« 疲れは吹っ飛ぶ | Main | お犬サマの検問 »

ボクたちの好きなぶどう

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

9月12日(水)晴れ
完熟果が少なくなったため、本日の出荷は休んで熟すのを待つことにした。

250ccのオフロードバイクで一人北に走る。
昨日、いつも配送をお願いしている宅配業者さんが「低農薬で立派なぶどうを
作っている農家がある」と教えてくれた。
そのぶどう食べました? 美味しかったですか? とすかさず問う。
「シロート目から見ても美味しいデス」「他所とは別格で美味しいデス」
早速、電話で連絡を取った。

とゆーワケで本日は最盛期の他所のぶどうを食べ、話をうかがいに行く。
半そでのTシャツにジーパン姿はちと寒かった。毎日大量の汗をかいているか
ら、季節が変わっているのがわかっていないのだ。
9時前、ちょうど収穫を終えたところに到着。
ぶりぶりの700gから1,000gサイズのピオーネがズラリ並んで大迫力!
房も粒の大きさも我が園の2倍近い大きさである。
通常このように大きなサイズになると色が付きにくくなるのだが、その点も全
く問題はない。

まず、第一の質問‥‥低農薬で栽培されていると聞いたのですが?
「?? いや、防除は普通にしとるよ」
これでかなりの興味は削がれた。しかし、せっかく来たのであるから、聞ける
ことは聞こう。
‥‥大きく育てるには? 肥料は? 水は?
‥‥葉が厚くて丈夫なのはなぜ?
‥‥鳥対策は? 販売は?
自分の栽培方法と品物に自信があるから、どの質問にも丁寧に答えてくださる。

Edaやはり畑を見た方がと
家のウラの畑に場所を移動して
木や畑を見ながら説明してもらう。
健康そうな分厚い葉の間に
袋を破りそうなほど、ぶりぶり
の房が並んでいた。
1時間ほど、あれこれお聞きして
2房買って、振動を与えないよう
にゆっくり走って帰った。

さて、味は‥‥甘い!糖度計で見ると17度を切るくらいなのだが、数字以上
に甘く感じる。大きさ、色、味どれも全く文句ない一級品に違いない。

でも、コレはボクたちの食べたいぶどうじゃないのだなぁ。
「もっと深くて、複雑な味を持ち、その上にすっきりした自然な美味しさ」
「食べ始めると一房くらいあっと言う間に食べちゃった」
ワシラはそんな、ぶどうを目指しているのだと再確認した。

午後、山の畑バルキでヒヨドリ除けに木酢液をペットボトルに入れて吊り下
げる。草刈を2時間。

|

« 疲れは吹っ飛ぶ | Main | お犬サマの検問 »

Comments

ぶどうの味はもちろんですが、トド&アシカの作った ということがとっても大切なつながりだと思います。
私は人と人のつながりが、一番の安心と美味しさだと思うのです。
これからも、ぶどう よろしく!!

Posted by: サザエ | September 14, 2007 at 10:26 PM

作り手が「食いしん坊」ってのが大きな要素かと
思います。

「ぶどう?好きじゃないけど作ってる」って方も
時々おられます。
そんなぶどうはそんな味がします。

Posted by: トド | September 15, 2007 at 06:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 疲れは吹っ飛ぶ | Main | お犬サマの検問 »