« June 2005 | Main | August 2005 »

朝からハードレイン

7月31日(日)驟雨

朝からザンザン降りで「A HARD RAIN'S GONNA FALL」ってヤツです。
わたしゃエディ・ブリケル版が一番すき。

メールや資料の整理や、おぉ仕事もやらなきゃなんない。
雨の日も半農半デは忙しいのだ。

夕方、雨が上がったので草刈を2時間ほど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

食材を山ほど買ってみたい

7月30日(土)雨の予定なのだが降らない

12時に岡山の箱屋さんで打ち合わせ。
HONDAに寄ってCR-Vのオイル交換と保険料の支払い。
食材屋さん「プロフーズ」でパッケージを見る。カップ沖縄スバ、
シークワーサージュース、クローテッドクリームなどを買う
実はこの手の店は大好きで、いつか山のように買い物をしてみたいと
思っている。
倉敷を回ってギャラリー「十露」さんをのそいてみる。
「収穫祭」の会場をお願いしているので、その話をちょっと。


2これも陶芸家スギウラ氏の作品。
ええでしょ!
ここちよい手触りが
やさしく平穏な気持を
取りもどさせてくれます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キチンと手入れした山村は美しい

7月29日(金)くもり、ちょい雨

雨の前に山の畑にSP木酢液を散布。‥‥していたら雨が降ってきた。
しょうがないやと噴霧作業を撤収して、すももの枝を
バインディングしていると、となりの畑の老夫婦が
墓の掃除をしているのが見えた。
見ているうちに掃除は終わったらしく、刈り取った草を集めて
おこしたたき火を前に気持良さそうに足を放り出して休憩している。
眼下には、霧のようなやさしい雨の中に静かに波打つ緑の海の
田んぼが広がる。
あまりに気持が良さそうなので行ってみた。
静かなええとこじゃよ、ここは。
うちの先祖の墓はこの下の別の所にあるんじゃが、ワシラは明るくて
見晴しの良いこの丘に入ろうと思う。
しかし、11代続いたワシの家じゃが、もう息子は帰らんじゃろうな。
わしらも後10年は頑張れるが、15年と言われると、ちょっとしんいどなぁ。

実はこの集落の入口から見える風景が公園のように美しいのは、
この老夫婦が田や山を、日々ていねいに手入れしているからなのだ。
元気で長生きして欲しいと切に願う。勝手な話ではあるが。


1写真は「収穫祭」に
出品予定の陶芸家夫婦の
屋敷の玄関。
ワシもこんな風にスッキリと
住んでみたいぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美味しいモモはシアワセな気分になれる

7月28日(木)晴れ

5時起床。まずはトド日記のまとめ書き。

山の畑バルキに水やり。
昼食に帰る時間がなかったので、おにぎりを買おうと山の中の茶屋?に
駆け込めばオヤジが菓子パンしかないと言う。
クリームパン、アンパンをコーラで流し込むとゆー
涙が出そうな昼食となった。シクシク。

16時半、このところ暑さのためか調子が出なかった父をつれて近所の病院。
点滴薬にカクセーザイでも混入して元気にしてくださいと頼む。
母が付き添い、私はいったん帰り農作業。
帰りは仕事帰りの姉がピックアップしてくれた。
父は確かにちょっと元気になって帰ってきたが、まさかカクセーザイは
混入してなかったよね。

とても美味しい「もも」をいただいた。
ももの美味しいのってホントにシアワセな気分になれる。
ハズレた時にはホーントサイアクだけど。
実はモモも作ってみたいと思っているのだ。
特にマズイのを食べた時には「どーしてこんなんしか作れないのぢゃ」
「ちょっとワシが作っちゃろかい」と思ってしまう。
しかし、あまりに煩雑でロスも多そうなので手を出さないようにしている。
ってゆーか、手を出すなと家族に言われている。むむむ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

少しづつ色付く

7月27日(水)晴れ

5時半起床。
山の畑バルキでアシカは水やり。トドは草刈。
草払い機での草刈は刈った草や小石が飛んでくるので完全防備。
全身汗ダクになるので水分補給が肝要。
冷たい水だと再現なく飲んでしまい、結局胃の調子が悪くなるので
熱いお茶を用意して行く。これが大変オイシイ。

午後は自宅まわりの畑で副梢のカット。
こっちの作業は夕方になると蚊の総攻撃を受ける。
去年までは蚊取り線香を腰にぶら下げていたが、メンドーなので
止めてしまった。

ピオーネも軟化が始まり、少しづつ色が付き始めた。
園の中にぶどうの香りが漂う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホントのログです

