« トラブルじゃい | Main | 禁断の湯とバタになれなかった子供たち »

坊さまもバイク仲間

3月18日(土)晴れからくもり、後雨

6時起床、本日は父の法要のため、お客さまが25人ほどあります。
掃除をしたり、なにやかやと、う〜忙しいのであります。
供物を作ったり、お茶やお菓子の用意はアシカにまかせる。
ふすまをはずして、掃除機かけて、座ぶとんを出して、家の外も掃いて‥‥
それから、レモパパと一緒にウラの墓に行く。多数が入るには狭いので、手前の
畑に堆肥用にもらっていたゴザを敷いて、その上にむしろを敷きつめた。
トド従弟のヤスアキ氏が見かねて手伝ってくれる。感謝。
後でお客さまに「おー懐かしい、むしろじゃ」「ま〜だ、こんなもんをとって
あったのか」と驚かれた。昔はモミや豆を干したり、花見や運動会に大活躍の
むしろさんだったのですが、今は乾燥機やビーチマットさんに取って代わられ
ましたですね。

9時頃から遠くや近くの親戚の方が集まってあ〜じゃこじゃと雑談に花が咲く。
10時過ぎに和尚さんが登場してガゼン法要らしくなる。
でも、身支度を整えながら二人でボソボソと話していたのは
「九州まで行ったら遠かったぁ」「山口まではスグなんじゃけど、そこからが
遠くての」「500kmはあるかな」「バイクで走ったら7時間はかかるじゃろ」
お互いにニャっと短く笑って、さあ仕事、仕事。

祭壇に向き直って「せっかくの曼陀羅の掛け軸じゃが、掛けヒモが前に垂れて
おる。あれは後ろに隠すものです」おやおや、そんなことにも気付かずに
この一ヵ月拝んでいたのかと赤面。「それから位牌をまん中に遺影は端に
よせてください」。廻し香炉を持ち上げて「これは新しく買われましたか」
「普通の香炉でも良ろしかったのに」とつぶやく。
母が「他にも何か不備はありませぬか」と聞くと
にこり笑って「気持がこもっていればそれでいいのです」。
あはは、この坊さん、だんだん好感度が上がって来るなぁ。

深く広がりのある声でロウロウと読経が始まる。トドは昨日インターネットで
覚えた真言宗風に数珠を握ってみた。宗派によって数珠の握り方が違うとは
知らなかった。かつて自在に手で「印」を結ぶようになりたいと、練習した
コトはあるのだが、今はなに一つ覚えちゃいない。
覚えているのは不浄を払う「弾指(だんし)」くらい。調子がいいとかなり
良い音が鳴ります。でも式の最中にはやらない方がイイですね。怒られます。
で、どんなふうにやって音を出すかというと‥‥メンドーなので漫画の
「ファンシーダンス」かその映画版を見てください。周防正行さんの映画の
中ではコレが一番のオススメです。
モックンもカッコイクて、でぶ猫パンダ4匹くらい面白いです。
ファンシイダンス

手に印を結び、口に真言を唱える。「オン・アミリタ・テイ・ゼイ・カラ
・ウン」「ノウマク・サマンダ・バザラ・ダン・カン」
そこまではカタチであるからそれラシク見えるがココロにみ仏が出現する
なんてぇことは全くなく、ただ煩悩を渦巻かせながらの小一時間であった。
今日の小咄‥‥ではなくてありがたい説法は「食物連鎖と食品添加物について」。
 カラダに良いものを見極めて摂取しよう。そのタメにはある程度のコストが
 かかるのはやむを得ないし、真面目に取り組んでいる生産者や業者をもっと
 サポートすべきである。と言う意見を以前からこの坊さまは主張しておられる。
大変タメになるお話であった。こういうマトモな話が最近は聞けない。

一同席を立って墓に向う。エイャとタジカラオのミコトばりに墓石の前部分を
開けて納骨。パラパラと雨が降り出す中での焼香。
帰って来て、物置き前に停めたバイクの前でサイドカー話をヒソヒソ少し。
「バイクちゅう病気だけは死んでも止められんなぁ」ふふ、そーっすねぇ。

車に分散して五分ほど離れた寺に参って、読経、焼香。
このお寺からは細やかな雨に霞む高梁の街のほとんどが見渡せる。
城山は遥か高みの450mの頂きに在り、城塞のように大きな寺院が幾つも連なり
市街を囲む、実際に戦いの時にはそのような用途として存在したらしい。

戻り、近所の料理屋さんで会食。お礼の挨拶の中に、先日イクシーさんから
いただいた手紙の文章を無断流用、まぎれ込ませる。ふはは。
「失った日々を嘆くよりは、共にあった日々の素晴らしさを思う」
ワタクシなにかイイ文章はないかと探していたのですが、それを今あなたが
おっしゃったのです、燕雀イヅクンゾ鴻鵠の志を知らんや。とこの瞬間は池田
成志のキブン。(↑スマンです。ここのところ某芝居のセリフで楽屋オチです)

それから先は部屋のあちこちで話がはずみ、老若各々が大いに語り合う。
そのサマ皆楽しげで、現世の時間なんぞで打ち切るに忍びなく、もったいなくて、
できるだけゆくりと時間を取ってもらった。これも故人の功徳であるな。
同席のみなさんありがとう。m(_ _)m

「人気ランキング」今日は7位からのスタート。みなさんのお陰です。合掌!
banner_021このクリックで世界は救えませんが、トドがヨロコビま〜す。

|

« トラブルじゃい | Main | 禁断の湯とバタになれなかった子供たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/9136526

Listed below are links to weblogs that reference 坊さまもバイク仲間:

« トラブルじゃい | Main | 禁断の湯とバタになれなかった子供たち »