« 播磨の國は龍野の鶏籠山 | Main | 指で突いたら »

トドも木に登る

↓このクリックで世界が救えるワケじゃありまませんが、トドがヨロコビます。
banner_021「ブログランキング」の応援よろしく!

12月2日土)雨少し
Yamagiri_1
朝起きると前の山は霧に隠れておりました。毎日こんなもんですけどね。

Kasi昨日は天気が良くて暖かかったので、気に
なっていた庭の隅の樫の木の枝をカットし
ました。
でも、こうして見上げるとまだまだ切り詰
めなきゃイケナイですね。登っている時に
はかなりバッサリと切ったつもりだったの
ですけど。
他所さまの樫の木はほとんど坊主と言うか
棒クイのようです。でもそんなにするくら
いなら植えなきゃいいのにと思うんですけ
ど。庭に樫の木を植えると言うのはなんか
縁起モンなんでしょうかね。

Ie_2そんで、この木に登ったつ
いでに振り返って自宅をパ
チリ撮ったのが左の写真で
す。二階を仕事場にしてい
て、3枚ある下の畑を日々
見ているワケです。
家は200年ほど経ており‥
‥‥住みやすいか?
と言われると???です。
すきま風がピューですし、
個としての部屋はありま
せん。夏は涼しくて気持
ちイイ日本家屋ですが、冬はちょっとね。

Dandanさて、樫の木から落ちない
ように、も少しカラダを西
にヨジると、上にも3枚畑
があります。このアングル
から見る事はあまりないの
で撮っておきましょう。
3段の段々畑です。主枝を
18cm下げていますから、
枝が「V」の字になって無
理なく左右に出ています。
その先の枝は一切下に下げ
ません。
このあたりが合理的な栽培方法を提唱している山梨の小川先生流です。
主枝の上にアーチ状の屋根を張れるようにしています。これは岡山方式です。
病気の原因となる雨に当たらないぶん農薬の量を減らせます。

|

« 播磨の國は龍野の鶏籠山 | Main | 指で突いたら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 播磨の國は龍野の鶏籠山 | Main | 指で突いたら »