« 名誉の負傷自慢 | Main | 法事が二つ »

障子張り

12月17日(土)晴れホコリのような細かな雪が舞っている。乾雪と言うらしい。

あまりに寒い、外に出たのは父の見舞いと買い物だけ。
家の中で雑誌を片付けたり、障子張りをする。
障子張りは乾きにくい気温のせいもあって今までで一番上手く張れた。
昔はこの和紙を張る作業はいい加減に見えて好きではなかったが、
最近やっと和紙の良さを認識している。適度な量のノリを使えば、
上手く張れるし、汚れたり古くなれば、タダ水を含ませれば簡単にユルム。
紙自体も強靱でもありモロくもある。柔らかい光を取り込むこともできるし、
障子ってなんて合理的な建て具であるかと感心しながら作業。
昔、バアちゃんがやっていたやり方を思い出しながら同じようにやってみる。
パリッと新しい障子を見ながら飲む甘酒はことのほか美味しい。

昨日、職人さんにお汁粉をお出しした。
ほいたら、爺さまの職人さんは手に持ってジッと見ながら言うことにゃ。
ワシは元々甘い物が嫌いで一切食べないんじゃがなぁ。
ある年の暮れに集金に出かけたら「お手入れ」(つきたてのお餅をあんこの中に
入れたもの)を出された。まぁせっかくすすめてくれたモノを断るのも
カドが立ちそうだったし、ここはムリにも食べて気持良く支払っていただこうと
必死の思いで食べた。
ところが、大振りのどんぶりをなんとかたいらげて、「あのぅ、集金を」と
切り出したら「あっ、それなんじゃどな、すまん来年にして」と言うではないか。
しょうがないと車に乗って帰り始めたものの、どうにも胸焼けがして
苦しゅうてかなわんから通りがかった大川の土手に車を停めて、川に入って
水をガブガブ飲んだんじゃぁ。以来、あんこは60年口にしとらんのです。
「そんなわけで遠慮のうモチだけいただきます」と餅だけを丁寧に引き上げて
食べよった。

左下のマークは「人気blogランキング」の投票箱です。
クリックしていただけるとトドに一票入りま〜す。
banner_021←クリックしてくださーい

|

« 名誉の負傷自慢 | Main | 法事が二つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/7658780

Listed below are links to weblogs that reference 障子張り:

« 名誉の負傷自慢 | Main | 法事が二つ »