« さて、困った! | Main | 食べ尽くしてから »

やむを得ないか

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

8月30日(木)くもり、小雨、くもり
Kasa

早朝と夕方、山の畑バルキにカラスを牽制に出かけている。
被害は止まない。しかし、房ごとごっそりと言うより、房の一部をついばむ小
さなクチバシのアトが見える。やはり犯人はヒヨドリであるらしい。

とりあえずの対処方法として、上の写真のように紙の袋の上に塩ビフィルムの
傘を掛けました。大柄なカラスには効かないけど、小さな鳥の上からのアタッ
クには効果があると思います。
この付ける作業と収穫時のわずらわしさ、除去、保存‥‥と考えるといささか
ヒルミますが、やむを得ません。

Higaijpg紙の袋をビリビリに引き裂いて食べたアトです。
この犯人はカラスでしょうか。
もう少し待つと、もっと美味しくなったはずの
「藤稔」です。

結局、対処の手間を考えると、次のオフには防
鳥ネットを張るしかないか‥‥
なるべく「手間もコストもかけない農業」が
モットーであるのだけど。

|

« さて、困った! | Main | 食べ尽くしてから »

Comments

 うちでは、イチジクの赤くなった実に一つずつ網の袋を被せています。それでも食い破るのは、おそらくハクビシンですね、こちらでは。まぁ、数本の木なので、いいんですけど。
 一本だけあるブドウは、上、横、ぜーんぶおじいちゃんが網で囲いました。食害はなくなりましたが、つまみ食いもできなくなりました。
 お腹空かせているのはかわいそう。寒そうでかわいそう。数が少なくてかわいそう。追い払うのはかわいそう。・・・カン違いな動物愛護はやめてもらいたい・・・って、また敵を作りましたか、私?

Posted by: ゼッペル | August 31, 2007 at 07:56 AM

大変な作業 ご苦労様です
届いた葡萄を 手を合わせつついただきました
プチプチの葡萄 大変おいしゅうございます

ゼッペル様 私もカン違いな動物愛護に日頃から 
ムカツイております
何でも反対すりゃあいいってもんじゃありませんよね

Posted by: バナ独 | August 31, 2007 at 09:03 AM

ん~、やっぱり果物類は、鳥が大敵なんですね。
その労働力を考えると、大変だなと、素人ながら思ってしまいます。
でも、逆に考えれば、
“鳥たちも待てない!おいしいブドウ!”ってポジティブに考えすぎかしら(^-^;

少しでも、被害が少なく、おいしいブドウができますように。

Posted by: Tomoco | August 31, 2007 at 12:07 PM

こんにちは(^^)/ ゼッペルさん

ゼッペルフラッグはカラスには効果があるようですが
ヒヨドリには楽しい遊び場を提供しているキブンです。

ワシもつまみ食いしながらの作業は大好きです。
ロード−には楽しみがなきゃね。


こんにちは(^^)/ バナ独さん
ハニビを気に入っていただけたようでウレシイです。
植えて良かったとハナ高々のぶどうです。


こんにちは(^^)/ Tomocoさん
反感を買いそうなのであまり大きな声では
言えないのですが、農薬をあまり使用していない
果物の方が被害が大きいように思えます。
我が師のところも「農薬漬けのお隣さんの畑に
鳥は見向きもしない」と言うておられました。

Posted by: トド | August 31, 2007 at 03:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« さて、困った! | Main | 食べ尽くしてから »