« 本人はアラビアの | Main | アンタ、見えるのか! »

空を見上げてため息を

7月17日(月)朝から小雨が煙っている

Kai

時にドウと降る空を見上げてアシカと二人ため息をつく。連日の雨にぶどう畑
が乾くヒマがない。作業が滞っているのも困るが、セッカクここまでいい調子
に育ってきたのに多雨による障害が心配。
ううう、と心配ばかりしていてもしょうがないので、お客さまへの会報「トド
&アシカ新聞」の編集にとりかかるコトにする。

上の写真は楷(かい)の木。わが家の畑の端っこにトド母が植えました。備前
にある日本最古の庶民のための学校「閑谷学校」の聖廟に登る石段の左右に一
対の楷の木があります。そこの種から大きく育ちました。もっと元をただせば
中国山東省の孔子廟から持ち帰った種子にたどり着くようです。孔子にちなん
で「学問の木」と呼ばれているそうですが、このあたりが母のココロをくすぐ
ったようです。しかし、それにしても大きくなり過ぎました。この木、これか
らどうするのでありましょうか?

午後、山の畑バルキでアシカは房のチェック、トドは枝を整理する。

Taiga山からの帰り道に撮った写真。
いつもの、おだやかなタカハシ
川は、何倍にもふくれあがり濁
流となってしまいました。
昔はこれくらい雨が降るとサダ
ジイちゃんと竹竿に大きな網を
結び付けてウキウキと鮎やハヤ
をスクイに行ったもんです。
川に立ちこんで網をあやつり、
岸で待つトドは魚を網からはず
ず役でした。
もっと降り続けると、洪水になってしまい。ブタや牛が悲しそうに鳴きながら
流される景色を何度も見ました。上流にダムが出来たため、今では洪水を見る
コトはなくなりました。

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021雨はもうたくさんです。

|

« 本人はアラビアの | Main | アンタ、見えるのか! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本人はアラビアの | Main | アンタ、見えるのか! »