« 時と場所が違えば | Main | 西方浄土って言うじゃろ »

安心が込み上げる

↓このクリックで世界が終わるワケじゃありまません。気楽に押してください。
banner_021ブログランキングに参加しています。応援ヨロシク!

8月12日(日)晴れ
朝から家まわりの掃除。墓参りのお客さんがあるのだ。

昼過ぎ、母を水墨画の教室に送る。隔週に市が催していて母はコレを大変楽し
みにしている。

Ekimae
写真は駅前のメインストリート。両わきにちょうちんが吊されて盆踊りの準備
が出来ている。後は通りの中央にやぐらが立てば準備完了。子供の頃からこの
やぐらが組み上がるのが楽しみで自然とワクワク気分。
今年の盆踊りは14、15、16日の三日間。当日、通りは封鎖され、今は閑散と
見えるけど、近在の人々でぎっしりとあふれる。
‥‥正確には「やとさ」と言う人気のある踊りの時には、通りに人が湧き出て
  あふれる。

3時過ぎ、大阪のイトコ一家5人が到着。子供たちの第一声は「子猫どこ?」
どうやら、ブログを読んでくれてるらしい。
お客さまだからと気を遣って2階に幽閉していた子猫を解放。「カッワイイ」
の大歓声にビックリして立ち止まる子猫たちに全員の手が伸びる。
お茶とぶどうとおにぎりで近況報告とネコ談義。
三人の子供達は会うたびに大きくなり、個性が際立ってきてかわいい。
キチンと大人の会話も出来るようになって、話しの端々が楽しい。
母の作ったタマネギやじゃがいもを積み込んでいたところに母も帰宅。


松っちゃんから電話。「ヒラマツ先輩の鮎会」があるらしい。
「北のとなり町の鉄橋の下で待つ」てんで、夕方アシカと出かける。
いくつもの鉄橋の下を覗くがわからず、もう帰ろうと思ったコロ見つける。
薄暗くなりかけた川のほとりで10数人の大宴会が催されていた。

Ayutori

写真は仕掛けたアミを引き上げに向かう舟。この後、カンテラを点しての作
業風情あり。
持参の早生のぶどう「紅伊豆」を、まだ酸っぱいですが、と試食してもらっ
た。「これは買えるのか?」「一粒でもいいから送ってくれ」と多くの方に
絶賛してもらえた。
すでにかなりの酔っぱらい集団の感想ではあったが「今年もイケそう」と
ホッと安心が込み上げる。

|

« 時と場所が違えば | Main | 西方浄土って言うじゃろ »

Comments

おはようございます。ご無沙汰してますm(__)m
カラスとの争いに勝利されましたか!
紅伊豆って見ると、昨年頂いた時の美味しさが思いだされます。
来年は我家でも数房は採れるかな~と期待しています。

乳酸菌って書いてあったけれど、アレですか。
マスカットも年々粒が小さくなってきて、味乗りも遅くなってきましたが、万田のおかげと我家では言ってるのですがダニが来ても最後まで葉が枯れずに頑張ってくれます。最後には美味しくなってくれるので安くてもお金にすることが出来て助かっています。隣のお宅のガラス温室は「今はもう秋!」枯葉が舞っています。
万田も乳酸菌も今年からの竹酢液も使い続けることが必要なんでしょうね。

これから益々忙しくなると思いますが、トドさんの「なるようになるさ」精神とアシカさんの細やかな心遣いで美味しいぶどうを皆さんに提供してあげてくださいね。
ではまた。

Posted by: tikupon167 | August 14, 2007 at 08:31 AM

こんにちは(^^)/ tikupon167さん

紅伊豆はやっぱ美味しいですよー。

乳酸菌はアレじゃなくてドブ6です。アレは高くて
手が出せませんでした。
紹介していただいた竹酢液ベースのコレも高いけど、
なかなか良さそうですね。

また、ソレやナニなど教えてくださいませ。

Posted by: トド | August 15, 2007 at 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 時と場所が違えば | Main | 西方浄土って言うじゃろ »