« 流れるような動作で | Main | 我輩ハ主婦デハナイ! »

お互いにヒントを得る

7月14日(金)くもり

早朝、家まわりの畑にボルドー液を散布。25倍濃度にスミチオンを加えてゆっ
くり、たっぷりと葉を洗うようにかける。トウモロコシにも木酢液を散布。

9時になったのでタドコロ氏に電話。今ドコを走っておられますか?
氏は申し訳なさそうに「えー、タカハシに居ます」 おぉ、もう着いたですか。
さらに申し訳なさそうに「昨日、こちらのホテルに泊まりました」
えー、そうなんですか。言ぅていただければ晩飯でもご一緒したものを。残念。
ところで晩飯はどちらで?「ウノさんで‥‥」ううっ、それは行きたかった!
ウノさんは冬場はボタン肉のすき焼き。今ごろはスッポンが美味しくて‥‥‥。

Tado

すぐに家に来ていただき、アイサツもそこそこにぶどうの話に突入。
写真はタドコロ夫妻。ブログには小さく載せますからと言うたのですがなかな
か良いカンジなのでちょっと大きめに載せてみました。
ご夫婦は高知でぶどうを作っておられます。南国なのでこちらよりもかなり先
行していて、最も忙しい「45日間戦争」を終えてあとは収穫を待つばかりです。
現在、作業性の良い栽培方法を模索中で、わが園を見に来られるのは2回目です。
まだ袋を掛けていない山の畑にご案内して房や摘心、副梢の様子を観察。つい
でにお隣のタキエさんの畑にもお邪魔して、この地方の最も典型的でマジメな
畑も見ていただきました。
昼食に美味しいヨモギ素麺をいただきながら、母も交えてぶどう栽培の話で尽
きることなくしゃべり続けました。「‥‥‥きに」「‥‥‥しちゅぅ」などの
土佐弁がうれしくて、坂本竜馬さんと話すとこんな感じなんだろうかと想像し
ながら、つい聞きホレてしまいます。一般的な竜馬のイメージは司馬遼太郎さ
んの作った虚像なんだろうけど、でも日本の歴史にも一人くらいあんな人物が
居てもいいよね。そんな訳でわが家では土佐言葉を話すだけで好感度は10ポ
イントは上がります。
お互いの試行錯誤を話しているうちに、お互いにヒントを得てマンゾク、マン
ゾク。
さて、今度は高知の収穫期にこちらが出かけてみましょう。行けるかなぁ?

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« 流れるような動作で | Main | 我輩ハ主婦デハナイ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 流れるような動作で | Main | 我輩ハ主婦デハナイ! »