7月26日(火)くもり

自宅回りの畑にSP木酢液+ニガリを散布。

77写真は先日行った軽井沢の
ヒマラヤハウスさんの1号館と2号館。
奥にもう一つ3号館もあります。
ホントの手作りのログです。丸太小屋です。
屋根には花々が咲いていました。

行ったことがない方はぜひ一度
お訪ねください。
素っ晴らしいアジアの布の
コレクションが見られます。

場所はNoRoさんから車で5分ほど。
オーナーは「ロバ&ヤマネ」さん。
わが師ご夫婦は「ウマ&イヌ」さん。
うちはご存じの「トドとアシカ」。
なんだか夫族はただ頑丈で
働くだけ働かせられる存在って
感じがしないかぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眠気とのタタカイ

7月25日(月)晴れ

昨夜はNoRoさんのロフトを占領して、バク睡したのであったが
悲しいかな百姓のサガで午前5時には目が覚めてしまう。
NoRoさん一家は連日の過激な労働で起きる気配もない。
起こすにシノビないので、まるで夜逃げのように立ち去る。

noro写真はNoRoさんの看板。
三年ほど前にアシカが作りました。
まわりの木も大きく茂って
イイ感じになりました。

NoRoさんはピザやパスタも美味しいけれど、
厨房内で忙しく働くマスタや
テーブルからテーブルへとキビキビ動く
ちょろさを見ながら、のんびりビールを
いただくと、たまらんシアワセ感があります。
地球防衛軍の諸君は、今夏ゼヒ行くように!

あちこち寄り道したいところではあるけれど、今回はまっすぐに
伊賀を目指す。アシカと運転を交代しながら、上信越から中央道、
東名をわずかにもどって東名阪自動車道の下柘植で降りたのが
お昼ちょっと前。陶芸家氏に電話して迎えにきてもらった。

ちょうどお昼時だったので、ブタのテーマパーク「もくもく」に行く。
放し飼いのブタくんがウロウロしている園内を歩いてパンや燻製の工房を
見ることが出来て、バーベキューや生ハムを食べられる。
お客さんは地ビールを飲みながらブタの焼肉を食い、表を普通に散歩している
ブタくんを可愛くて清潔でオイシソーだねとながめている。
お土産に買ったソーセージがタイヘン美味しかった。リピーターになりそう。
ここの「ソフトクリーム」はイケます。清泉寮のより美味しかった。
ワカモトクン伊賀に行ってみたまえ。君の好きなソフトクリームがそこには
あるぞ。ジャージー牛さんのミルクで作っているそうです。

9月の倉敷「収穫祭」を打ち合わせ。工房や家を見せてもらったり
しているうちに夕方。
国道1号線まで送ってもらい、栗東から高速に乗る。
眠気とタタカイながら、ひたすら走る。しかし、ついに力尽きてサービスエリアで
二人ともぐぉーぐぉーと眠ってしまう。
トラックのライトに照らされて起きると日付けが変わっていた。
さて、ここはどこなんだろうと見れば、なんだ地元じゃないか。
地元のサービスエリアでぐぉーぐぉーとワシラは寝ていたのか。
夫婦二人で1時間もアホな寝顔を公衆の面前でさらしていたのか。
ちょっと恥ずかしいぞ!
自宅に帰り着いたのは1時半。倒れるように寝る。

7陶芸家氏の工房。
柔らかな、土味の作風が彼の特徴。
手に取りたくなるほど美しい色調の帯留めは
奥様の作品。
「収穫祭」用のスペシャルもそろそろカタチに
なっております。

みなさま、お楽しみに!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清里から軽井沢に

7月24日(日)晴れ

昨日は仕事を放り出して、朝一番で走って掛川の「三鞍の山荘」に
ヤッチャンを誘い出し、ランチを食べながらグルメごっこをしようと
思っていたのだが、結局一日中畑仕事にかかりっきりで、やっと午後9時に出発。
昔は夜間走行の方が好きだったけど、最近は目が弱くてすぐに疲れてしまう。
1時間走って、1時間寝てを3回くり返す。名古屋のあたりまで6時間も
かかってしまった。やれやれ、まだ先は長いぞ。

朝8時半、東京出張中のアシカを甲府駅でピックアップ。
中央高速を須玉で降り、清里高原に駆け上がって休憩。

77なぜ
便利
な関
越を
使わ
ずに
清里
回り
のコ
ース
を選
ぶの
か?

