« 鉄板を仕込んで | Main | 畑は連日ビチョビチョ »

人間に気持の良い場所は

6月30日(金)雨

午前中、デスクワークを少々。午後は山の畑バルキでアシカは房作り。トドは
株元と畑の周辺部の草刈を夕方までブンッ。

Tanasita
写真は自宅のウラのピオーネ畑。小川先生の提唱する農法だとこんな感じにな
ります。伸びた枝を下げないので見通しが良く作業性も良い。タナの下も明る
くてキモチイイ風が通り抜けます。人間に気持の良い場所はぶどうにとっても
気持のええ場所。だけん、病気も少のうなります。

Ginここまでは好調の「金のしずく」です。
去年まではこの後、根と上部とのバランスが悪
いせいか生理障害でほとんどの房が落ちてしま
いました。今年は必要以上の負荷をかけて様子
を見ています。
さてその効果は如何がでしょうか。

黄緑色で糖度は18~19度。わずかにマスカット
の香りがして爽やさが美味しいぶどうです。
待っているファンも多いぞ。ガンバレ!


Tokibi蒔く時期が遅かったのでトウ
モロコシはまだこの大きさです。
通常2粒づつ蒔きますから2株そ
ろって生えてきます。根が弱い
ので植替えには向きません。
元サラリーマンとしては身にツ
マされるトコロですが、ここは
思いきって生育の良い方を残し
て根元からカットします。

夕方帰って来てハサミでバッサリ、追肥に化成肥料を少しやって、東半分だけ
米ぬかボカシもやってみました。さてこちらの成果も楽しみです。

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« 鉄板を仕込んで | Main | 畑は連日ビチョビチョ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 鉄板を仕込んで | Main | 畑は連日ビチョビチョ »