚かでした。

‥‥‥「あの、猫に噛まれた時は何でしたっけ?」
わが家に出入りしてはエサを食い散らかし、昼寝三昧のあげくマーキングの小
便スプレーをまき散らす悪々い野良猫を生け捕りしようとして皮の手袋の上か
ら噛まれました。腫れ上がって、この時も全治3週間だったかな。
ところでセンセこの時に、只「猫に噛まれた」はハズカシイから「大」の字を
付けて「とほーもなく大きな猫に噛まれた」ってタイトルに修正して欲しいっ
てお願いしたのに直っていませんね。 「まぁ、それはいいじゃないですか」

‥‥‥「ついでに、イカにはどうして?」
ワシは昔、釣り道具の会社のデザインをしてたです。そのころ週末はほぼ沖に
出てました。ある日、釣り上げたイカを見ている内に、上下が逆の、この無茶
苦茶な体の構造はなんダロと思ったわけです。この釣り上げたイカなる生物は
ひょっとして、地球外の生命体ではないかと子細に点検していたところ、イカ
様の逆鱗にふれて、あのセキセイインコのようなクチバシでがぶり手の平をや
られました。

ナカダ先生もイノくんの母ちゃんの看護婦さんもしばらく笑いが止りませんで
した。
上の写真がレモンに噛まれて腫れあがったた手です。「どっちの手を噛まれた
ですか?」とか「何で指が短いのですか」って質問にはお答えできません。
左手だけでキーボード打つの大変なんですから。 あぁ痛てぇ。

|

« パンクじゃないか | Main | まるで日曜日のように »

Comments

うわあああ。
な、なんということがー!
レモンちゃんたら、とっさとはいえ、そんなー。
どうぞ、どうぞ、お大事に。
いえいえ、「飼い犬に手を噛まれる」などと、
ぎんぐり辞典が脳裏をよぎることなど、
けしてけして、ございませんとも。ほほ。

Posted by: ハツ | November 18, 2007 at 09:04 AM

あはは、噛まれちゃったなんて言うてたら
どんどん腫れて痛くなって昨夜は涙君でした。

ぎんぐり辞典‥‥ワシも脳裏をよぎりましたです。

Posted by: トド | November 18, 2007 at 11:23 AM

猫の方は、飼い猫じゃなかったんですね。
良かったですね。。。

Posted by: 黒猫 | November 19, 2007 at 11:33 AM

飼い猫のビリー君も昔はよく噛んでくれました。
巨大なアゴの力で骨が砕けるかと思ったです。
この延長線上にトラやライオンが居るのだなと
身にしみて思いました。

動物の敏捷さや腕力に勝てるのは
牛やクマと戦える大山倍達先生くらいですね。

Posted by: トド | November 19, 2007 at 01:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« パンクじゃないか | Main | まるで日曜日のように »