それは、このソフトクリームを食べたいからダケなのであります。
でも、なーんか昔の方がもっと美味しかったぞ。
特に今年のはちょっと甘過ぎる。と言いながら2本食べてしまった。

右の写真はトラクタに引かれた干し草のイスに乗った小学生。
これから牧場一周の冒険旅行に出かけるのだ。
○○ちゃーん、気を付けてねー、の母の声とビデオカメラでわが子を
撮影するのに夢中な父親たちをシリ目に「小さな冒険者たち」は
もう振り返りもしない。

軽井沢のNoRoで昼メシ。相変わらずピザが美味しい。
ちょっとだけ飲んだビールが効いて1時間バク睡。
スーパーパティシェの青木さんと会ってぶどうを使ったお菓子の
アドバイスをいただく。
英国で菓子修行をされた、長身のボサツのように美しい方である。

ヒマラヤさんで9月の「収穫祭」の打ち合せ。屋根の上の花と家庭菜園も
見せていただく。ブルーベリーやすもも、樹木がすくすくと伸びている。
居心地がいいのだねぇ。

星野温泉で深さ90cmのトンボの湯にどっぷり浸かってホッと一息。
いい湯である。湯に浸かっていると、20年ほど前になるだろうか
そのころ住んでいた武蔵境のバイク好きの兄ちゃんたちと来たことがあるのを
思い出した。おーい、みんなまだバイクに乗っているかい?

NoRoさんで夕飯。
ワインを開けて騒いでいるうちに、おっともう午前1時半じゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンカーを打つ

7月23日(土)ピカピカの晴れ日

昨夜は遅くまでジタバタしていたので7時起床。

山の畑カンパラでアンカー打ち。
7写真はその手動のアンカー打ちの
道具。
上椀二トー筋と背筋をもって
タダタダ地面に打ち付ける。
ヒザを使うと意外にラクです。
とっても重いkgの重さがある。
100回ぐらい打ち付けると
地下70cmくらいの位置で
左側にわずかに見える銀色の
矢印状のアンカーが羽を
広げるのです。


夕方建築家のニシナ夫婦が
寄ってくれた。
うれしくて、つい美味しい
もの談議にうつつを抜かして
しまう。
楽しかったので今度はビール
を飲みながら話すことにした。


さて、これから
中国道→中央道を通って軽井沢まで走ります。
帰省中だったアシカさんと軽井沢で落ち合って、NoRoさんへ。

翌日、伊賀の陶芸家氏の工房を訪ねて帰る。という強行軍です。
旅のお伴はつかさんと枝雀さんそれと有元さんのエッセイを持って行きます。
ではその報告はいずれまた。

今年はハタさんファミリーとはニアミスしないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラフなゴルフ場

7月22日(金)晴れ

6時起床。
1年目、2年目の苗を植えている、山の畑カンパラの草刈。
忙しいので放っておいたらホントに草だらけになってしまった。
それが2時間で見事ゴルフ場のグリンのようになった。
ほんに乗用草刈機さんはエライ!

後はまた測量をやり直して、アンカーを打つ準備をせなあきませんな。


77

| | Comments (0) | TrackBack (0)

残りわずかです

7月21日(木)晴れ

4時起床。

3年目でまだ木も根も小さい「カッタクルガン」に水やり。
去年は3房ほどの収穫だったけれど、今年は25房は取れそう。
味見できる幸運なお客さまはどなたでしょうか?

ぶどうの通販の予約は2週間でほぼ売り切れ状態になってしまった。
スゴイ!!って話ではなくて、まだ収穫量が少な過ぎなのですね。
収穫量は去年よりは増えたのだけど、スリップス(害虫)を防ぎ切れ
なかったので少なめに予想しています。
あと1ヶ月ほど経てばもう少し食べていただけそうな量が増えるのではないかと
内心期待しているのですが、どうでしょう。
HPの最初のページで「追加情報」をお知らせいたしますので、食べ足りない方は
たまにチェックしてみてください。

副梢の除去とアンカー打ち。ヘロヘロ状態で、えーい、もう寝ちまえ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暑い時には、熱いお茶を

7月20日(水)晴れ

午後、アシカは山の畑バルキの草刈。
トドは枝(副梢)を切ったり、上隣の畑soraの苗のために仮タナを作ったり。
標高450mの山の上は日射しを避けると、ちょっと涼やか。
日陰で飲む熱いお茶がとっても美味しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トドの妄想日記

7月19日(火)晴れ

山の畑バルキでスリップス(あざみ馬・害虫)が暗躍しているらしい。
んで木酢液でウスめた農薬を散布。
薄めたとは言え農薬であるから全身をカッパに包んで、防毒マスクに
フェイスガードで完全装備する。
傾斜の畑を登るとフューヒューと息がはずむ。ダースベーダーだね、まるで。
船釣り用のカッパなので、あまりアクティブな作りにはなっていない。
ちょっと歩いても、暑くて、暑くてすぐに全身が汗でぐっしょりとなる。

