« 古典的な農薬 | Main | お互いにヒントを得る »

流れるような動作で

7月13日(木)くもり

午前、家まわりの袋を掛け終えた畑にボルドー液を散布。25倍濃度にスミチオ
ンを加えてゆっくり丁寧に葉を洗うようにかける。

午後、袋掛け。今年から就農したオーオカ氏によるとベテランは100枚/20分。
‥‥って、一枚あたり12秒ぢゃないか!
マッタク初心者の氏が試みたところ40分かかったらしい。アシカは25分、トド
は‥‥小一時間もかかってしまった。
もっとも、袋を掛けながら他のコトもイロイロチェックしているのだけど‥‥。

Hukuro1Hukuro2
袋掛けは房を前にして肩幅ほど足を広げ、右足をキモチ踏み出し自然体で立ち
ます。左手でぶどうのジクを持ち、軽く上下左右から房をチェック。この時、
不良の粒があれば腰のホルスターから細身のハサミを0.3秒で取り出しすばや
くカット。しかる後、超高速モードの右手で前掛けに入れた袋を1枚だけ取り
出し、フッと息を吹き込み大きく口を広げて房を包んだら、開口部を左右から
ウヂャウヂャ‥‥とではイケません。美しくジャバラ状にセンターに向って折
リ進み、最後に全体を包み込むようにぐるりと一巻きし、その上を端に埋め込
まれている針金でキッチリ絞るように巻き上げます。写真はその最後の行程。
このトルネード(竜巻)のように巻き上げる時には虫や雨水の侵入を決して許
スマジとの祈りを込めて指先に最大限の力を入れましょう。
右足を軽く浮かせて体全体で押し上げるようなキモチで一連の動作を終えます。

プロはムダのない流れるような動作で早くて仕事も美しいのです。プロはね!
なんてぇコトをこの時期には一日中繰り替えしています。

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« 古典的な農薬 | Main | お互いにヒントを得る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 古典的な農薬 | Main | お互いにヒントを得る »