« サーチ料理は | Main | ヒゲを伸ばすってことは »

ヌートリアに会う

↓このクリックで世界が救えるワケじゃありまませんが、トドがヨロコビます。
banner_021外来生物は困るけど、人間の都合で連れて来られたんだよね

4月10日(火)晴 サクラ吹雪きあり
午前、デスクワーク。午後、山の畑カンパラでぶどうの棚作り。
夜なべ、デスクワーク。

Nuu
先日、県北の街で打ち合わせしての帰り、運転していたアシカが急に大声で
「あっ、居る」と叫んだ。ワシは寝不足でウトウトしていたが、とっさにカメ
ラを取りレンズキャップを指でハジキながら、アシカの指差す方向に向けた。
さすが報道カメラマン上がりのトドである。←軽いウソです。気になさらずに。
なに?「ヌートリア」どこ?「そこの川」「そっちだって」「泳いでる」
居た!カシャ。うぉ、連写ができない。ズームが遅い。やっぱ1眼レフにしと
けばよかった。走る車から2枚撮ったものの、2枚目はブレブレでした。
上の写真がその1枚。岸の手前の黒い点がそです。わからない?

Nuu2んじゃ、拡大しましょう。
えぃ!これで、どーだ。
‥‥らしいでしょう。
えっ?
ヌートリアを知らない。
えー、南米産の巨大ネズミ
なんですが。
ちょっと待ってて。電子辞
書で調べましょう。
よっこらせっと、アから始
って‥‥ナ、ニ、ヌっと

これ、これ[ヌートリア] ←泳いでる写真もあります。
頭胴長40-60cm、尾長30-45cm、体重5-9kgの大型の齧歯類。池沼や河川の
土手などに巣穴を掘り、雌雄のペアで生活をする。丈夫で育てやすく、柔らか
い上質な毛皮が安価に入手できるため、第二次世界大戦ごろに、軍隊の防寒服
用として世界各国で飼育された。 ‥‥おやおや日本だけかと思ってた。
日本では1939年にフランスから150頭が輸入され、1944年ごろには日本全国
で4万頭が飼育されていたが、終戦後、その多くが野外に放逐された。
西日本各地に分布が拡大しており、特に岡山県にはかなりの数が生息。
その巣穴は入り組んでいて深く、水田の畦が破壊される原因にもなっている。

ってコトで、なんと岡山は「ヌートリア王国」でありました。畦を壊すので百
姓には嫌われています。生息域は県南がメインのだったのですが県北にも進出
しているようですね。
アシカが一番最初に岡山に来た時にも倉敷の手前で電車の中から発見して目を
丸くしていました。ビーバーだと思ったのでしょうか。
トドは今回、初めて見ました。彼等は淡水系ですがトドもアシカも親近感がわ
きます。

|

« サーチ料理は | Main | ヒゲを伸ばすってことは »

Comments

うわぁ~、大きなねずみ「ヌートリア」っていうの??
南には珍しいものが生息しているのねぇ。
ビーバーみたいですよね。

先日、町に下りる道路でカモシカに遭遇。
写真撮り損なったのが本当に残念(-_-;)
カモシカも増えているようです。

Posted by: ぶ~わん | April 11, 2007 at 04:30 PM

こんにちは(^^)/  ぶ~わんさん

いいでしょ、ヌートリア。希望湖に持って行きましょうか。
稲とか麦のルアーでヒットするデスよ。

オフになったらお出かけくださいませヌートリアと
ぶどうの王国へ。ふふふっ。

Posted by: トド | April 11, 2007 at 10:35 PM

うちの方にはヌートリアはいませんが、ハクビシンがいます。
昨年は家庭菜園のトウモロコシが全滅でした┐(´_`)┌。

Posted by: ゼッペル | April 12, 2007 at 08:24 PM

こんにちは(^^)/ ゼッペルさん

柿の芽も出始めたっしょ? 忙しくなりますねぇ。
他人事ではありませんなぁ。

こちらもハクビシンは居るようですよー。
備前と伯耆の國を結ぶ‥‥それは伯備線ですな。

ハクビシンは「安芸クィーン」ってぶどうが好きと聞いて
います。
山の畑ではオコジョを見た事があります。
多少の量ならばショバ代と目をつむりますが、
サルが現れたら、店仕舞いするしかないかな。
幸いにも猿害地域からは遠く離れています。

Posted by: トド | April 13, 2007 at 10:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« サーチ料理は | Main | ヒゲを伸ばすってことは »