« チョコレートに生きる | Main | うー暑い! »

チョコは夢のように溶けてしまった

6月23日(木)くもり

朝、自宅まわりの畑に海草エキスを散布。枝の整理。

昼過ぎ、チョコレート屋さんの家を訪ねて線香を上げる。
話好きのオヤジも、彼が作り出した素敵に美味しいチョコレートも
一切が失われてしまったのがまだ実感できない。
レシピは残っているようだが、継ぐ人がいない。
またレシピだけでは誰も再現出来ないらしい。
そりゃそうだよね。
口に入れた途端にサラと夢のように溶けてしまう、濃厚過ぎない大人の味。
他じゃ食べたことがない。
日本中の多くのファンはこれからチョコレート難民となって
世界を放浪することになる。
貴重な文化遺産が消滅してしまった。残念至極。


6写真はコンペイトウ。
山の畑カンパラの隣のばあちゃんが
「若いヒトがキビキビ動くのは見ていて
キモチガイイ」とくれた。
若くも無いし、キビキビでもないの
だけれど、時間が無いから
走りながら作業をしているだけです。
でも、きれいでかわいいコンペイトウを
ありがとう!

|

« チョコレートに生きる | Main | うー暑い! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/4683757

Listed below are links to weblogs that reference チョコは夢のように溶けてしまった:

« チョコレートに生きる | Main | うー暑い! »