« 赤と黒の両方が | Main | ミニツーリングのように »

アバズレフィンガー

6月20日(火)晴れ

午前中、自宅まわりの畑の枝を整理。昼前に30kmほど北方の業者さんに走り
ぶどうダナの部材/隅柱用の太いパイプやワイヤを取りに行く。
 倉庫で部材をそろえながら所長が話しかける。
 トドさん「代々木」ってどんな街かなぁ?いやこの前、同窓会があってな。
 いっぱい集まったんじゃけど、そん時、ワシらのあこがれのマドンナの話に
 なって、離婚して、今は代々木でラーメン屋をしているらしい。いったいど
 んな街で暮しているのかと思うて。
 しかし何じゃな、定年間近になると勝ち負けなぞは関係ナイな。
 どんな学校出ていても、どんな暮らしをしていてもエエもワルイもないぞ。
 自分が納得してエエと思えばそれがエエんじゃな。
なんて話を聞きながら軽トラにドカドカ積み込んだのでありました。
イタリア人によく見られるように「何を好き好んで他所に行くの?自分トコの
村が世界中で一番素敵な場所なのに」と言える、現状肯定派のヒトが一番シア
ワセなんだと思います。
でも、トドはオートバイ乗りで「風の民」ですから、移動しまくり派であります。

午後、山の畑バルキまで運んで、ついでに枝の整理。
夕方、自宅まわりの畑の一部に今年最初の化学農薬/殺菌・殺虫剤を散布。木
酢液を混ぜて薬剤濃度を60%くらいにウス目にして使用。
農薬散布の後は飲酒は避けるべきです。じゃ、何のためにビールは存在するの
だ。オカシイじゃないかと‥‥結局飲んでしまった。ふぅ美味しい。

617kinKinz
上の写真は毎年収穫直前でシナびてしまう緑のぶどう「金のしずく」。樹勢が
強すぎるんじゃないのと助言を受けて、左の写真のように思いっ切り枝を伸ば
してエネルギーのムダ使いをさせてから、右のようにドンっと切ってみました。
房も多めに付けています。さて今年はどうでしょうか。誰の口にも入らない「
幻のぶどう」の名称を返上できるのでしょうかか、それとも身近な女王サマに
「もう切っておしまい」と言われるのでしょうか?
JyukaJyuka2
枝をバッサリと切ってしまって、副梢(ワキ芽)も葉っぱ2枚にしたら、右のよ
うに空が見えタナ下がかなり明るくなりました。

Lfinger_2写真はウチで最も変わったカタチのぶどう。
「レディスフィンガー」。

何だかゴチャゴチャと小さいのがあっちこっち向い
ています。トテモ房作りが大変そう。
がんばれアシカ!
小さいのに早くも淑女の指のように細身ですね。
ところが、完熟の写真を見るとあんまし可愛くない
コゲ茶っぽい赤に染まっているじゃありませんか。
レディーじゃなくて「アバズレフィンガー」の間違
いじゃないかとトドは内心思っています。
今年は10房ほどの収穫予定。美味しいといいなぁ。

「人気ランキング」久しぶりに3位まで上昇。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« 赤と黒の両方が | Main | ミニツーリングのように »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 赤と黒の両方が | Main | ミニツーリングのように »