« 鮎も美味 | Main | いいことばかりなんか? »

エイヤとテーブルを

10月16日(月)晴れ

031005aイタリアと他のぶどうを収穫、発送。
ベリーA(左の写真)が完熟しています。
そのままでも美味しいけれど、ジュース
に絞ると甘さが強調されてさらに美味し
くなります。
飲んでみたい方には送りまーす。

10/8、9、10、11の日記に沖縄旅行の
写真を載せ追記しました。時間のある方
は見てください。

昨日のくじ引きで、天神様の大当番はナカタさんに決まりました。来年の当番
組8軒のうち2軒を除いた6軒でくじ引きした結果です。トド家は喪中のため
(実は忘れていました)、もう一軒は高齢で一人暮らしのため遠慮しました。
ただし「一年間の喪中は長過ぎるのではないか」と言うオジイの声もあってス
ッキリと決まったわけではありません。
新たに大当番になったナカタさんはキンチョー気味に、ハズレた人は余裕で各
々待機していた奥さんに電話します。この後、お酒とオニギリが出、ノボリや
テーブルを片付けて秋祭りは散会。
来年の当番組は大当番の家に集まって次の一年間の予定を確認しました。
電話を受けた奥さんは大急ぎで刺身と寿司を用意してテーブルに山盛りにして
待っていました。予定の確認は小一時間で終わり、その後はあじゃこじゃと話
ながら酒が際限なく酌み交わされます。
トドは車に乗る予定がありましたので酒はパス。←このあたりがカワイクない
のでまたひとしきり酒癖の悪いオジイにからまれたので、エイヤとテーブルを
ひっくり返して‥‥なんてコトは出来るはずもなく「酒を飲んでない時に聞き
ましょう」と言うのみにしました。
日常の会合のほとんどは長くても30分あれば済んでしまう内容です。それを何
時間もかける意味を否定はしませんが、全員に強制するべきではないと思いま
す。集団農業の名残りである「講」とか「組」とか一切解体してもかまわんと
声を荒げるトドに母が寂しそうに目を向けます。やれやれ!
怒髪天を突こうにも髪が足りませんから迫力が出ません。
そんなわけで、天気の良い一日がムダに費やされてしまったキブンです。

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« 鮎も美味 | Main | いいことばかりなんか? »

Comments

トド様

 無事昨日 葡萄が届きました 有難うございます
 ミネラルタップリ   元気が出ます   あこ

Posted by: akoko | October 18, 2006 at 11:47 AM

はじめまして。
いつも見させてもらっています。
トドさん、
”怒髪天を突こうにも髪が足りませんから迫力が出ません。”
私、この一行がとっても気に入りましたのでコメントさせてもらいます。かなりご立腹だったようなのでちょっと不謹慎でしょうか、すみません。
でも、怒りの中にもユーモアを入れて、そんな感じで農業もされているのでしょうか、頑張って下さいね。

Posted by: miho | October 18, 2006 at 07:02 PM

こんにちは(^^)/  あこさん

宮古島までお届け出来なくてすみませんでした。
一部屋だけのホテル楽しんで来てください。
みやげ話しを楽しみにしています。

Posted by: トド | October 18, 2006 at 10:31 PM

はじめまして (^^)/  miho さん

いつも見ていただいているようでありがとうございます。
って、コート・ダジュールじゃないですか!
この13年、うちの奥さん(アシカ)は「フランスに行きたいと」
申しておりますが「フランス人は意地が悪いからダメ」と言って
阻止しております。
「田舎ならいいでしょ」「小さなワイナリーをいくつか廻って、
すぐにイタリアに抜けよう」などと懐柔案を出してもいます。

んー、そんなら、ちょっといいかもと思い始めていますが、
ぶどう畑を拡張中なのでまだ先の話になりそうです。

Posted by: トド | October 18, 2006 at 10:44 PM

判りますよ。その怒り。
話は30分で後の酒盛りが長いことといったら・・・。
主人は酒好きで通っていましたし、我が家が会場になることも多く、
私は悲鳴を上げていましたっけ。
だって突然10人以上も来るんですからね。
「結い」は最初にぶちあたるカルチャーショックですよね。
必要悪かも・・・(苦笑)
山は紅葉がきれいな時期になってきました。
でも暖かな10月です。

Posted by: ぶ~わん | October 19, 2006 at 09:35 AM

なが~い時間かけて刷り込まれた風習ですからねぇ、
ちゃぶ台ひっくり返すくらいじゃどうでしょう?
農村の美徳と都市型の合理性は、あるいは彦星と織姫くらいの距離があるのかも。
こちらでは、世代交代とともに、かなり変わっていきました。
失ったものも少なからずありますが。
でも、その日になって、テーブルいっぱいの酒肴の用意って、奥方の才覚はすごいですね。うちの家内だったら、間違いなく拒否権を発動されます(笑)。

Posted by: 塙盛尊 | October 19, 2006 at 07:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 鮎も美味 | Main | いいことばかりなんか? »