« でぇ嫌いなタチなんで | Main | チョコレートコスモス »

一人でも仙人

10月20日(金)くもり

山の畑バルキに牡蠣殻粉の施肥と収穫に出かける。
畑よりさらに奥に住み、仙人のような暮らしをしている旧友のナス君にぶどう
を届けた。庭先に二人でしゃがんで移り変わる季節など「枯れた話」を少し。
彼は陶芸家であったのだが、数年前に伴侶を亡くして以来草木の世話だけが興
味の対象となってしまった。「そうだ」と彼は急に立ち上がり、スタタと家の
中に消え、出て来た時にはマツタケを手にしていた。
450mの山上の庭端から遠く南方を指差して言う。「あの山の稜線の向こうは
瀬戸内海で、コンビナートがある」「夜になると、ここからでも山が赤く大き
く照り映えてキモチが悪いくらいだ」「どうやらそこの悪い空気を海風がここ
まで運んで来るらしい」「アレが出来てからめっきりマツタケの量が減った」
単に「酸性雨が降るようになって松が弱り → マツクイムシの大量発生 → 松が
枯れる → マツタケが採れない」と言う構図は認識していたけれど、原因がより
具体的になったワケだ。
ところで、仙人さまはマツタケ山を持っているらしい。イメージにそぐわない
が、まぁいたしかたないコトもあるさ。それにしてもずいぶんと香り高いマツ
タケで、軽トラの中にも、マツタケごはんを炊いている家の中にもシアワセな
香りが充満したのだった。写真はアシカのアトリエでご覧下さい。


Penta「ペンタックスSP」
学生時代にアルバイトして買っ
た初めての自分のカメラ。
お金持ちの友人はみんなニコン
派だったけど、アレは重くてゴ
ツ過ぎた。
トドの小さい手にも納まるし、
軽いからフットワークも良くて
どこにでも持ち歩けた。
レンズが明るいのも好み。
レンズサイドのキズは神戸で、
底面のキズは、巻き上げレバー
のキズはうーんもう忘れてしまった。2、3度修理に出して今はタンスの中で眠
っています。
*カメラの話、面白がってくれるのはヒマラヤさんとニチョウさんだけだな。
 どちらも女性です。ニチョウさんはこの後継機種をいつも持って歩っています。

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« でぇ嫌いなタチなんで | Main | チョコレートコスモス »

Comments

おお、ペンタックスSP! 私も持ってますよー!
レンズがねじ込み式なんですよね。けっこう重いけど、いいレンズだし、いいカメラですよね。
私はペンタックスはこれだけしか使ったことがありません。この次に使ったのはリコーのFX7とかいうやつで、その次にニコンに浮気して、さらにキャノンに浮気しました。独身時代はお金に余裕があったんだなー。
今度のヒマラヤへは、久々にニコン(すんません、デジです)を持っていく予定でーす(もちろん運ぶのはロバでーす)。

Posted by: yamane | October 22, 2006 at 10:47 PM

こんにちは(^^)/ yamaneさん

そうそう、キャノンがバヨネット式(?)なのに対して
古式豊かにひたすらねじって締めていました。
いやレンズは1本しか持っていなかったから、交換すること
なんか無かったんですけど。
短いタマだったので、なんでもかんでもひたすら寄って
撮ってました。
寄り過ぎて猿に威嚇され、カバには水槽の臭い水をザンブと
かけられました。
会社に入ってからは会社の機材が使えたので予備のカメラと
して携行していましたが、ミノルタ、キャノン、ニコンの
当時最新鋭で長いタマで撮った写真より、寄りまくって
撮ったペンタックスの方が面白い写真でした。

Posted by: トド | October 23, 2006 at 03:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« でぇ嫌いなタチなんで | Main | チョコレートコスモス »