« ワン、スリーのカウントから | Main | 健康のタメぶどうの »

ダレカが通った!

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

9月17日(月)くもり。夕方、バケツとタライをひっくり返したような大雨
朝、アシカと山のぶどう畑バルキで収穫。発送。
夕方、山の畑カンパラで草刈。途中、雨が降りだし、全身ビショ濡れ。
本日はトド母の誕生日なので夕食時に祝う。


Hari
写真は居間の上の梁。今は一部しか見えない。

先日の夕刻のコトである。居間で新聞を読んでいたら‥‥
タタタッとこちらに近付く足音が聞こえ、障子が開いた。イヤな気がして新聞
に目を落としたまま、ジッと待っていたらアシカのカタイ声が聞こえた。

「向こうで、花の香りがする‥‥」
「あのね、トイレの前を通ると、なんでか花の香りがするの」
「花じゃなくて、香水かもしれない」
「ワタシ、前にもこんなコト言ってたよね」
「ダレカが通ったすぐアトのような、香水の香りがするって‥‥‥」
目を上げると神妙なアシカの顔がある。
背筋から右肩にかけて体毛がゾワリと動いた。

この家は150年ほど経っている古い百姓屋だ。親父が数度手を入れ、
我々が引っ越して来る6年前にも部分的な改築をした。
トイレは家の西側にあって、その手前、廊下をはさんで奥納戸がある。
家の西側は、なぜかトドにとって、昔からニガテな場所なのだ。
なぜなんだろう‥‥。

返事もせずに‥‥幼い時の記憶をさかのぼってみる。
納戸を通り、その先の奥納戸は昼でも暗く、秘密めいていて
一人で居ると不安にかられ、ドキドキと落ち着かなかった。
昔は小さな裸電球が1つぶらさがっているっきりの‥‥‥ いや、高い天井に
明かり取りの小さな天窓があったか。

いつの時だったか、この部屋で目覚め、天窓を囲む白いワタが雪のようにも見
えて、雪なのかワタなのかとぼんやりと見つめていたら、急に何かが覗き込み、
目が合いそうな気がして、あわてて家族を探して居間に走った。

そんな記憶をぼんやり辿っているトドに、アシカは首を振りながら
「ワタシもう一回見てくる」と踵を返して歩き始めた。
待ちなよ。と力なく言うてはみるが、腰を上げる気にならない。

家の西側に行くのが気が進まないのは何故なんだと、再び記憶の断片をたぐり
始める。太い梁が交錯する暗がり、天窓から差し込む弱い光にタンスやガラク
タが立体感を失い平板に見える。
舞うホコリと古い新聞や布切れのニオイ。花の香り‥‥香水?
ここをダレカが通った?

目を閉じ座ったままの私の横にいつの間にかアシカが立っている気配がした。
ゆくりと目を開けるとアシカは肩をすくめ、口を横に曲げ、奇妙な笑いを見せ
て「わかったわ」と言う。 え? わかった?
「トイレットペーパーだった」
「お母さんが買っている生協のトイレットペーパーには香りが付いているのよ」
と告げて、足音高らかに二階の仕事場に上がって行った。

|

« ワン、スリーのカウントから | Main | 健康のタメぶどうの »

Comments

ホラーですね・・・。

何日か前のヘンタックスはSPですか?
レンズをねじ込む式のヤツかなぁ。
私もまだ持ってるんですよ。
シャッターを切る瞬間のパシャンという音、
しみじみ、いいですよねぇ。

ではまたです。

Posted by: yamane | September 18, 2007 at 08:22 PM

トドさんの嫌いなものは「ごきぶり」だけでなく、
オバケも苦手なんですね。

最後のおちは大笑いしちゃいました。

今もまだ思い出し笑いしてます\(^o^)/

Posted by: purple | September 18, 2007 at 08:56 PM

お母様、お誕生日おめでとうございます!
最後のオチ、アシカさんの顔が浮かぶようです!
そして、トドさんの顔も・・・。うくくっ。

Posted by: ハツ | September 18, 2007 at 11:30 PM

こんにちは(^^)/ ペンタックス仲間のyamaneさん

マジ、怖かっただよぅ!
はい。ペンタックスSPです。レンズをねじ込みまっす。
バヨネットタイプのキャノンより時間がかかって
悲しい思いでした。でも、ながい目でみれば丈夫で
故障が少ない技術でありましたね。

こんにちは(^^)/ purple さん

足がいっぱいあるのも、ないのもニガテだよぅ。
今度いらした時には最も足の向かないスポット「蔵」を
ご案内しましょう。泣くなよ!

こんにちは(^^)/ ハツさん

目出たく、米寿だそうでございます。

>うくくっ。
 って、あんたも「蔵」に案内して泣かしちゃる。
 
 「蔵」には本やマンガの山を段ボールの箱に入ったまま
 入れているのだけど、怖くて取りに行けないのだデス。

Posted by: トド | September 18, 2007 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワン、スリーのカウントから | Main | 健康のタメぶどうの »