« ひきこもり中 | Main | 壬生義士伝 »

べにほっぺ

↓このクリックで世界が救えるワケじゃありまませんが、トドがヨロコビます。
banner_021「ブログランキング」に参加しています。応援よろしく!

2月1日(木)晴れ
Roubai_2
庭や畑のワキに3ケ所あるロウバイ。これは一番遅咲きの木です。

いちご・ぶどう農家の「かずんこ」さんが寄ってくれました。写真は朝摘みの
いちご「さちのか」と「べにほっぺ」。
Beni_5Hoppe
今年から作り始めた「べにほっぺ」の方が少し色が明るいです。どれどれと口
に放リ込めば、従来のいちごとはちょっと違うオドロキの触感。果肉がもっち
りとち密でクシュッとツブせばフレッシュ感が口いっぱいにあふれます。
ネーミングの語感も良いし気に入りました。
足が早いのが難点のようです。新鮮なうちに食べてください。おすすめです。

夕方、ビリー君が足を痛めているようなので30km南の町の病院にアシカと走
る。イジリまくられ、押さえていたアシカと看護婦さんをガブリ!
原因の特定は出来なかったが、化膿止めを飲ませて一安心。

9時過ぎに遅い夕食。

|

« ひきこもり中 | Main | 壬生義士伝 »

Comments

 
 苺 6月頃 爺ちゃんが作ってるのを食べることできるんですけど、今!
 どうしてこのクソ寒い時期になると こうも毎年 苺なの?って感じで
 我が家の温室で 苺・・・となると 暖房は入れないとダメだし、
 でも、四季成り苺はいつか作ってみたいぃ~~ と思うくらい
 今も 苺ぷりぃ~~~ず状態です(^^;)ゞ
 

Posted by: きゃらうぇい | February 03, 2007 at 06:09 AM

わが家も母86才が毎年露地イチゴを作ってくれます。
ひ孫が来たら喜ぶからと言うてるのですが、
もちろんお裾分けがいただけます。

そんなに一生懸命に世話が出来ないのだけれど
充分に美味しいイチゴができます。

美味しいと、イチゴ栽培にもちょっと手を出したくなる
のですが、‥‥中途半端になるのがオチなので
止めておきましょう。

Posted by: トド | February 03, 2007 at 11:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ひきこもり中 | Main | 壬生義士伝 »