« 仕事があり、人手がない | Main | 山のカミサマが »

部材が届いた

11月7日(日)曇りから晴れ

いつも、寝しなに本を少し読んでから寝るのだが
昨夜は寝そこなってそのまま一気に読んでしまった。
少女には向かない職業
少女には向かない職業
桜庭一樹
読みやすいがマイジョオオオタロウのようなドライブ感はない。
内容はともかく、ジュニア小説を読んでいる気分。
昔、似た題名のミステリがあったからちょっとマイナスして
パンダ2匹くらいでしょうか。
装丁は美しいし、企画もいいのにね。創元社さん。

11時、山の畑「sora」にぶどう棚の部材が届く。
岩のような、初老の大男がトラックから降り立って言う。
「えーっと、あんた一人かね」 はい、そですよー。
「なんか、×××とか○○○とかは持って無いのかね」 ありませーん。
(×××とか○○○ってのはどうやら運搬機のことらしい)
「じゃ、ネコ車はある?」 おぉ、やっとわかる単語が出て来たぞ。
はい、ネコ車はあります。
「うーん、でもこれを上の畑まで、あんた一人で手で運ぶのかぁ」
大丈夫っすよ、一日かければ運べます。‥‥たぶん。
「それで、この畑に自分で棚を作るの?」 はーい、作ります。

それでも「うーん、大丈夫かな」と心配して、迂回賂を通って
隣の元畑の空き地を2枚横断して直接畑に部材を運び込むルートを
提案してくれた。

11元畑の地主さんもトラックの通過を
快諾してくれたので、即運び込んだ。
半日覚悟していた重労働が
なくなったので大いに助かった!

写真はその部材。
コンクリート製周囲柱45本。
コンクリート製中柱58本。
コンクリート製受け石103コ。

後は四隅の角柱とパワーウィンチがあれば作業が始められる。

夕方、山の畑カンパラに行って、残していたバーク堆肥を
苗木の根元にぶちまける。ネコ車で15杯ほどの量。
こっちの畑は中古の部材を出来るだけ使う予定。

|

« 仕事があり、人手がない | Main | 山のカミサマが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 部材が届いた:

» 少女には向かない職業 [乱読日記]
桜庭 一樹 少女には向かない職業 ミステリーっぽくないミステリー。 ってかミステリーじゃないんじゃ…。 またまた色々考える本読んじゃいました。 最近疲れてるからかなぁ…。 だれか、時間をください。 いや、本気で…。 むしろ、誰かエントリーシートな... [Read More]

Tracked on December 12, 2005 11:08 PM

« 仕事があり、人手がない | Main | 山のカミサマが »