« 北の町では | Main | 我が眠りを妨げる者は »

モノを施したくなる風体?

↓このクリックで世界が救えるわけじゃありませんが、トドがヨロコビます。
banner_021「ブログランキング」の応援よろしく!

10月25日(水)くもり
午前、頼まれてご近所の方にぶどうをお届け。それを見ていたお隣さんに
「うちも欲しい」と言われてそちらにも届ける。遅めのぶどうを中心に4種
類の詰め合わせを面白がっていただいている。中では完熟の「ミニ瀬戸ジャ
イアンツ」が甘いと好評。あっと、このぶどうは木が小さいうちは房もミニ
なのです。山の畑バルキで白菜とホウレン草をいただく。

午後、山の畑カンパラで棚作りの作業。こちらもご近所さんに富有柿をいた
だく。「もらってばかりじゃなぁ」と母がアキレる。「草刈りをしてあげと
るし、ぶどうも差し上げとるよ」と言いながらも、ワシはモノを施したくな
る風体をしておるのだろうか?と気になる。えー最近はこんな格好で野良仕
事をしておりますじゃ。アシカのアトリエ(10/25 恒例の)を参照。
暗くなるまで作業していたら冷たい風がピゥと吹いて、またしても風邪を引
きそう。熱めの風呂に入りエンズイにも熱いシャワー、フリースを引っぱり
出して完全防備。泡盛のお湯割りにルル3錠飲んで早めに眠る。


Kumakawa
写真は姫路の叔父提供の「熊川宿」。古代、日本海の魚介類を畿内に運んだ
若狭鯖街道の宿場町です。軒先に巨大な石が配置されていて‥‥これは車避
けでしょうか?どうやら秋の好日、旧友と一緒に温泉と山間の町の探索を楽
しまれたご様子です。ええなぁ。

|

« 北の町では | Main | 我が眠りを妨げる者は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北の町では | Main | 我が眠りを妨げる者は »