« 清里から軽井沢に | Main | ホントのログです »

眠気とのタタカイ

7月25日(月)晴れ

昨夜はNoRoさんのロフトを占領して、バク睡したのであったが
悲しいかな百姓のサガで午前5時には目が覚めてしまう。
NoRoさん一家は連日の過激な労働で起きる気配もない。
起こすにシノビないので、まるで夜逃げのように立ち去る。

noro写真はNoRoさんの看板。
三年ほど前にアシカが作りました。
まわりの木も大きく茂って
イイ感じになりました。

NoRoさんはピザやパスタも美味しいけれど、
厨房内で忙しく働くマスタや
テーブルからテーブルへとキビキビ動く
ちょろさを見ながら、のんびりビールを
いただくと、たまらんシアワセ感があります。
地球防衛軍の諸君は、今夏ゼヒ行くように!

あちこち寄り道したいところではあるけれど、今回はまっすぐに
伊賀を目指す。アシカと運転を交代しながら、上信越から中央道、
東名をわずかにもどって東名阪自動車道の下柘植で降りたのが
お昼ちょっと前。陶芸家氏に電話して迎えにきてもらった。

ちょうどお昼時だったので、ブタのテーマパーク「もくもく」に行く。
放し飼いのブタくんがウロウロしている園内を歩いてパンや燻製の工房を
見ることが出来て、バーベキューや生ハムを食べられる。
お客さんは地ビールを飲みながらブタの焼肉を食い、表を普通に散歩している
ブタくんを可愛くて清潔でオイシソーだねとながめている。
お土産に買ったソーセージがタイヘン美味しかった。リピーターになりそう。
ここの「ソフトクリーム」はイケます。清泉寮のより美味しかった。
ワカモトクン伊賀に行ってみたまえ。君の好きなソフトクリームがそこには
あるぞ。ジャージー牛さんのミルクで作っているそうです。

9月の倉敷「収穫祭」を打ち合わせ。工房や家を見せてもらったり
しているうちに夕方。
国道1号線まで送ってもらい、栗東から高速に乗る。
眠気とタタカイながら、ひたすら走る。しかし、ついに力尽きてサービスエリアで
二人ともぐぉーぐぉーと眠ってしまう。
トラックのライトに照らされて起きると日付けが変わっていた。
さて、ここはどこなんだろうと見れば、なんだ地元じゃないか。
地元のサービスエリアでぐぉーぐぉーとワシラは寝ていたのか。
夫婦二人で1時間もアホな寝顔を公衆の面前でさらしていたのか。
ちょっと恥ずかしいぞ!
自宅に帰り着いたのは1時半。倒れるように寝る。

7陶芸家氏の工房。
柔らかな、土味の作風が彼の特徴。
手に取りたくなるほど美しい色調の帯留めは
奥様の作品。
「収穫祭」用のスペシャルもそろそろカタチに
なっております。

みなさま、お楽しみに!

|

« 清里から軽井沢に | Main | ホントのログです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/5170937

Listed below are links to weblogs that reference 眠気とのタタカイ:

« 清里から軽井沢に | Main | ホントのログです »