« 安いオイルを | Main | 銃を見ると胃が冷たくなるさぁ »

ユージニア

12月10日(土)晴れ

今日も朝から、山の畑でパッチンパッチンと剪定。
近所の家では法事があるらしく車が何台も集まっており、
時おり風に乗ってすすり泣く声が運ばれて来る。
日が過ぎても悲しみはウスれるコトがなくかえって増しているようだ。
高く低く、衷心からほとばしり出る声は聞く者の心までゆさぶる。
あれは、能登の七尾の泣き女の声か。三升泣きだな。お志乃!基角はん!
っと「つかさんの忠臣蔵」世界に入り込んでブツブツ言うておったら、
なにやら泣声が鳴声に変わって、次第にけたたましく近付いて来た。
その上にダーン、ダーン、ダンと銃声まで聞こえる。
どうやらイノシシ猟が始まったらしい。
身を伏せたくなるほど身近に銃声が聞こえる。
ぶどうの剪定にもケブラー製の防弾チョッキが必要かもしれない。
この時期イノシシ色の犬は赤いジャケットを着て散歩にお出かけください。

夕方、お隣の畑のヒラマツさんからどーぞ、どーもとダイコン10本、白菜3玉、
ホウレン草もいただいた。帰る途中、友人の立森姉とジロさにお裾分け。

トド姉の誕生日だったので、夕食はしゃぶしゃぶとケーキで乾杯。

ユージニア「ユージニア」恩田陸 読了。
凝った装丁に引かれて手に取った。
カバーに使っている紙は端面が痛みやすいが
それでもこの紙を使いたかったのだろうと推測。
カバーのウラ面にもイメージ画像あり。
1、2、3ページのアソビが本文への期待を
いや増してくれる。‥‥欲しい。
本文に使っている紙質もなめらかで
指に吸い付くように上質。‥‥買わなきゃ。
冒頭の文章を読んで、2行目で小脇にかかえて
レジに向った。

さて、中味は期待通りに静かに淡々とコワイ異世界に誘ってくれる。
物語の舞台は金沢の街。如何にもこの話にふさわしい街だったなと
川や街並の風景を思い出しつつ読み進んだ。
猪豚猫3.5匹の評価。恩田さんトド好みの作家である。
正月に2册組の「ネクロポリス」を読もうか、その前に「夜のピクニック」を
読もうか。楽しみが増えた。


左下のマークは「人気blogランキング」の投票箱です。
クリックしていただけるとトドに一票入りま〜す。

banner_021←あなたもクリックするよろし

|

« 安いオイルを | Main | 銃を見ると胃が冷たくなるさぁ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/7559313

Listed below are links to weblogs that reference ユージニア:

« 安いオイルを | Main | 銃を見ると胃が冷たくなるさぁ »