« 五千年の時を超え | Main | 土俗的な香りも‥ »

待ち時間には何を?

11月24日(木)晴れ

10時半、北方36kmの印刷屋さんで小冊子の色校正。
時間が無いので本機による色校正なんだけど、一部に修正箇所あり。
修正に応ずる時間はあるか?と各部門の責任者が輪転機の横に集まって
相談。直しを入れても、なんとか納期に間に合わせようと前向きの結論に
達し、各自持ち場に散って行った。
このページの再校正は14時にアップの予定になった。
しまった!こんな日に限って時間ツブシの本を持ってきていない。

 さて、印刷の現場を見るのは久しぶりなのだけど、
 いまどきの印刷は‥‥インクはソイインク(大豆油インキ)で、
 オフセット印刷でも水を使わずに印刷出来ます。
 これに麻やバナナやサトウキビで作った用紙を選べば
 文句ナシの環境対応の印刷と言えますね。
 10年前だと、使えないレベルの印刷精度だったし、コストも
 高すぎた。隔世の感がありますなぁ。

なんて、思い出にふけっていても時間は経たないワケで、
そだ、オートバイ屋さんのパドックさんに行ってみようと東に向けて
走り始めた。しかし、思ったよりも遠くて、実質20分ほど話しただけで
再び高速道路に乗った。
再校正はかなり良くなっていた。短い時間の中で協力してもらって感謝。
帰る途中、「猪風来美術館」に寄って経過報告と展示の様子を見る。
ヤマカワさん、ササダさん、松ちゃんたち数人が最後の仕上げを
頑張っていた。

amon今日の写真は
沖縄に住む某氏の大広間を
飾るレリーフ。
「大竜巻きのビーナス」
左が作者の猪風来氏。
右はアナタもご存じの
そうですアノ方です。

|

« 五千年の時を超え | Main | 土俗的な香りも‥ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/7296724

Listed below are links to weblogs that reference 待ち時間には何を?:

« 五千年の時を超え | Main | 土俗的な香りも‥ »