« サトー君同窓会です | Main | もう記憶にないスティルス »

エプシロンさんとPC-800

11月3日(木)くもり

Kawasakiエプシロン250ccにうち跨がり、吉備中央町を横切って津山まで走る。
如何にも日本の田舎らしい懐かしい風景を左右に見ながら風をうける。

エプシロンさんは思いのほかパワフルで俊敏でした。
ところがワタシの方が今じゃすっかり車に慣れていて、始動時にキーを
回しただけでエンジンがかかると思いこんでいる。一瞬おいて、
おぉ、そうだった。セルスターターボタンを押さなきゃと気付くこと3回。
信号待ちでクラッチレバーのつもりで左ブレーキを握ること4回。
サイドスタンドを降ろすと自動的にエンジンが停まるのは危険防止
なんだろうけど、親切なような否なような機構である。
ワタシは信号待ちのわずかな時間にスタンドを立てて、オートバイから降り
フットブレーキの調節をするコトがよくあるからなー。

預けてあったHONDA PC-800と交換して帰りは最短距離を走る。
車検が切れたまま放ったらかしにしていたのを修理してもらった。
2年ぶりくらいに乗ったのだけど久しぶりのPC-800はものすごいボリュームで
いささか怯む。ゲッ、こんなデカかったっけ。
しかし、走り出せばとてもスムーズで安定感がある。
天気も快復して気持の良いミニツーリングが楽しめた。

4時前に自宅に帰り着く。
暖かい日溜まりの中、母と姉は軒先きで渋柿の皮を剥いており、
それを開け放したマド越しにベッドから父が見ていた。
昼食は縁側でおじやを食べ、お代りまでしたらしい。
母、姉と父を病院まで送る。
入院中の父にとって、久しぶりの外泊は楽しかったようだ。

|

« サトー君同窓会です | Main | もう記憶にないスティルス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/6879276

Listed below are links to weblogs that reference エプシロンさんとPC-800:

« サトー君同窓会です | Main | もう記憶にないスティルス »