« ローゼキのアト | Main | 野菜のソバで眠る »

高梁川流域イベント

↓このクリックで世界が救えるワケじゃありまませんが、トドがヨロコビます。
banner_021忙しい!と言っているのにさらにイソガシくなってしまう

6月14日(木)ザーザーと雨
Bis_1
写真は晴れた日の「ビスカリア」。自宅にUターンする前に岡山のアパートで
9年間暮らしていました。終わりの5年ほどは、デザイン仕事が忙しくて一日中
コンピュータを前に座り続け、その反動が花作り。12畳ほどもある広いベラン
ダを季節の花でいっぱいにしておりました。
いくつかの花は実家の庭にも根を下ろしたようで、こんな風に咲いております。
手が汚れるのがキライだったトドを農作業の入り口までイザナってくれた花で
あります。和名は「コムギセンノウ」。ナデシコ科。
‥‥今は、ぶどうが忙しくてツキモノが落ちたように、花には無関心です。

終日、デスクワーク。

夕方、「グリーンデイ」の集会に出席。高梁川をテーマにした完全民間主導の
環境を考える運動で年1回4月に啓発?イベントを行っています。
川下の都市部からスタートして6年目の来年は中流域のわが町でやろうと立ち上
げの集会でした。この日は「理念」と「経過」の説明と「金が無い」のも確認。
今までは大きな河原を利用してのイベントだったのですが、発想を変えて街の中
で住民を巻き込んでの「オマツリ」を提案。
街の中をウオークラリーしながら「学び」「楽しみ」中流域の生活を理解して
もらいます。10人ほどの参加者の反応はかなり良かったのでこの方向で進めば
面白くなりそう。
もちろん、このタクラミは「スローフード運動」をヒントにしています。

|

« ローゼキのアト | Main | 野菜のソバで眠る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ローゼキのアト | Main | 野菜のソバで眠る »