« 民度の差なのか? | Main | 世界は霧に包まれている »

手打ちそば

↓このクリックで世界が救えるわけじゃありませんが、トドがヨロコビます。
banner_021「ブログランキング」の応援よろしく!

Soba_1
11月12日(日)晴れ
午前:山の畑カンパラでぶどう棚作り。
畑はヒルトップな場所なので強風が予想される。10番線を目一杯引っ張って
張っていると、突然バンっと音がしてブチ切れてしまった。直径3.2mmはあ
るんだけどなぁ。キズが入っていたかも知れないけれど、これで切れるようだ
と狂風にもたないかもしれない。少しユルメにして柔軟性を持たすべきかも。

夕方:トドは泡盛、アシカは焼いたフルーツケーキを持って、近所のセイジ
先輩の家を訪問。庭も家もスッキリと端正なたたずまいである。
「かくのゴトク住みたいもんだ」と言うと「アンタの荷物を処分すれば‥‥」
と続くのが見えるから言葉にはしない。

本日は初ソバを食べる会であります。しばし、お庭をながめてからピンポン。
やぁやぁ、どーも、どーもと挨拶もそこそこに奥の間に上がりこんで、第一声
は「うちの前でコケたんだって?」は、はい。面目ありません。ブログを読ま
れているぢゃないか! ありがたいやら情けないやら。

Sasimi_1まずはと備前焼の器にビール
が注がれてカンパイ。
先輩はソバを打ちながらビー
ルを飲んでおられたようでも
うすっかり上機嫌。
お刺身や奥様手作りの料理が
どんどん運び込まれ、美味し
くて会話がはずみます。
野菜は母上さまの菜園からの
産直品。季節最後のピーマン、
ナスのてんぷらが美味しい。

さて、そろそろ始めましょうかと先輩が立ち上がり、手慣れた様子でソバを茹
でて素早く盛り付ける。
UderuHayaku
Zen_1
それで、これが仕上がりの図です。
プロみたいでしょ。
早速食べると、口の中いっぱいに
ソバの香りが広がり、のど越しが
美味しい!
ソバだけを食べたり薬味で食べた
りで「モリ」を3つ。最後は暖か
い汁でも食べて、あぁ大満足。
美味しかったぁ!

「気に入ってもらえましたか?」はい。大変に美味しくいただきました。
「なんなら年越しのソバも用意しましょうか」‥‥そんなわけにはとアシカ。
「なに、暮れの31日にはご近所のみなさまの分も朝から打っておりやすから」
えっ、いやぁ、それは‥‥ウレシィとトドはもうニコニコ顔。アシカはそれで
も遠慮勝ち。
「じゃこうしやしょう」「いちばん良い時期のぶどう一箱と交換でどうです」
OK、ヨッシャと手を打ちました。

Hahako_1母上さまも途中から
参加。改めて話をう
かがうとトド祖母と
姑さまが仲が良かっ
たらしく、トド父と
ダンナ様とは囲碁友
だちでこの部屋で何
時間も碁盤をはさん
で座っていたと言う。
なんと親子三代のおつき合いになるようです。ちっとも知らなかった!
満腹の上に、泡盛をぐびりぐびりと飲んでお腹ぱんぱんで帰りの坂道はヨロ
ヨロでトドの酔っぱらいでありました。
途中、一息ついて空を見上げれば、あぁ満天の星空! おぉ寒ぶい。

|

« 民度の差なのか? | Main | 世界は霧に包まれている »

Comments

ああ、混ぜて頂けるものならば、
椰子の実やマングローブガニ持参で参りますのに・・・。(嗚咽)

Posted by: ハツ | November 13, 2006 at 08:11 PM

ハツさん こんにちは(^^)/

椰子の実やマングローブガニ同伴で是非おいでくださいませ。
つか芝居のビデオを見ながら年越しソバを食べましょう。
あっいけない。今年、トドは天神様のかがり火の張り番でした。

Posted by: トド | November 13, 2006 at 08:20 PM

 無理矢理におすすめして、ご迷惑ではなかったかと反省もしましたが、たくさん食べていただけて、うれしい限りでした。
 ところで、訂正です。年越しそばと交換の葡萄は「1箱」ではなくて「ひとふさ」です。念のため。
 

Posted by: nabe | November 14, 2006 at 07:28 AM

nabeさん、先日はとてもおいしいお蕎麦、
ありがとうございました。
香りものどごしも良くて感激しました!
奥様の天ぷらもきれいにカラッとあがっていて、
ナイスコンビネーションでしたねぇ♪

葡萄狩りセルフサービスで1箱でどうでしょう!

Posted by: アシカ | November 15, 2006 at 04:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 民度の差なのか? | Main | 世界は霧に包まれている »