« なんとシンプルな | Main | 昼寝でもぶちかましたい »

小さくて厚い方が

↓このクリックで世界が救えるワケじゃありまませんが、トドがヨロコビます。
banner_021雲間から太陽が顔を出すと嬉しいですね。応援のポチもよろしく!

7月3日(火)くもり、ほんのちょっと晴れ

Leef
ポリフィルムの屋根からはみ出したぶどう(ピオーネ)の葉っぱです。
以前、アシカも書いていましたが、新しい葉っぱは新緑ではなくて少し赤っぽ
い色なんです。
時々「スケッチするから、生のぶどうの葉を送ってくれたまえ」って方が居ます
が、ぶどうの葉や枝は本体から切り離すと、ごく短時間で萎えてしまいます。
そんなワケで送れないのです。スケッチブックを持って見に来なさい。イバ君。

ところで、このギョーカイでは「葉は小さくて厚い方が良い」とされています。
 小さい‥‥重なりあった下の葉の光合成を邪魔しない。
 厚い‥‥‥丈夫で病気になりにくい。
ってワケなんです。今年も相変わらず大きな葉っぱがデンっと混じっています
が‥‥厚さはなんだか、去年よかズッと厚いです。色も濃いグリーンで、ちょ
っと触った感じがゴムの葉のよう。これで、毎年ケンアンの収穫期直前のサビ
病の心配をしなくても良いかもしれません。コレとてもウレシイ!
去年までは農薬を使いたくないから、他の葉に伝染しないようにバッサリと葉
を切り落としていました。

午前、自宅まわりの畑に竹酢液を中心にした活性剤を葉面散布。
650リットル/4時間。
午後、山の畑バルキで枝の整理。アシカは粒まびき。

Corn2写真は「とうもろこし」。
去年より少し多めに肥料をやりまし
た。なんとか順調に成長して受粉期
を向かえています。
美味しいのが出来ますように!
ご近所の畑はガッチリとネットで囲
ってカラス対策をしていますが、わ
が家は無防備です。その時間と労力
がありません。
少々の損失ならガマンしましょう。

|

« なんとシンプルな | Main | 昼寝でもぶちかましたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« なんとシンプルな | Main | 昼寝でもぶちかましたい »