一気にすませようと思ったが、あまりにキツイのでちょっと休憩。
頭に水道水をかぶるとちょっと生き返った。
ダースベーダーもあんなメット付けていちゃハゲるわけだよ。
ん?彼は暑くてメットの中がムレてハゲたわけじゃないかぁ。
エピソード3を見るよろし。

夏場はくり返し弱酸性の木酢液を散布するので、
右耳の後ろにあるコネクタにわずかだがくもりが生ずる。
疑似セーム皮で、ていねいにぬぐい取って、翔音センサーを接続した。
アザミ馬系のコマンダーの分布を確認する。思っていた以上に数が多い。
それに甲虫型の敵も新たに加わったようだ。
マスクとメットを装着し、かたわらに置いたカラシニコフ型突撃サンプ銃を
手に取って、なかば自動的にマガジンの中を確認すると、
熱く乾いた日射しの中に再び足を踏み出した。
あわわ、これじゃトドの妄想日記であるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツブ間引きとか仮タナとか

7月18日(月)晴れ

午前中、アシカは草刈機で自宅まわりの草刈。
トドは副梢のカット。

午後は山の畑バルキでアシカは掛けた袋を一つひとつはずして
ツブ間引き。
トドは苗を植えているsoraに仮タナを作る。
この畑は本来ならすでにキチンとしたタナが出来ている予定だったのだが、
地球上の鉄材のほとんどは中国に集まっているようで資材不足と、
ワタシの意欲の問題もあって放ったらかし状態になっている。
枝が伸び放題に伸びてこのままでは地這えぶどうになってしまいそう。
アンカーだけは打ち終えていたのでそれを利用して、
まあまあしっかりと針金を160cmくらいの高さに引っ張った。
さっそく枝を結び付ける。多種多様のぶどうの木がいっせいに喜び
葉を大きく広げた。
まっ、白昼の妄想ですな。

先日、草刈機のバッテリーが上がった。
ドコだドコだと探したがバッテリーの収納場所がわからない。
販売所に電話して聞いたらハンドルの下であった。
大きさを確認して、さっそく充電器を買いに行った。
実はこの充電器なるもの、この30年くらい買おうかやめておこうかと
迷っていたモノなのだ。それがやっと買えた。
これでいつバイクのバッテリーがなくなっても充電できるぞ。むふふ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナカムラさんが来た

7月17日(日)朝の内、村はどっぷりと霧の中に浸かっている。

6時半から3時間半ほど、自宅まわりの畑にSP木酢液+アミノ酸を散布。

トウモロコシが美味しい。今年植えたのは「夢のコーン」って品種。
ナマで齧りついた方が甘くて美味しいと思う。
でも、ナマで食べる方が美味しいってのもなんだかなぁ。
さっそく100mほど東に住むヒラモト氏に電話しておすそわけ。
放ったらかし栽培なんで量が取れないのが難点。

ナカムラさんが来る。
東京→京都→豊岡→姫路→岡山→奈良と移動中のナカムラさんから、刻々と
「現在○○通過中」のケイタイメールが入る。
そのやり取りを横で見ていたアシカさんはアンタら女子高校生みたい、と笑う。
ナカムラさんは前の会社での大先輩で旅の途中にぶどう畑を見に寄ってくれるのだ。
岡山から美しい高梁川沿いに走る伯備線に乗り換えて、16時に高梁駅に降り立った。
十数年ぶりに会うナカムラさんは相変わらずのダンディぶりだったけど、
頭に白いモノが増えていた。
1時間ほど畑を案内したりお茶して、今度は車で山の道を岡山に走る。
やはり同じ会社の同僚だったハスイ氏と奥様を丸善の前でピックアップ。
彼らは海の向こうの高松うどん王国に住んでいるのだ。
狭い車内で久しぶり、初めましてのアイサツを交わしながら走る。
もちろん行き先はイタ飯屋さんの「ARIZONO」さん。
ゴチャゴチャした表通りをスッと抜けて住宅街の中にレストランが在る。
満面の笑みを浮かべたオーナーに初取りのコリンキー(かぼちゃ)を
お土産として渡す。
暑さの和らいだ庭で、カクテルを片手に芝生と杉木立を見ながら談笑。
小部屋に案内されて、まずはビールとオレンジジュースで乾杯。
前菜の春巻きに付いていた野菜のドレッシングを味わった瞬間に
皆が顔を見合わせる。これこそプロフェッショナルの料理である。キレが違う。
オイシイ。来て良かった。うーん、シアワセ感が体中を駆けめぐる。
オイシイからみんなのシッポがブンブン振れている。
赤のハウスワインに切り替えて、ナスのグラタン、ミラノ風野菜と魚のソテー、
ワタリ蟹のパスタとドトウの料理が続く、デザートはマンゴーシャーベットと
コーヒーアイスクリーム。大満足でエスプレッソをいただいた。

