« 読んだ端から忘れる | Main | クージョが来るじょ »

1号機、緊急発進せよ

5月30日(月)雨が15滴パラつくほどの農作業日和

深夜2時、アズに起こされる。エサを出す。知らんぷり。窓を開ける。出ない。
階下に誘導される。エサを出す。無視。窓を開ける。何をやってるの?と見上げる。
あーもう知らん!勝手にしたまえ黒ネコくん、とふとんに戻る。

眠れないので積んだ一番上の本を開く。朝方まで一気呵成に読んだ。
あぁ面白い。やっぱ、らもさんは面白れえや。出てくる爺さんに、らもさん自身を
投影している。爺さんまでとは言わないが、もう少し長生きして欲しかった。
「ロカ」中島らも 読了 パンダ3.8匹
ギターの好きな「■ー■さん」や楽器の出来る「翁さん」は私の3倍は楽しめます。
読みなさい!ついでに、日本の冒険小説で最もオススメなのが、同じ作者の
「ガダラの豚」。これ面白いです。読んでない方は是非読みなされ。
ワクワクドキドキ楽しいぞォ。

早朝、山の畑バルキとsoraで水やりと木の周りの草取り、4時間。しゃがんで
ひたすら草を抜いていると、熱血野球マンガのドカベンになった気分がするぞ。
どーだ、君もやってみないか?

5午後、新しく借りた畑カンパ
ラにバーク堆肥が届いた。
この一山で約3トンあります。
届けてくれた兄ちゃんの眉が
あまりに細くて、見とれてし
まった。ぶっ太くて立派な眉
があるのに、どしてわざわざ
カッコ悪くすんだろね。
このバーク堆肥は苗を植える
時に入れたかったのだけど間
に合わなかったんだ。
でも、あまりにもヤセた畑な
ので、今からでもと苗の周り
を被うように20kgずつ一輪車で運ぶ。‥‥うちは屋根の上には乗せない。(私信)
向こうに広がる緑の若葉ははタバコ畑。きれいですねェ。
タバコってすぐに育つんですね?
「いんや、今年は雨が少のうてのぉ。去年の半分の大きさにしかなっとらん」
とは生産者の弁。失礼しました。

持って行ったお茶はアッという間に飲み干して、頭に浮ぶのは年に一度も飲まない
あのコラコーラの500ミリリットルサイズ。あー飲みたい。ルートビアでもええぞ。
しばらくガマンしていたが、軽トラのエンジンも高らかに5分ほど西の
平松商店さんにコーラを買いに‥‥あー、プスプスって何だよ。
起きろエンジン!どうした軽トラ。ウィーン、プスプス。
まったくこれだから中古は‥‥じゃないな。
こっこれはガス欠じゃねえか。バーロー。
ハロハロ、こちらサンダーバード2号、本部聞こえますか?
カンパラ砂漠で作戦実行中にガス欠になっちまいました。
もしかして、ひよっとして、お忙しくなければ、倉庫の農業用ガソリンを
持って来ていただけないでありましょうか?
丁寧な懇願は時としてヒトを動かすのだ。
10分後アシカ隊長が10リットル入りのガソリンタンクを小脇にかかえて
1号機からにこやかに降り立った。

|

« 読んだ端から忘れる | Main | クージョが来るじょ »

Comments

トドさま。
ここんとこ快調にぶっ飛ばし続けていらっしゃいますが、今日のは特別にオモシロかったですぞ。楽しい農作業、私もブドウ畑を作りたくなっちゃいましたよ。ドカベンにもなってもいいですわ。キャッチャー座り得意です。セカンド送球も矢のようです(これはウソ)。
うちの屋根のバークはエンジン全開でパンジーを満開にさせてます。4日後にはバンコクに飛んでいきまーす。

Posted by: ヤマネ | May 31, 2005 at 04:16 PM

ハロハロ、ヤマネさん。
ぶどう畑、ぜひ作りましょう。楽しいですよー。ホント楽しいんだから。
お宅の場合はバークもいっぱい屋根に乗っかってることだし、
どーです屋根の上に植えてみちゃあ。

もうすぐ、お出かけですね。ウラヤマシイ。
「ぶどうの袋をかけたら、もーゼッタイ気分転換しに行くからね」つて
タイチョウ殿に日々通告されています。
ウチもどっかに、オキナワくらい行きたいであります。

Posted by: トド | June 01, 2005 at 07:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61825/4335915

Listed below are links to weblogs that reference 1号機、緊急発進せよ:

« 読んだ端から忘れる | Main | クージョが来るじょ »