« 時間がなくなったので | Main | ピカチューに乗りたい? »

田舎ライフを満喫

4月26日(水)寒いくもり日

午前中、ぶどうの屋根を張ったり、不必要な芽を取ったり。

Monom午後1時、時間5分前に竹原(広島)のぶどう
農家のモノミさんが来られる。着くとすぐに、
駐車場の前の畑で棚の作り方をスケッチ、メ
ジャーで計り、デジカメで撮影。1時間ほど園
内を説明しながら案内。家に入ってお茶を飲み
ながらも話す。スケッチを描く手が妙にコナレ
ていて、立体構造もわかりやすい。前職をお聞
きすると造船会社のエンジニアで、八王子に赴
任していた時代は石油プラントも手掛けておられたらしい。なるほどとガテン
がいった。下の写真は氏のぶどう棚制作ノートの一部。構造のアイデアスケッ
チと強度計算がビッシリ描かれていました。さすが理数系であります。

Memo1Memo2

この後、山のぶどう畑では品種の多さに「痛快ですなぁ」を連発し、すもも畑
では「ワタシも植えてみようかな」。山上の寒風に吹かれながら「実はオリー
ブを三本植えたんです」「塩漬けの味が忘れられなくて、アレを肴にちょっと
飲むのがこたえられませんな」。お酒は何を飲まれます?「はい、ウォッカが
イイでですね、プラントをやっていた時にロシアで覚えました」。うーん、そ
う言えば鼻のあたりが赤く酒焼けしているような、かなりの酒豪であるらしい。

そんなこんなで夕方帰途に着かれました。見送る車中に年代モノの「背負いこ」
を発見。これは何に?とお聞きすると「ふふふ、竹の子掘りにちょうどいいん
ですよ」。氏はリタイアした後の楽しい田舎ライフを充分に満喫されているよ
うであります。

モノミさん、お土産にいただいた早生のタマネギが美味しかったです。教えて
いただいた葉をいっぱいに使ったお好み焼き風「ネギ焼」をさっそくアシカが
作ってくれました。コレも本物のネギを使うよりも刺激が少なくて甘くて美味
しゅうございました。

草生栽培で生かすブドウの早仕立て新短梢栽培

山梨で、広大なぶどう園をご夫婦二人で経営実践している小川先生の提唱する
「新短梢草生栽培」は省力化を図った、とても合理的な農法です。「農」を支
える現場が高齢者や女性、兼業者に移り変わりつつある現在の必読書だと思い
ます。この新しい農法に出会い、興味を持つ好奇心、実際に現場を見に行く行
動力。年令を問わず、みなさんとても目が輝いていてお会いして楽しい。それ
ぞれが魅力にあふれています。「子供のような好奇心」とキレイに言ってしま
えば奥さま達から「それに迷惑しているのよ」と言われそうですが、なに実は
奥さまも一緒に楽しんでいるように見えますのでOKとしましょう。

「人気ランキング」今日も応援よろしく。みんなありがと。
banner_021このクリックで世界までは救えませんが、トドはウレシイです。

|

« 時間がなくなったので | Main | ピカチューに乗りたい? »

Comments

モノミさんを隊長とお呼びしている八王子在住の隊員です.
隊長がブドウ作り~ワイン醸造をなさる過程の,理系ならではの数列は拝見したことがあります.しかし,構造図や郷土計算までなさっているとはついぞ知りませんでした.
これでは隊員の資格なしですね・・・(^.^;

Posted by: 芦田っち | April 28, 2006 at 11:31 PM

こんにちは(^^)/  芦田っち さん

コメントありがとうございます。モノミ隊長さまは何でも楽しんで
やろうというトクな性分のお方のようですね。
初めてお会いしたのですが楽しい時間を過ごせました。

芦田っちさんは八王子在住とか、トドもアシカも八王子で学生時代を
過ごしましたのですごく懐かしいです。今も多くの友人達が八王子に
生息しておりますので、ひょっとしたら面識があるかもしれませんね。

今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: トド | April 29, 2006 at 02:53 PM

物見の娘です。今は千葉の船橋に住んでいます。時々父が趣味の作物?を送ってくれるのでとても助かっています。野菜や果物など口に入るモノは少々見てくれが悪くても素性の知れたもの、エコロジーなものが美味しくていいですよね。家の裏にも野菜畑があり取れたての野菜を売って頂いているのですが美味しいです。生産者の方は本当にご苦労が多いと思いますが美味しい食べ物を待っている消費者もここにいます。頑張ってください。

Posted by: なおえっち | May 01, 2006 at 10:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 時間がなくなったので | Main | ピカチューに乗りたい? »