7写真はまだ食事前です。
やーい。ウラヤマシイだろ。
ヤッチャン、■ー■さん、若さま、ヤーマダさん、
ミヤザワさん、のぼちょろさん、ニシナ夫婦、
コフジさん。悔しかったら食べにおいで!

| | Comments (4)

四輪バギー

7月16日(土)雨?

5時、起きるなり雨が降り出した。予定が狂ってボー然としていたら電話。
あっ、あこさんだ。はいはい、なんでしょ?
「とど&アシカ新聞」に載っている斜面のぶどう畑の写真があるでしょ。
あそこで四輪バギーを走らせてみたい。写真を撮りたい。いいかなぁ。
えっ、なんてぇコトを! 畑の中をバギーで走り回るなんてとんでもない!
そっそんな面白い話は断るわけないじゃないですか。
ってことで、2週間ほど先にバギーを持ってきてくれることになった。
むふふ、今から楽しみである。

7ほんで、写真はその四輪バギー。
公道走行OKの50cc。
転倒時、運転者の保護のための
バンパーがちょっと高すぎて
ぶどうにアタルかもしれないな。

あこさんは和服姿も凛と美しい方で
あるが、北方50キロほどの都市で
ご主人とオートバイ屋さん
経営している。このギャップがステキです。
トライクなんかも自社製造しています。
イソヌマさんドカに乗っているバヤイじゃないッスよ。
もートライクにしましょ。
ワラシはATV250SPがいいなあ。ちょっとモスキートっぽくてスターウォーズに
出てきそうじゃないですか。これ乗って草も刈れたらサイコーだな。
上のHPにゃ走行動画ありますぜ。■ー■さん、若さん。


友人のHPにNY.のボーダーズでサラ・パレッキーのV.I..ウォショースキーの新作を
発見の記事あり。うーん日本版は年末あたりに発売されるんだろうか?
これも楽しみですのぢゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガラドンピシャリ

7月15日(金)今日は晴れっぽい

精力剤のネーミング案と簡単なラフスケッチをデータで送る。

午後から山の畑のワキの側溝まわりの草刈。
近く側溝整備の工事が始まるらしくて「刈ってくれろ」と依頼されたのだ。
しばらく放ったらかしにしていたので、そりゃあもうジャングルの様相である。
しゃぁねえやなとカクゴを決めて作業を始めたとたんに、
一天にわかにカキ曇り、大粒の雨がぐわしゃと落ちてきて
雷も盛大にガラドンピシャリときた。
山の上の雷はとっても身近で恐ぇーぞ。
しばらくぶどう棚の下で雨宿りをしつつ、のびた枝をテープで留める。

「業界の濃い人」いしかわじゅん 角川文庫 トイレで読了
ん〜、彼はもちっと面白い文章を書くヒトだったように思ったけど‥‥
しょうもない文章がだらだらと続く。
「漫画の時間」の方がずっと面白かったぞ。
■ー■さんのオススメ通りに後書きだけ読めばよかった。
評価:パンダ1ヶだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あずさんの朝メシ

7月14日(木)久しぶりに晴れ間が見える

畑に出かけたいところなのだが今日はデスクワーク。

7仕事場にしている2階の窓に、なにやら
あずさんの気配がする。
いつものことなので見もせずに
開けてやる。くぐもった声に振り向くと
口から羽が生えている。
最初に見た時には何事かとギョっとした
もんだが最近は慣れてしまった。

かわいそうなすずめさんはすでに絶命
していた。
あずさんは階下に降りてより安全そうな納戸のあたりで、そりゃあもう
バリバリと豪快な音を立てて美味しそうに召し上がられたのでありました。

夕方、山の畑カンパラに木酢液散布とアンカー打ち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バルタン星人?

