« お神楽/鬼 | Main | やっと終わる開放感 »

お神楽/オロチ

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

10月20日(土)くもり‥‥極めて寒ぶぃ
オロチ退治の舞‥高天ケ原から遠い根の国に追われた素戔嗚命(すさのおのみ
        こと)は出雲の国で足名槌(あしなづち)手名槌(てなづち)
        の嘆きの舞に出合う。
        
Okina
Kusiinadaえっと、こーゆーことかしら‥‥
乱暴者のスサノーくんは高天原から
追放され、島根のあたりを歩ってい
ると嘆いている大金持ちの老夫婦に
出会うんですな。
ヒマだから「どしたの」とワケを聞
くと、この老夫婦には娘が8人も居
たのだけれど、「船通山」に棲むオ
ロチに毎年一人づつ食べられちって、
今年はとうとう末娘の「クシイナダ媛」の番になってしまった。と言う。
‥‥コラッ、7年間何をしていたのか! 何んのタメの金持ちなんだ。

‥‥ところで、老夫婦の娘ってコトはかなり高齢の娘さんではないだろうか?
いや、上のイナダヒメの写真を見ると適齢期の娘さんのように見える。
それに毎年食べられたって、ひょっとして年子かな?
‥‥うむむ、バアさま、高齢出産を8年間くり返したか。少子化対策か?

で、話を元にもどして‥‥スサノーくんはオロチ退治を約束するのだけれど、
その報酬として娘をよこせと言ぅた。何ちぅヤツじゃろね。
オロチか乱暴者か、どちらにしても娘を失ってしまうとジイさんは嘆くが、現
実主義者のバアさまは食われるよりはマシだとOKを出すんだな。

Matuno
ほんで、スサノーくんはひょうきん顔のマツノーさん(松尾明神)にどぶろく
を作らせて、オロチが酔っぱらったところで退治するつぅファンキーな作戦だ
ぁね。

YamatoTakeru
タタカイの前のノリノリの舞でキブンを盛り上げるスサノーくんです。

Oroti1
確かオロチさんはキングギドラのモデルですねー。オロチは暴れ川の象徴との
説もあります。

Oroti3Oroti4_2
大立ち回りになって緊迫の手に汗握るこのシーンですが、オロチのつなぎ目が
何度もめくり上がり、そのたびに大きなタイコっ腹がぷりっと見えて、クスク
スと笑いが広がった。たまらず太鼓たたきの太夫さんはバチに合わせて「腹が
出とるぞ」「出とるぞ、腹が」と笑いをこらえながらアドリブを入れる。
満座で笑われたオロチはスサノーを放っておいて、憤然と太夫を攻撃し始め、
観客はさらに爆笑。ヤンヤの喝采を浴びせたのでありました。

上演時間は4時間半。かがり火の始末をして寒さに震えながらの帰宅でした。

|

« お神楽/鬼 | Main | やっと終わる開放感 »

Comments

初めまして。いつも楽しみにして拝見しています。
神楽、いいですねぇ。特に備中神楽は最高(といっても、少しストーリーがわかってきたところ)
石見神楽や、広島芸北神楽を見ましたが、子どものころから耳に焼き付いている、太鼓のリズムはいいものですねぇ。

昨日の鬼退治、まあ恐ろしい鬼を退治したんだから、二人して勝っても良しとしましょうよ。

最近見た神楽、なかなか大蛇退治ができず、悪戦苦闘!見ているほうが応援したくなりましたが、よく聞いて見ると、時間が余ったから、時間つぶしに、しつこく戦ったんだと。

まあ、とにかく備中神楽は、演技者と観客がいったいになるところがいいですねぇ。(即興でおなかが出ているなんて最高!)

Posted by: ポレポレ | October 23, 2007 at 02:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« お神楽/鬼 | Main | やっと終わる開放感 »