« 浪人街と鈍獣 | Main | 青年はAUとインドを目指す? »

その場しのぎのガマ王子

2月1日(水)小雨ふる

今日のイクシーDVD劇場は「その場しのぎの男たち」2003年版。
東京ヴォードヴィルショーの創立30周年興行。
作/三谷幸喜 出演/佐藤B作、佐渡稔、伊東四郎、‥‥。

明治の初め、沿道警備の警官がロシア皇太子を襲撃した「大津事件」をめぐる
政治家たちのドタバタ劇。伊藤博文、松方正義、睦奥宗光、西郷従道などが
右往左往して対処するが、そのすべてが裏目に出てしまう。
という面白そうな話なのに、ちっとも面白いと思えなかった。
東京ヴォードヴィルショーには劇団創立以来かなりの回数足を運んだけれど、
これはもうワタシには彼らを面白いと思う能力が無いのだと
結論するしかないようだ。
佐藤B作や伊東四郎の目指す軽演劇の「面白さ」ってえのを
ワシは理解出来ねぇのだなぁ。見れば見るほど冷めてしまう。
本も三谷さんの中じゃ出来の悪い方なんじゃないかなぁ。
トドはおすすめしません!(でぶパンダ2匹)


「ガマ王子とザリガニ魔人」

MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人2004年7月 パルコ劇場 175min
伊藤英明、長谷川京子、瀬戸カトリーヌ、
木場勝己。

全く期待せずに見始めたら意外や面白く
見せてくれる。
絵本と現実、過去と現在が奇妙に入り
交じって舞台に浮遊感をもたらし、
その中に引き込んでくれる。
ハセキョウもいいけど、木場さんと子役の
加藤瑞貴のやり取りが抜きん出て良い。
これおすすめです。(でぶパンダ3匹)

「人気ランキング」の投票箱です。現在10位あたりをウロウロしていま〜す。
banner_021ポチっとクリックするとトドに一票入ります。応援よろしく!

|

« 浪人街と鈍獣 | Main | 青年はAUとインドを目指す? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference その場しのぎのガマ王子:

« 浪人街と鈍獣 | Main | 青年はAUとインドを目指す? »