7月13日(水)曇り、断続して雨が降る

5時起床。
雨が降る前に山の畑に木酢液を散布しようとはりきって出かけた。
着いたとたんに大粒の雨がバラバラと降り出したので
アキラメて帰る。

本日はデスクワーク。

7写真は仕事部屋の
網戸にはり付いた
バルタン星人ではなくて
アブラゼミさんです。
ヤカマシイのですぐに
帰ってもらった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「とど&アシカ新聞」送りました

7月12日(火)雨から曇り

雨がちょっと上がったので自宅まわりの全ての畑に、
木酢液にアミノ酸を加えて散布。
夕方、山の畑にも散布。
畑中が木酢液と焼酎の混じった良い香りに包まれている。
ワシはクタクタでビール美味し。

ぶどうの通販をお知らせする「とど&アシカ新聞」を発送。
届かねーぞって方はメールくださいませ。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

これがユーロだって

7月11日(月)小雨、雨、曇り

「とど&アシカ新聞」ほぼ完了。明日イッセイに発送予定。

雨なのでぶどう棚の部材を取りに北に40キロ走る。
帰り、川向こうに住む、某センセの家が呼んでいる気がして
橋を渡り屋敷に寄る。
センセ、遥かなるチロルの峰々は如何でございました?
 先年、某公共機関を退職された氏はいかにも文人の風貌であるので
 みんなに先生と呼ばれている。
「おお、トドさんかい」「チロルも何もワシャまだ行っとらんぞ」
「14日から出発じゃ」「まあそんなことはええから、あがんなさい」
センセは退職記念に横光 利一の「旅愁」を携えてスイス、ドイツの都市を
巡る旅に出る予定。奥様と一緒である。

近況を報告し合い、ケンアンの某陶芸家氏の動向も教えてもらう。
新潟は長岡市の招きで、当地で震災後1年のモニュメントの制作に
とりかかっているらしい。
彼の理解者が増えるのはマコトに好ましい。

7ところでトドさんは
ユーロは見たかい?
これがチェックで、こっちが現金で
こっちはスイスフランじゃ。
記念にこのコインをあげよう。
ふぁふぁふぁ。
で今日の写真はユーロです。
ちょっとちゃっちい感じです。


HONDA噴霧器の修理完了の連絡が入ったので帰りに寄ってピックアップ。
ついでに、山の畑に上がってぶどうスカシバの開けたでっかい穴に
スミチオン100倍液を注入してから帰る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラス避けの結界をはる

7月10日(日)曇り、夕方から雨

6時起床。
「とど&アシカ新聞」発送準備。

ゴーヤの垣根をやっと作る。わが家は長いタイプじゃなくて
短くてカワイイゴーヤマンタイプの方が好き。

山の畑バルキにカラス避けのハシラを五茫星の形に立て、結界をはる。
ぶどうの袋には一枚一枚、墨痕鮮やかに真言を書き付け、
裏面にはセコムの小型シールを貼って盗難にも備える。

あーもちろんウソですよー。んっなヒマなことはしてませんてば。
でも、メーカーがそんな袋を出せば買うかもしれない。
うん、買うなぁ、きっと。
まっ、そんなしょーもないコトを考えながら雨に打たれて作業して
いましたです。はい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いつでも相談OKデス

7月9日(土)雨が降る

広島の某社にパッケージの打ち合わせに出かける。
ちょっと早めに出かけて駅近くの本屋ジュンク堂に立ち寄る。
1時間ほどあれこれ本を手に取って見る。この本屋さんは見やすくて好きなのだ。
すいているのもいいなあ。
●「天才ファミリーカンパニー」(1)二ノ宮知子
 「のだめ‥‥」「GREEN」よりも先行する作品です。→■ー■さん、やっちゃん
●「イタリア田舎暮し」有元葉子
以上、2册購入。

7写真はジュンク堂の1階上の
中華メシ屋さんから見た風景。

広島に行ったら、やっぱりお好み焼きを
食べなきゃと思うのだけど、
打ち合せの前に食べるモノとしては
気が引けるのでまだ食べたことはない。
んで、中華ランチを食べながら外を見ると
すぐそばに山が迫っていて
熱海の山側のような景色が広がっている。
平野部が狭いので住宅地はこの山の中まで
続いている。‥‥らしい。
広島市って115万人の大都市なんだけど、駅周辺は意外にすいている。
中心部はもっと海よりにあるのだな。きっと。

1時ちょっと過ぎに某社に行って打ち合わせ。
パッケージするモノは何かと言うと‥‥わはは‥‥「精力剤」なんである。
とうとう精力剤までデザインできるとは、う〜ん感無量であるなぁ。
されば、ギトギト、ギンギンのパッケージを提案してあげようではないか。
開発者も同席していて、聞けば効能もなかなかのスグレモノらしい。
そっちの方面でお悩みのそこのあなた、防衛軍ワクでスペシャル版を手配しますので
いつでもご相談ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コーゾー的ケッカン?

