« 歩行祭があったら | Main | イキオイがあって美味しい »

モアパッション

1月10日(火)うすっ晴れ、寒ぶ〜ぃ一日だった

軽井沢のレストラン「NoRo」さんがピザの通販を企画。
そのDM(お知らせハガキ)や説明書を制作。
とっても美味しいです。食べたい?
トドかNoRoにメールください。DMを送ります。

その日のまえに「その日のまえに」 重松 清  読了
いつも感心するのだけれど、この人はお話がうまいんだよね。
4つの短編が少しづつつながっていて、
最後の3つの連作に収斂させている。
見事なプロの職人のワザだなと思う。
きっと多くの人の涙腺をゆるませるにちがいない。
しかし、ワタシには上手すぎて、この構成は
作為的に過ぎると感じてしまう。
手慣れ過ぎて予定調和に見えてしまう。
とイヤミの一つも言いたくなる。
ワタシが読みたいのは構成がハタンしていてもいいから
モアパッションなのだなきっと。

タヌキ猫が3匹。

左下のマークは「人気blogランキング」の投票箱です。
クリックしていただけるとトドに一票入ります。
banner_021上手すぎるのもちょっとね

|

« 歩行祭があったら | Main | イキオイがあって美味しい »

Comments

お久しぶりです。

重松清の文字を見て、思わず出てきてしまいました。冬眠中なのにな。

そうです、トドさんのおっしゃるとおり、重松清はうますぎます。その点において、浅田次郎にそっくりであります。
私はこの2人を、平成泣かせ男と呼んでおりますたい。
泣きたいときにはピッタリ。
でも、だいぶ鼻につきますから、何冊か読むと当分は離れたい気分になります。

作家もむずかしいですね。
下手だとけなされ、上手すぎると飽きられ。

Posted by: ヤマネ | January 14, 2006 at 09:44 PM

あれ、お懐かしやヤマネさん。
仕入れ兼修行のような冒険譚は夫婦で読んでおりました。
なんとか無事に帰られたと乾杯も致しました。
でも、もう次の旅を考えておられるとは、まっこと風の民ですね。
百姓には考えられませんですばい。
重松さんの「半パンデイズ」とかは好きなんですけど、ちくと見すかされている
ような気がします。
浅田次郎さんは見かけが嫌らしくて「こいつゼッタイ嫌な奴」って引き出しに
玉村豊男氏と一緒に収納されています。
もっともアシカによれば「トドの風貌もかなり似てるけどな」と言っております。
それはともかく、まわりの友人たちはみな浅田次郎に泣かされております。
甚だしきは「朝の通勤電車の中でうっかり読んで、わんわん泣いてしまった」と
言うておりました。
私は「壬生義士伝」が好きですね。なじみの少なかった東北弁が美しく脳に
記憶されています。
浅田さんに押し流されて泣かされるのはキライではありません。
これぞ大衆小説と言うことなのでしょうか。
今も「オー・マイ・ガツ!」「沙高樓綺譚」を読んでいます。

ついでに、今ハマっていますのが恩田陸さん。
数年前に読み始めるチャンスがあったのですが、その時には文章が合わない気がして
パスしました。今はなんでこんな面白い本を見逃していたのかとホゾを噛む思いで
読んでおります。そうですこの一月ほど百姓はサボっております。

おっと、もう一言。玉村豊男さんに会った方は全員が「すっごいイイ人」とまたしても
ワタシの反発を助長するようなコトをヘーキで言うのであります。
従って彼の評価が低いのは、ただ、ただワタシのヤッカミでございます。はい。

Posted by: トド | January 14, 2006 at 10:49 PM

ここでいいのかな?

近所に玉村さんそっくりの人がいて、実は友だち。いつだったか旧道でご本人同士がバッタリして、両方でのけぞったそうです。
うちのロバは玉村豊男と言えず、いつも玉村オヨヨと言っています。

壬生義士伝は未読でした。
いちばん泣かされたのは、初浅田だった「蒼天の昴」ですねぇ。これはもう、号泣ものですよ。ただしこの続編という帯をつけて発売された「珍妃の井戸(たしか)」は駄作でした。

本を読んで号泣するって、結構ストレス発散になりますよね。
アシカさまによろしく。

Posted by: ヤマネ | January 16, 2006 at 10:16 PM

うわっ、はずかしー、タイトル名間違えましたよ。

「蒼穹の昴」でしたよね、たしか。いかんいかん、もう物忘れが・・・。

Posted by: ヤマネ | January 16, 2006 at 10:18 PM

「蒼穹の昴」未読です。読んで号泣してみましょう。
友人達が泣いていたのは短編の「ラブレター」だったかな?
ねえ、井上さん、生嶋さん!

二人の玉村オヨヨさんが旧道でバッタリ会っている図を
想像して笑ってしまいました。
もう、目の前で見たようなキブンです。

Posted by: トド | January 17, 2006 at 06:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/8094171

Listed below are links to weblogs that reference モアパッション:

« 歩行祭があったら | Main | イキオイがあって美味しい »