« 楽しくなくっちゃ | Main | 倉敷を楽しむ »

住むのもイイかも

9月8日(金)くもり

早朝、トドは山の畑バルキで、アシカは自宅まわりのぶどうを収穫。検品、荷
造り、16時に発送。

標高450mの山頂と自宅まわりとでは約2週間の季節のズレがある。したがって
作業もその分だけズレるし労働配分がウマくできるはずだったのに、収穫期が
ほぼそろってしまった。そんで、山に上がったり降りたリをくり返している。

相変わらず山の畑ではカラスの試食会が日々行われている。総量の5%くらい
はもうしょうがないかとハラをくくっているが、オフには来年のための対策を
講じなければならない。近所の畑のほとんどは畑ごと防鳥ネットでパッケージ
して防いでいるのだが、春の重い雪にツブされた園があるのでこの方法は避け
たい。みなさんは近くに住んでいるので、ネットに雪が積もったらすぐに払っ
て事なきを得ているのだが、離れていてはそれもできない。さて、どうするか。

そんなことを山の畑で考えていたら、同じぶどう百姓のオガワさんが通りがか
った。破れたぶどうの袋を指さして、カラスにやられてねと言うと。
「うちもなぁ、袋を破かれてなぁ」「なんかと思うたら、山アリじゃった」
「こーんげな大きなアリが中に入っとってな、バリバリ喰うとった」
そりゃまた、巨大なアリじゃなぁ。彼の指はユウに8cmは開いているのであっ
た。
以前の話だが、村の古老も「キツネがトウモロコシをのぅ、こう小脇にかかえ
てスタコラ逃げて行くのをワシは見た」なんて話をしてた。
この村の住人は嘘つきじゃ!ってコトじゃなくて、きっとサービス精神が旺盛
なんだと思う。このあたりじゃ、こんな話を聞かされた時の反応は「おぉ、話
しを面白ぅすなや」とお互いに目で笑い合ってオシマイにする。

なんだ、トドが住むにピッタシの村じゃん。と言うなかれ。ワシはほんのちょ
っと誇大に表現するクセがあるだけで‥‥‥
んー、いや、そうか、この村に住むのも悪くないか。と思うこの頃である。

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« 楽しくなくっちゃ | Main | 倉敷を楽しむ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 楽しくなくっちゃ | Main | 倉敷を楽しむ »