7月8日(金)霧、晴れ、小雨

4時起床。

アシカは山の畑バルキで袋掛け。
トドは山の畑に植えたかぼちゃの葉がうどんこ病なので
重曹を散布するも、気付けば臀部がびっしょり。噴霧器からシュウシュウと
薬液がもれている。またしても壊れた。しかも昨年と同じ箇所。
構造的な欠陥じゃないのかなぁ。

夕方、HONDAの看板を掲げている農機具屋に持ち込む。
全く同じ機種で同じ箇所が壊れた別のユーザーが来ていて怒っていた。
やっぱり、構造的な欠陥かもしれない。
そんなコト指摘されてもしょうがないもんね風のやる気のないオジさんが
「部品の注文は月曜日になります」と言う。なんで?まだ4時半でしょが?
「今、社長が居ないから注文できないんです」なんじゃ、そりゃ。
今どき、日本でそんな会社があるのか?

わが師は早くから「ホンダさんの農機具はキャシャ過ぎるよ」
「農機具はもっとシンプルでタフでなきゃ」と指摘していたのだけれど
ほんにその通りである。
バイクと車のファンなので農機具もHONDAマークにこだわって
みたのだけど、少なくとも農機具はダメかもしれない。
マシンにも信用がおけないし、販売店の質も悪すぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フォギーな日

7月7日(木)くもり、晴れ、夕方小雨

山の畑は霧に包まれていた。30m先が見えない。
soraとすもも畑の防除。

山の畑バルキの副梢カット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キミは竜馬の海を見たか!

7月6日(水)くもり、ちょい雨

5時起床。
朝、山の畑バルキで防除。
午後、山の畑バルキで草刈、袋掛け。


訃報が続く。永嶋慎二氏が死去。67才若いなぁ。残念です。
「漫画家残酷物語」と言うよりも「柔道一直線」の方をみんな覚えているかな。
ワタシとしては四国4県の観光ポスターの中の高知県のイラストが一番好き。
多数のちょっと昔の子供達が落ち着いた目で一心に沖を見ているイラスト。
キャッチコピーは「キミは竜馬の海を見たか」。
B全版で超多色シルク印刷。ぜいたくなポスターだった。

COMで連載していた「フーテン」を読んでいたので
高校2年生の冬に初めて上京した時には、まず話の舞台である新宿に行った。
雑踏の中に座って60センチの高さから群集を仰ぎみた。
大都会に沈む夕陽の大きさに、わき上がる不安を確認した。
早朝の街にハトが舞上げるホコリや夜の名残りのイカガワシイ雰囲気を
呼吸してみた。
次の年から、新宿を中心に25年間を過ごした。

友人たちと何度も家に押しかけては飲み食いさせてもらった。
三宅島に行ったり、熱海の家にもお邪魔した。
氏が30代後半の頃だったろうか。ただうるさくてメイワクなだけの
バカモノ連中だったとろうと思うけど、よく付き合ってもらえたもんだ。
と、今ごろ赤面する。
ワタシだったらあんな図々しい奴ら、ガマンできんぞ。

安らかにお休みください。もう手塚さんや高田渡さんとは会えたかな。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

84才の筋トレ

7月5日(火)うす曇り

5時過ぎ起床。
雨が上がっているので自宅まわりの畑の防除、3時間。

昼過ぎ、84才の母は「高齢者のための筋トレ」なる催し物に参加。
市役所まで送る。開催地は近くの温泉施設のトレーニングルーム。
夕方、ニコニコと帰って来た母に聞けば、今日は身体検査だけだった様子。
次回から週2回のペースで「楽しい筋トレ」が始まるらしい。
高齢者の筋トレってどんなんだ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日も雨

7月4日(月)今日も雨

「とど&アシカ新聞」を制作中。

「のだめ」12巻まで読了。面白さが持続している。
初期の「GREEN」とは比べモノにならないくらい面白い。
スタッフ(編集者)の腕もあるのかしらん。
フランス語の独習シーンを読んでいて電車の中で大声で笑ってしまったのは
アシカさんです。

「20世紀少年」19巻もまたスゴイ。
登場人物のケンジは赤★さんに似ている。といってもきっと誰も知らないよね。
某農業フォーラムの著名人なんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんくるないさぁ

7月3日(日)雨

デスクワークしながらイクシーさん(友人)に貸してもらったDVDを見る。
ビギンの15周年コンサート。いいですね。ビギンはくり返し見たり聞いたり
しているからなんだか何度もコンサートに足を運んだ気になっているけど
実は行ったことはない。残念。
「深呼吸の必要」ってなんだっけ見たかったような気もしたけど‥‥と見始めたら
仕事はそっちのけで本格的に見てしまった。
都会の若者が沖縄で「キビ刈り隊」に参加する話。
役者が新鮮で面白いなぁ。評価‥パンダ3匹と右手。
人間一度はこのくらいの重労働を経験していた方がワシはイイと思うさぁ。
「なんくるないさぁ」は映画の中でオジイが困った時でもまず笑顔で言う言葉。
どうってことないよー、なんとかなるさ、の意です。
みんなも覚えとこうねー。
何があってもなんくるないさぁ。

