« コペル先生かワカモト師 | Main | 一人でも仙人 »

でぇ嫌いなタチなんで

10月19日(木)晴れ

「ぶ~わん」さん「塙盛尊」さん10/16の日記にレスを付けていただいてあり
がとうございます。ですが、トドのコンピュータとブログの相性が悪くてお返
事ツリーが付けられません。そんでこちらに書きます。

「ぶ~わん」さん
>「結い」は最初にぶちあたるカルチャーショックですよね。必要悪かも・・
 自分で開催するのは好きなんですが「‥‥ねばならない」「‥‥そうするも
 んだ」ってのが嫌なんですね。
 時間取られるのも嫌で「ワシはそんなコトのタメに生きているんじゃない」
 「やりたいコトはいっぱいあるんじゃ」と言いたくなります。
 「まぁ、ちょっとガマンすりゃええんじゃ。あんまりコトを荒立てんでも」
 って大人の処世術ってのがでぇ嫌いなタチなんで。

「塙盛尊」さん
>農村の美徳と都市型の合理性は、あるいは彦星と織姫くらいの距離があるのかも。
>こちらでは、世代交代とともに、かなり変わっていきました。
>失ったものも少なからずありますが。
 西欧風の合理主義だけがイイとは思いませんが、古くからの風習や前例を頼りと
 した習慣は時代に応じて変わるべきだと思います。
 生活そのものが変わった今「昔っからこうしていたから続けよう」と言うのはム
 リがあります。
 その「昔っから」って言葉そのものも怪しくて、調べると戦後から始まったもの
 であったり、せいぜい古くても明治あたりだったりします。
 見直すことで「残したいモノ」と「どうでもいいモノ」との区別もできるのでは
 ないでしょうか。
 古老が言うからとか役人が言う事だからと無批判に認めてしまうのが嫌なんです
 ね。

 ちょっと話はズレますが、我が市は城下町であるからと川沿いに武家屋敷風の塀
 を建てて、せっかくの美しい清流を皆の目から隠してしまった愚行。
 家の近くを流れる農業用水路はただ早く水を流すコトしか考えないから直線部が
 多くなって水音がやかましく品がないし、サワガニもいなくなった。以前の側道
 は曲がりくねっていて老人が休み休み上がれる道だったけど、今は水路の上のフ
 タが歩道になっていて、広くなったのにものすごく歩きにくい。
 設計したバカ者に歩かせてみたいと常々思っている。
 住民不在の典型的な役人と地元の土建屋の仕事だなぁ。こうゆーコトにはメンド
 ーでもモノ申さねばならんですね。

本日もぶどうの収穫と発送。←細々とまだやっています。

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« コペル先生かワカモト師 | Main | 一人でも仙人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コペル先生かワカモト師 | Main | 一人でも仙人 »