« 「古民家再生」は良いですね | Main | 芽が動き始めた »

雨の日もミステリーは読めない

4月12日(火)うす雲リと思ったら雨

朝、アシカと山の畑にポリフィルムの屋根をかけに行く。
30分ほど作業したら、雨足が激しくなったので中止。
火をおこして盛大なたき火を始める。何しろまわりは雨なのだから
山火事の心配はないのだ。あはは、いっぱいの消し炭を作った。

午後も雨なので30キロほど北方の、ぶどう棚の製作会社に
棚の構造の相談に出かける。
「使ってみて」と試作の薄手のポリフィルムをもらった。
このところ石油製品の値上がりが激しいので、来期は薄手の
フィルムに代えようかと思っていたので、早速テストしてみよう。
ついでに言えば鉄材の値上がりもすごくて、鉄パイプなどの棚の部材が
1.5倍に値上がりしている。これにはアタマが痛い。
やむを得ず、農産物の値上げを考えている農家もあるらしい。

帰りに近くのとうふやさんで美味しいとうふ数種を買って、
陶芸家氏に差し入れる。彼にはプロフィールを体裁良く、
まとめて欲しいいと頼まれているのだが、まだ手をつけていない。
手を付けていない仕事は他にもいくつかあって少々アセり気味。

西に20キロ走って肥料屋さんに植えつけ用の木の皮(バーク)堆肥を
160kg買った。ぶどうの苗と園芸用に使うつもり。
雨の日だって読書ってわけにはいかない。やることはいっぱいあるのだ。

|

« 「古民家再生」は良いですね | Main | 芽が動き始めた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雨の日もミステリーは読めない:

« 「古民家再生」は良いですね | Main | 芽が動き始めた »