大雨で畑がビショビショで木がアップアップしてても、
西の端の木にスリップス(害虫)が取っついても、なんくるないさぁー。
いっいや、ちょっと困っているぞ。早く雨が止みますように。 m(_ _)m


ちょっと地球防衛軍通信
kurodai-05-6-22sasimi-6-23写真は
ぶーわん
オーナーが
釣り上げた
黒鯛です。
どうですこ
の嬉しそう
な顔。

オーナーに負けずに田島さんはイワナ、磯沼さんはサツキマス、
秦さんはイトウ、メンチさんはナイルパーチを釣り上げて、
それぞれ写真を送ってきなさい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ヨーダがかっこイイんだ

7月2日(土)一日中雨

夕方、「スターウォーズ」を見に倉敷のシネコンに行く。
どのシーンも作り込みがすごくて圧倒された。
正直、生きてエピソード3を見ることができて良かった。とまで思った。
失われていた1ピースを埋めて全てをリンクさせるためだけの
エピソード3ではなく、ダレの少ないイイ映画になっていると思う。
エピソード4から3までの28年間リアルタイムで映像の楽しさを見せてもらう
ことのできたシアワセを感じています。評価‥パンダ4匹と上半身。

 ワタシとしては、ついスピルバーグと比較したくなるのでして、
 暴言を承知で吐けばスピルバーグはルーカスと同時代にいたのが
 不幸でしたね。彼のどの作品をもってしても2流の人にしかみえません。
 たった一つの「思いつき」だけで軽率にも映画にしてやろうという
 意図しか汲み取れませんな。
 そのあたりが作品に浅い感じを与えてしまいます。

見終わって、イイ気持で雨上がりの夜道を車をすっ飛ばして帰りました。
もっとも、過去スターウォーズを見た直後に何度かスピード違反で
捕まっていますのでそれなりの速度で走りましたけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

豪雨じゃん

7月1日(金)小雨→大雨

雨ふりなのでトウモロコシの間の草取りなど。
葉影にしゃがみ込んで蚊やアブとタタカイながら、ひたすら草を取る。
このジミな作業が最近は人気で就農を希望する若者が後を断たない。ウソです。

午後、乗用草刈機に乗ってぶどう畑を軽快に草刈をしていたら、
アシカがケイタイ電話を片手に急いでやって来た。
ぶどう棚の設置会社からであった。材料を取に行く約束をしていたのに
すっかり忘れていた。急ぎ、軽トラで北に40分ほど走る。
途中、小雨は豪雨に変わり道路は川のごとし、対向車の大型トラックの跳ね上げる
水のカタマリで前が見えない。速度をかなり押さえて走る。
地面に叩き込むアンカーを100本ほど積み込み、事務所で雑談。

このあたりでもぶどうの新規就農者が6人ほど増えるらしい。
2年間は研修期間ということで15万円/月の補助、畑も住宅も用意してくれるって
ことで早速ワシも申し込もう‥‥かと思ったぞ。
うちのHPを見せながら農地の説明をしていると「アシカのアトリエ」をクリック。
カリグラフィーの小作品を見ながら、マジックを持って手元の紙に文字を書き写し
始めた。「ワシなぁ、実はこーゆーの好きなんよ」
「仕事を辞めたら習いにいこうかなぁ」とつぶやく。
真っ黒に日焼けした顔をほころばせ、画面を見ながらごつい手を動かしている。
好きだと言うだけあって、なかなか上手い。
それにしてもサンプルを見てすぐに書き出す人を見たのは初めてである。
 *日焼け顔のオークラさんにアシカさんから伝言です。
  いつでもおいでください。駅前のカリグラフィー教室でお待ちしております。

豪雨の中を帰る。しかし、200mほど走ったらなぜか渋滞。
トロトロと走っていたら急にエンジンがブルルストンと止まった。
大量にに水をかぶったせいで電気系統のトラブルか?
エンジンの回転がなかなか安定しない。しばらく道路ワキに避けて
アイドリングを続けたら持ち直した。やれやれ。
小1時間待ったが渋滞はひどくなるばかりなので、Uターンして
別の山越えの道に入る。
しかし、こちらも渋滞で動きがとれない。山崩れか?
やむをえず高速道路に乗って遠回りして帰った。あーくたびれた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »