« ワニやらフカやらに襲われる | Main | 三丁目の夕日 »

女神降臨

11月18日(金)晴れ

午前、山の畑バルキのトナリの畑のノリ面の草刈。1時間。
刈った草はワッセワッセとすぐにぶどう園に持ち込む。1時間。

午後は、神の存在を確信した。われらの日頃の正しい行いに対しカミサマは
東方より二人の女神を遣わしめたのだ。
予兆‥3ヵ月前に啓示を受けたトドはすみやかにイタ飯屋さん
「ARIZONO」に席を予約して次の指示を待っていた。
昼過ぎ、倉敷のホテルに17:30とケイタイから発信されたメールが届いた。
ホテルで二人の女神をピックアップしてから「ARIZONO」に向う。
オーナーシェフに賓客であると告げて「美味しいモノを少しづつ」と注文。
もっとも、いつだってうちのゲストは賓客なのだけれど。
今宵のディナーは食べるのにもったいないほど美しく、また素晴らしく
キレの良い味であった。さすがプロの仕事と感動する。
前菜の特製アンチョビソースがことのほか美味で、この食べる快楽が永遠に
続けばいいのにと心底思った。
数々の料理をここで紹介したい。しかし生ハムの脂身を口に入れた途端に
記憶が飛びそうになり、海鮮生春巻にうっとりボーっとしてしまい、
これは記録したりしている余裕なんかないぞ、全身全霊で味あわねば損だと
決めて、記憶回路はしっかり閉じてしまった。
そんなわけで、なーんも覚えとりません。けど、おいしかったぁー。
全員が完食でした。お腹パンパン。だけどイタ飯ってもたれることはなく、
翌朝にはキモチ良くお腹が空くんですよね。
二人の女神ミヤウチさんヤマダさんに感謝。

umito写真は
猪風来さんの
「海との邂逅」。
立っているのが
ご本人の猪風来氏

|

« ワニやらフカやらに襲われる | Main | 三丁目の夕日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/7192886

Listed below are links to weblogs that reference 女神降臨:

« ワニやらフカやらに襲われる | Main | 三丁目の夕日 »