« February 2005 | Main | April 2005 »

カリカリローズマリー

3月30日(水) 晴れ、天日風呂の湯が熱くて水でうすめるくらいの晴天。

朝一番でアシカと山の畑に上がる。
雑木と竹を伐採して畑を広げた。
なんだか労働しただけ、畑の面積が広くなるので単純にウレシイ。
切った木や竹はアシカがガンガン燃やして消し炭にした。
炭は土壌改良として使いたいから、いくら有ってもありがたい。

午後は駐車場の花壇を作る。セメントをこねて煉瓦を積んで行く。
アシカは妙に黙りこくってやっていたと思ったら、
急に振り返って「煉瓦を積むのってすごく面白いね」と一言。
なーんだ、楽しんでいたのか。したらこんどは煉瓦の家でも建てっかね?
ブーフーウーの「ウー」の家みたくね。
2段積んだところで今日は終了。
なんのことはない煉瓦の買い置きがなくなったのだ。

30今日の画像は
ローズマリーの花。
効能は昨日書いたけれど、
この葉っぱ、食べられます。
オイルで、ちょいカリカリに焼くと
大変美味しいです。
ベイクドジャガイモやカリカリベーコン
にも合います。お試しあれ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

黒川温泉に行きたい

3月29日(火) すこし春霞だけど晴れ

相変わらずセキがひどいので半日寝て過ごす。
「黒川温泉のドン・再生の法則」後藤哲也、読了
何もウリのない「黒川温泉」をどうやって、今一番の人気の温泉地にしたか。
日本全国金太郎飴のように同じような町作りがなされている現状の中で
どうやって独自性を打ち出せたか。なるほどと思う点が多々ある。
しかし、そこまで規制しなければなんねかねとも思うが、なんねえのだろうな。実際。
黒川温泉、行ってみたくなった。んで、インターネットで予約状況を調べてみたら
著者の経営する宿はずいぶん先まで空きは無いようだ。残念。

3.29ローズマリー写真はぶどう畑の端っこに
植えているローズマリー。
効能は、気分を元気づけ、心を強化。
頭脳を明晰にし、記憶力をよくします。
んで、ワタシは運転席に置いています。

頭痛や言語、聴覚、視力などの回復を
助けます。
筋肉痛、痛風、リウマチ痛などを
和らげます。
肝臓、胆のう、消化器官にも、良いです。
肥満を改善します。‥‥うむむ、いいねえ‥‥ホントかねぇ。

美容の面では
肌を強化し、引き締めます。老化した肌を若返らせる効果があります。
フケ、脱毛に悩む頭皮を改善し、髪の成長を促進します。
おお、素晴らしいじゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうすぐサクラが‥‥

3月28日(月)小雨けぶる朝
ストーブの不完全燃焼で痛めたノドがヒーヒー痛むので
村医者まで出かける。
ノドを痛めて、カゼになって、こじらせて長引いてしまう
ってのがワタシのいつものパターン。
早めの対処が肝要とはわかっていても‥‥つひ夜更かしなどしてしまう。
今回は早めに、と出かけたのだが、病院には村中のカゼひきさんが
集まっていてかえって悪くなりそう。

待ち合い室にナゼか児童がいっぱいいる。回覧板をご近所に届ければ
やっぱり子供が集まっていてゲームに夢中。
そうか、世間は春休みなのか。と、やっと気付いた。

外気にあたらないようにデスクワークをしていたのだが、
一向にノドの調子は良くならない。それどころか朝方まで
セキ込むようになってしまった。
こんな夜でもあずきさんは容赦ない。
外に出たい、マドを開けてくれニァ。帰って来たぞ、早よ開けんかいニァ。
と何度も起こされる。

3.28姫コブシ写真は「姫こぶし」。

現在、庭では「さんしゅゆ」の
黄色い花が満開。

家の裏にある大木の「つばき」の
あちこちに赤い花が見える。
つばきの花はボタボタ落ちるので
掃除が大変なんすからもう。

前の畑の「さくら」の開花には
あと一週間ほどかかりそうです。

さくらの咲き始めとほぼ同時期にぶどうの新芽が展葉し始める。
その直前に「石灰硫黄合剤」を散布するのが、病害虫に対して
最大の効果を生むとされている。寝ている場合じゃありませんですよ〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あたまカクして

3月27日(日)朝のうちは晴れていたのだけれど
一日デスクワークの日にしてしまった。

3.27リキとさくら3.27さくらレモン左の画像は
先日脱走騒ぎを
起こしたリキ
(甲斐犬)と
さくら
(ビーグル)。

一度山に入って
から、隣の町に
降りて来たらし
く仲良く散歩し
ている所を偶然
通りがかったご近所のおじさんに保護されました。

さくらが小いさかった時にはレモンも興味津々だったのに、
同じくらいのサイズになった今ではちょっと腰が引けています。
し、下の写真はレモンちゃんのシッポ!!

3.27レモンシッポ以前から自分よりも大柄な
リキはニガテなんだけど、
いくらなんでもこれじゃ
失礼ってもんでしょ!
オーイ、頭だけ隠しても
ダメだってば!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと花壇のベースが

3月26日(土)天日風呂のお湯が熱いくらいの「晴れ日」

3.26煉瓦花壇を作る。
大きさは70cm×600cm。
駐車場のワキに溝を掘り、小石を
入れて目分量で平らにならした。
水準器?そんなものは持っていない。
小石の上にセメントをでへでへと
入れてから、一番下の段だけ
煉瓦を並べてみた。
本日はココまで。

石垣の上はピオーネの小さな畑。
横に長いのは昔のデンチュウでござる。


ライブドア vs フジTV & ソフトバンク の争いを、
友人がわかりやすく解説してくれた。
「あんな男のものになるなら、こっちの大金持ちの愛人になってやる」
‥‥‥なるほど。
いずれにしろワシは「TV」なんか見ぃひんもんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

熱い想いを語る

3月25日(金)晴れているが寒い、冬のような寒さじゃん

昼食代わりのアシカ特製「かぼちゃ入り蒸しパン」を食べながら運転。
20kmほど北の山中に仮住まいしている陶芸家氏を訪問。
パンフレット制作の打ち合せ。
「野焼き陶芸」のスペシャリストである氏、今回は備前焼きにトライ。
「縄文に学び、現代窯を走破し、未来を熱く語る」
腰の入ったアーティストの話はいつだって面白い。
ちょうど初めての窯出しが終わったばかりで、備前から運んで来た
荷物の荷ほどきをアシカと二人で手伝う。
箱を開け、包まっていた新聞紙を剥がすと、意表をつくカタチが
オドリ出て大変面白い。どれも重く、力強い作品である。

3.25a3.25b

| | Comments (1) | TrackBack (0)

トンボ玉は小宇宙

3月24日(木)今日は良い天気のはずだったのに‥‥雨
朝、4時にアズ姉さんに起こされるマドを開けて出してやった。
深呼吸をすると昨夜のカゼ薬が効いたのかスッキリと気持がいい。
気持がいいので起きてしまった。
多数の友人にメールを送ったり、畑のレイアウトを考えたり。

TVで「半落ち」を見た。評判が良かったので期待したのだが、
あんなもんが日本アカデミーの作品賞なの?
あれで主演男優賞なの?ってびっくり!
キワメツケは最後の、ひねくり回したようなキショクの悪い歌声の
森山直太郎。あぁ時間を損した。


3.24トンボ玉3.24トンボ玉2
写真は昨日訪問し
たシラヒゲ先生の
工房。
トンボ玉はこんな
風に作ります。

小さなガラス玉の
宇宙の中に、あざ
やかな色が重なり
とけ込んで浮んで
います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

美しいアジアの布

3月23日(水)小雨の朝
ノドが痛くて何度も起きる。どうやら石油ストーブのワル悪い空気に
やられたらしい。

昼過ぎ、55km東南方向の町に住む高校時代の恩師「シラヒゲ先生」を訪問。
シラヒゲさんは今も現役の先生であり、画家であり、トンボ玉作家である。
今日はそのガラス工房を拝見させてもらった。
小さなガラス玉の宇宙に広がる色の重なりが大変に美しい。
ウムム‥‥ちょっとやってみたいカモシレナイ。
やり始めるとハマッテシマウカモシレナイ。
アブナイ、アブナイ‥‥‥。


〔地球防衛軍通信〕
軽井沢の「ヒマラヤハウス」さんが「アジアの布」の展示会を行います。
期間は3月30日(水)〜4月5日(火) 場所は広尾の明治屋の2階。
アジア奥地まで足を運んで仕入れた各地のシルクや刺繍は
どれもこれも滅多に見られない逸品揃いです。
都内在住の各隊員は作戦を一時中断してぜひ訪問してください。
3.23kanata3.23tassar

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨の日は眠い

3月22日(火) 早朝から一日雨
雨の日はひたすら眠い。アズ姉さんもビリー君もレモン嬢も眠そう。
かく言うトドさんも、さっきから眠くてあくびばかりしている。
動物は体力の消耗を防ぐため、雨の日は眠くなるらしいねぇ、ふぁぁ〜。
いや、決してデスクワークをしたくないって言ってるワケじゃ
ありませんです。はい。
できれば、雨の日にさっさと片付けてしまいたいことは
いっぱいありますですのじゃ。
「朝、なんか飲んでなかった?」
いえいえ、私しゃ薬と名の付くもには一切キライでしてなぁ。
えっ、ああそうか朝一番で鼻炎の薬を飲んだセイだな、こりゃ。
ああぁ、それにしても眠いや。

で、気の乗らないままデスクに一日。
大事なクライアントさまは見ていないよね、この日記。

夕方、ぶどうの挿し木とトマトの種を播いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

通いの週末百姓

3月21日(月)晴れて空気もキラキラしている
50km南の町から通いで週末百姓をやっているフジーさんのぶどう畑に
赤いぶどうの枝を6本届ける。鉢植えで栽培したいらしい。
  ぶどうの枝は、ただ地面にさしておいても根付きまーす。
  もっとも、より丈夫な台木に「接ぎ木」してやらないと、
  病気に弱かったり、育ちが悪かったりはありますけど。
ところで、彼はこの三連休は畑で寝泊まりして百姓三昧だったようです。
アウトドア生活でさぞやお疲れではと思ったら、
なーんか、晴れ晴れとした顔でした。基本的にアウトドアが好きなんじゃね。
もうすぐワラビが出るし、タラの芽も出るから取りに行こうよと誘われる。

農場に行く途中、林道をのんびり歩ってるおばさんハイカー二人を見かけた。
帰り道にもう一度出会ったら、道端で楽しそうにお弁当を食べていた。
いいなあとは思うが、こーゆー「遊び」は自分には一生かかっても
出来ないだろうなぁ。

ぶどう棚の補強をして、花の植替えもして‥‥いる内に暗くなってしまった。
あぁ、時間が足りないぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みんなブログを読んでいる?

3月20日(日)晴れていたのに‥‥シャンとしない天気だなぁ
シャンとしないはこのあたりの言い回し。
畑に出ているとご近所さんが「シャンとせん天気ですなぁ」とか
「ひょんな天気じゃなぁ」と話しかけては立ち去って行く。

朝一番、ぶどう棚の下にしゃがみ込んでハーブ摘み。
ローズマリー、ミント、フーチバ(ヨモギ)をビンに入れて
木酢液を注ぎ込んだ。さーて、コレ何に効くでしょうかねー?

リキとさくらが帰って来た。
山に中のどこかで、このブログを読んでいたらしい‥‥
早速、見に行ったら、なんだか「スマナサソウな顔」のリキが
小屋から顔を出していた。さくらはただ能天気にはしゃいでいる。
とまれブジで良かった。

野良作業はぶどう棚の補強。
台所のビンににさして、時々食卓にも登っていたローズマリーの枝、
いつの間にか根が出ていたので鉢に植え替えた。5鉢。
イサギヨイほどの立性です。品種はトスカーナだったかなぁ。

18:30家に入る。暗くなるまで作業できるのがうれしい。

お彼岸なのでお客さんが二組。倉敷から二人。大阪から四人。
どちらもお犬サマを同伴。ギャバリアとミニチュアダックス。

3.20sina3.20dax

| | Comments (2) | TrackBack (0)

リキ・さくら帰っといで

3月19日(土)せんたく日より
午前:アシカと山の畑で枯れ木や竹を燃やして、すもも畑を拡張。
拡張と言うよりも森を遠ざけてイノシシが出にくくするのが目的。
燃え尽きたところで水をかけて「消し炭」にする。
「消し炭」は土壌改良剤としてすももやぶどうの木の周りにまいている。
炭のたくさんの細かい穴は微生物の住家となる。

午後:今度は山の新しい畑に行き、できるだけ正確に寸法を測る。
それほど広い畑ではないのだけれど、ラウンドしているので
直線が出しにくくて二人で右往左往。
複雑な3次曲面なのでちょっと困惑。
基本的には南北方向のタナにしたいのだが、地形からすると一部は
東西方向の方が自然に見える。さてどうしたものか。

ご近所のリキ(甲斐犬)とさくら(ビーグル)が無断外泊2日目。
大変にジェントリーな犬たちなので心配はないとは思うが、
山に入ったらしくて探しようがない。
このHPを見ていたらさっさと帰って来なさい。
お父さんは心配しているぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恐くて、悲しくて、うまい

3月18日(金) くもりと小雨が交互にやってくる
あちこちの畑をウロウロするが、一日中、ただウロウロしていただけ
のような気もする。
野菜の種も播かねばならねのに、おおそうだ!本業だって
いくつかまとめなければなんねのだす。アセる。アセる。

子供の頃のクイズで「恐くて、臭くて、美味いもの、な〜んだ」ってのが
あって‥‥正解は鬼がトイレでまんじゅうを食っている。なんだけど。

うちの父(88才)も食事時に「恐くて」「悲しい」時がある。
基本的にTVを見ながら食事をするのは好きではないのだが、
音が無いとサビシイと言われてTVをつけてメシを食っている。
でも、時たまに母が画面に目をやるくらいで、父はほとんど見ない。
と言うか目を閉じて一心に咀嚼している。
アシカは横位置で見ヅライし、トドにいたってはTVに背中を向けている。

そして、父は健啖家ではあるがゆっくり、ゆっくりとごはんを食べる。
最初に母が食べ終え、続いてアシカがハシを置く。
2ハイ目をおカワリしたトドが食べ終わっても、父の茶わんには
まだ半分くらいの量が見える。
父には申し訳ないけれど、毎回の食事に1時間半もかけるわけには
いかないので先に食器を下げ、片付け、洗う。
まだ無念無想で食べ続けている父のお茶を入れ替えて、
一旦それぞれの仕事にもどる。
何分かおきに交互に食堂をのぞいて見るのだが、なかなか終わらない。
一仕事終わってのぞくと、さすがに食べ終わっているが、
時々しょんぼりと肩を落していることがある。

声をかけると「ワシャー、悲しくてかなわんぞ」うん?どうして?
「TVを見ていたら、世の中こんなにツライことばっかりあるじゃないか」
「悲しゅうて、やれんぞ」
振り返ると、TVはタモリも小堺クンも出番が終わって、昼メロが
これでもかと不幸のオンパレードを展開しているのだ。

夜の食卓では恐怖におののいている時がある。
「なんと、世の中はコワイことばかりが起きとるがな」
TVのチャンネルは「ホンコワ」や「本当はコワイ家庭の医学」
なんて番組が霊や病気を持ち出してたっぷりと怖がらせてくれている。
一心不乱に陶然と口を動かした至福の食事が終わって、
目を開けばTVでは「恐くて」「悲しい」世界が繰り広げられていて
落差にがく然とするらしい。

早々に救出して、安全なベットに連れて行き寝かせる。
最近では、一人にする時には番組表を確かめるようにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「本」を殺したのはだあれ

3月17日(木)ずっと雨
通信社主催の集まりに出席。倉敷国際ホテル。
本日のテーマは「誰が本を殺すのか」。講師はもちろん佐野眞一氏。
同名の本の概要と文庫化した際に加筆した部分を簡単にふれる。
「本」を殺す犯人は誰よりも読者である。の結論に導かれる。
本・出版・パブリシティをモチーフにした文明論、と言う素っ気無い
説明では佐野さんに納得してもらえないなぁ。もっと切実な日本文化の
危機感の訴えを聞いた。
 希有な友人平野書店さんは現状をどうとらえているだろうか、
 久々に話をしたくなった。
関連してホリエモンvsフジTVのメディア、NHK vs 朝日、西武、ダイエーと
多岐に渡る話は面白かったが、うつむいている経営者の姿もちらほら。

主催者、造り酒屋さん、上智大学の学生氏と同じテーブルとなり
食事中、古書、アマゾンなど本をめぐる会話も面白かった。
やはり、たまには他人と会話をせねばならんなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みどりのジャガイモは

3月16日(水)夜の内に雨が降った。降らんでもいいのに‥‥
ぶどう棚を直したり、
午後は山の新しい畑にアシカと上がって測量。
あまり広い畑ではないけど、ここには美味しくて気軽に買えるぶどうも
植えるつもり。デラウエアのような品種をね。


何故か????
このニフティのプログとマッキントシュPCは相性が悪いのかも知れない。
4っつ目くらいからなぜかコメントが付けられない。
ツリーにならんじゃないか。
あまつさへフリーズしてしまうがな。どうなっとるんだろ。
タレか教へてくれたまい。

そんな訳で、またしてもこちらにヤマネさんへの通信を書くのだけど、

>それで気がつくとイモが露出してて、緑っぽくなっていたんですね。
>そうか、結構深く植えなくちゃいけないんだ!
 あまり深く植えると芽が出にくいし、水はけも悪くなるかも知れません。
 土寄せをたっぷりしてやる方がいいでしょう。
 できれば2回、萌芽揃い後とつぼみが出たころに土寄せします。
 ところで、緑化したイモは有害のようですよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

消しゴムからコンピュータ

3月15日(火)朝はちょいとキリが‥‥と思ったら今日はくもり日だ

〔防衛軍通信〕

3.12nao1こん美しか花嫁は誰あろう、
ミヤハラさんちのナオちゃんなのだ。
八方尾根を一気に滑り降りても
息も弾ませなかった、あのスポーツ
少女がいつの間にか花嫁である。
時がたつのはホンマに早いなぁ。

3月12日軽井沢で挙式。夜はNoRoで
大宴会が行われた。
ミヤハラ氏(画面右端)は本格的
草野球チーム「地球防衛軍」の最も
初期のメンバーであり、エースピッ
チャーであった。
この日、我らがエースは感極まって「泣いた」わんわん泣いた。
ふさこさんは左端で昔と変わらぬニコニコ顔。
ミヤハラさん、ふさこさん、ナオちゃんおめでとう!

もうちょっと大きい写真を見たければちょろだよりをクリックしてください。

皆の衆「NoRo」は3月13日(日)から営業を始めています。月に3回は行くように!
文房具は「消しゴムからコンピュータまで」がキャッチフレーズの「ミヤハラ」で
買うように!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オコッペのチーズ屋さん

3月14日(月)今日は晴れてて、ちょっと暖かい

ぶどうの木にトウガラシ+ニンニクフレーバーの木酢液を
ズッポリと浴びせかける。
噴霧機のホースがゆるんでいて、自分にもズッポリと
浴びせかけてしまった。そんで一日中、木酢液くさい!
え?どんなニオイだって? ん〜とねぇ。
一日中ニシンのクンセイを左手で握りしめているってカンジかな。
ワシは燻製スキだからいいんだけどね。

雪まじりの寒風の中、山の畑で3時間ほど「芽キズ」を入れる。
ぶどうやすももに直接の被害はないのだけど、
あちこちにイノシシが掘りまくった跡がある。
もちろんフンもいっぱい残して行った。

夕方、懐かしい北海道はオコッペのチーズ屋さんから電話。
1999年4月に納品したシールのリピートを依頼される。
さて、版はまだ残っているだろうか?
おーい、当時の担当のニノミヤさーん居るかなぁ?有るかなぁ?
と彼にも6年ぶりに電話する。

ところで、どんなチーズを作っているかって言うと、こんなんです。
見たいっしょ? ええっとね、「ココ」クリックして見てよ。
ワシの好きなんは「タレッジオ」と「リコッタ」と「モツァレラ」
「ゴルゴンゾーラ」もいいなあ。っとワインが飲みたくなっってきたぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花壇はいつできるのか

3月13日(日) おだやかな春の日射しに粉雪舞う
        どんどん舞って吹雪のようでもある。

駐車場のワキに70cm×6mほどの花壇を作ろうとしている。
正確に言えば「作りなさい」とハルカ以前から指令が降りてきていたのだ。
誰からって‥‥そんなこと聞かないで欲しい。
ここには季節の背の低い花をどーんとメニーメニー植えるはず‥‥
‥‥だったが大鉢に植えたままで、もてあまし気味のオリーブ3本を
ここに植えようって話に変わった。
う〜ん、いいアイデアかも知れない。近くにフェイジョアが在るし、
シルバー系の葉がそろって美しいかも。
んで、オリーブの足元には一重のマリーゴールドだな。
苗を用意しなきゃなるまい。
まずは花壇の基礎を作るべく寸法を測って掘り始めた。
でも、あんまり寒いのですぐに止めた。
こうして、いつまで経っても花壇は出来ないのだなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハウル面白し

3月12日(土)くもり、寒い
寒いから、思いきって「オペラ座の怪人」を見ようと思ったのだけど
時間が合わないので「ハウルの動く城」を見に行った。
散々、酷評された後だけど、ワタシは面白かった。
散漫、中途半端と書かれていたけど、そんなにキッチリ作り込んだ
モノばかりでなくても、コレはコレでイイのだと思うよ。
まだ見ていない人は(あまり居ないと思うけど)ぜひ見るヨロシ。
劇場で見てください。現在の日本が誇り得る文化です。
何が素晴らしいってイマジネーションを具現化している「絵」が
一番素晴らしい!

>ヒマラヤさーん ジャガイモの植え方です。参考になる?
ブログの設定が間違っているのだと思うけど、3/9(水)のツリーに
何故かくっ付けらんないので、ここに付けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あーっと、言うてることと写真がちょっと違いますね。
さすが、アウトドア系のライターは鋭い!

えー、残念ながらわが家の菜園は長い間、化学肥料に頼った栽培を
やっていまして、放っとくと土はカチカチになってしまいます。
最近ようやく有機肥料を主体にした農法にもどしつつありますです。

通常ジャガイモを植える時には7〜10日ほど前に、石灰と完熟堆肥を
施してから耕しておきます。
しかし、毎度のコトながら、わが家では、急に今日植えようなんて
話になることが多いので、石灰よりもすぐに植えても問題のない有機石灰の
カキ殻粉で代用しています。
  従ってPHの調節はもっぱら苦土石灰でやります。
      ↑実際はイイカゲンですけど。
現在の畑で充分に完熟堆肥を畑の全面に入れるとなるとコストが
かかり過ぎるので、今回はコソクにもミゾの中にのみ木の皮を主体とした
バーク堆肥を入れてお茶をニゴしました。
それが濃い茶色の部分です。
イモとイモとの間にあるウスイ茶色はバーク堆肥+醗酵鶏糞+菜種カス
を合わせました。
左右のグレー部分は前日に掘ったため白っぽくなった土です。
わが家のあたりは花崗岩が砕けた土ですので乾くとこのような色になります。

芽が出てからの管理は木酢液+焼酎+米酢の500ー1000倍を週一のペースで
農薬の代わりに散布するつもりです。

不耕起を続け、有機物を地表に入れ続けるとふかふかの土になると
説明するのですが、長年耕していた百姓はどうしても耕したくなるようです。
耕した畑は美しいって先入美観もあるようです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

すももの苗2本

3月11日(金)良い天気
朝、天気予報で無風状態を確認して山の畑にアシカと出かける。

今朝はアブナイ予知夢は見なかったので、迷わず火を付けた。
雑木と竹を集めてどんどんくべる。

3.11takibi 3.11sumi
燃え切ったところで水をかけて「消し炭」にする。(右の写真)

土を戻し、カキ殻粉とバーク堆肥を入れてよっく混ぜて盛り土にする。
午後、苗木を2本持って出直して植える。たっぷりの水をやりながら
土をかけて、その上に乾燥防止としてカヤをかぶせて出来上がり。

3.11naeさて、この苗木に実が付けられるのは
ハルカ2年先です。
と〜っても美味しいすももが成るハズ
なので、気長にお待ちください。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

天をこがす勢い

3月10日(木)くもっている
今日こそ「すもも」の苗木2本を植えるぞと山の畑に出かける。
植穴はすでに掘ってある。その中で雑木を燃やし、消し炭を作ってから
炭と土と堆肥を混ぜて盛り上げるつもりだ。‥‥だった。
しかし、山の上はかなり強い風が吹いていて、
あっという間に火の粉は風に乗って枯れたススキに移る。
見てるうちにススキの原に広がった火がその先の赤松や杉に
燃え移って、天をこがす勢いになるのにさほど時間はかからなかった。
あぁ、人間一人の力ではどうしようもない。
まっしょうがないかとアキラメて、さっさと引き上げている
自分の後ろ姿を思い描くのに8秒もかからなかった。
んで、たき火をするのはあっさり止めた。
人間オクビョウなくらいでちょうどイイのっす。

折角だから、去年植えたすももとぶどうの枝をチェックして、
帰りに「とまとまファーム」さんでちょっと用事をすませてから帰った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フランス対南米ってサッカーみたい

3月9日(水)晴れてるよー
今日は暖かくて春のような天気であります。

3.9じゃがジャガイモを2種類植えました。
器量良しのフランス生まれの「シンシア」さん。
凸凹が少なくって、ツルっとした肌でむきやすい
でーす。これは甘味が強く、くせがない味。

もう一種類は「インカのめざめ」くん。
名前からしてもちろんアンデス生まれの改良品種。
大層な名前のわりに小粒です。田舎のコって感じ。
まあ、より原種に近いってコトかな。
栗のようなコクのある味。
どちらもポテトサラダ、肉じゃがなどの料理に
向いてます。
ってカタログ通りに書いているだけであります。
実は食べたことはありません。

ん? 食べたい? ダメダメ! 自家用ですから。

20日ほどで芽が出てくる予定なので、
経過はそのころまた報告します。

おっと、写真の説明。ミゾの中のタマゴみたいのがジャガイモです。
種イモは前もってタテに二つ割りにしておきます。
子供の頃にはこの切り口の腐敗防止のために灰を付けていたのですが、
最近は何も付けないで、ただ乾燥させる方が良いというコトのようです。
こげ茶に見えるのは木の皮の完熟堆肥に菜種カスと鶏糞を混ぜたもの。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

どろナワじゃん

3月8日(火) 朝、村は霧の中に沈んでいる
ワタシは基本的に不耕起(畑を耕さない)を主義としているのだが、
一応、家庭菜園用に古いけど小さなトラクターはあるし、
母に頼まれればエンジンもかける。
今日は家のウラの小さな畑を耕せとの指令が下った。
苦土石灰とカキ殻粉を撒いてから、やかましいエンジン音を伴って、
行ったり来たりをくりかえして土をかき混ぜる。
クワに持ち替えて10本ほど南北に浅い溝を切った。間隔は70cm。

ワレながら計画性がねーなぁ、ドロナワじゃねーか、と思いながら、
バーク堆肥(木の皮を主成分にしている)を買いに10kmほど西に走る。
帰りにJA(農協)に寄って、菜種カスと醗酵ケイフンも買う。
3種の有機肥料を混合して、出来たところで草取りをしていた母を呼び、
用意していたタネイモをミゾの中に30cmおきに入れてもらった。
イモとイモの間に150gほど肥料を置いて、土をかぶせて終了。
今日植えたのは、母が買った「男爵」と「出島」。
私が買った2種は明日植える予定。
6月の収穫が楽しみである。

不耕起主義者?
君がそう呼びたいならマオイストのようにフコーキストと呼んでもらっても
いっこうにかまわんよ。>ヒマラヤマネさん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自分で給油する

3月7日(月)はれた
近所のガスステーションにポリタンクを積んで灯油を買いに行く。
100リットルを5コのポリタンクに分けて積んだ。
用途は台所とお風呂のボイラー、ストーブ。
もちろん配達もしてくれるのだけど、このGSはセルフサービスなので、
自分で給油するアメリカの田舎町の気分をちょっと味わっている。
30年くらいも経つだろうか、「片岡義男のロンサムカウボーイ」ワールド
から一歩も出ていない自分である。まぁ、しょーがないよね。カーチくん。

近所のJA(農協)に苦土石灰60kgとカキ殻粉80kgを買いに行く。
ジャガイモとトマトの畑に使うつもり。
あぁ、それからスモモの苗も買っていたのだった。
これにも植え穴に入れてやりますし、ブルーベリー以外の
ほとんどの作物の土壌改良のために使います。

ぶどうの芽キズを入れたり、タナの修繕をしたりしていると
あっと言う間に夕方になってしまう。
それでも、徐々に日が長くなっている。ありがたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本でいっちばん高いのは

3月6日(日)寒い晴天
ぶどう棚の下で作業するのに、帽子だとヒンパンに枝に引っ掛かって
ジャマくさい。何もかぶらないと、こんどはアタマ傷だらけになる。
ブッチャーみたいにカッコイイって言われても、それほど嬉しかないから
タオルを巻いて帽子の代わりにしている。
したけど、そろそろ日射しっこが強くなってきたので、
もう、くっきりと日焼けのアトが出来ているのだ。
顔は日に焼けているけど、ヒタイから上は生白い。
アシカに「逆ヅラ」じゃん、と指摘されるまでもなく、自分でも
かなりミットモナイと思う。でも、しゃーないじゃん。
その上、昨日今日は上を向いて枝に芽傷を入れているので、
木屑が目に入ってかなわんとです。ヒドシ。
ゴーグルしたら?うーん、アタマいいねぇアシカさんは。
おお、そうだ!プールに通っていた時のゴーグルが有ったぞ。あれを‥‥
ヤメトキナサイ!それ以上、複雑な日焼けをしないでちょうだい!
あっそうか。
イツダッテ、キミノイウトオリニシテイレバマチガイハナイヨネ。
ふーんだ。水泳キャップもかぶってやる。
そすればプールで日に焼けたと思うだろみんな? 思わんか。


3.6松山城写真はわが町のお城、備中松山城。
標高430mの高さに在り、日本で一番
高い所にある山城でーす。
冬場は木の葉が少なくなるので
遠くからでもよく見えます。
この日は高梁駅からケイタイで撮りました。

高校生の頃、何度となく登りました。
特に意味もなく、ムヤミにみんな登った。
一人でも登った。とにかく登った。
ありゃ、いったい何だったんだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みんみんさんの受難

3月5日(土)晴て曇って小雪

アシカのお友達の日記をちょいちょい読んでいます。
昨日(3/4)はパープルさんのお母さん「みんみん」さんに
とんでもないことが‥‥
「みんみんさん危機一髪」
うちでは二人でしばらくゲラゲラと笑ってしまった。
みんみんさんゴメン m( _ _ )m カゼひかなくて良かったですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たまにはクラシックでも

3月4日(金)こっ晴れ ← なんじゃそりゃ
昼前に岡山に向けて走る。
岡山市内の城下(シロシタ)でアシカを降ろして、今度は西に10kmほど走り
HONNDAさんで「CR-V」の12ヶ月点検を依頼。
代車の「That's」を借りてビービー走らせる。農業関係の店であれこれ確認。
結果、通販でもかなりのモノが間に合うことがわかった。
再び城下、本屋の「丸善」さんでアシカと会って、カフェでカレーとハヤシを
それぞれ食べた。本の山をしばらくさまよってっから、
またビービー走ってHONDAさんへもどる。
 「That's」は軽にしてはハンドルが重いが、それだけちゃんと自分で走っている
 感じがして好感が持てる。出足もいいしね。けんど、ちとうるさいぞ。
担当の好漢オカダくんと雑談しながら、乗りもしないバイクの保険9290円。
CR-Vのワイパのゴムとデフギア、ミッション、エンジンの各オイル交換と
点検代の合計2万円を支払う。
日ごろ、カマ、クワなどの農具を積んで、農道や林道を走っているから内も外も
かなりのホコリまみれだったのがスッキリきれいにしてもらった、恐縮。
ウインド液が切れていたのも補充してくれていて、さらに恐縮。
なんと手入れをしないオーナーだとアキレられたに違いない。わははのは。

さて、車もキレイになったので、気分一新、市の中心部にもどり、
シンフォニーホールの地下駐車場にすべり込む。
またもや1階の「丸善」に寄って、今度は3000円分の本を買い、
1時間の駐車券をゲット。
18時に3階の大ホールに上がってチケットを受取る。
今日は地元TV/ラジオ局主催のAMDA(アムダ)支援のチャリティーコンサート
なのだ。AMDAの活動をサポートしているアシカの友人のお誘いである。

4写真はシンフォニーホールに
集まった群集。

第一部は8人のチェリストによる
アンサンブル。
こんな多数のチェリストなんて
見たことがなかったし、
どんな音になるのか想像も
できないぞ。
ワクワク、ワクワク‥‥


期待したオープニングの第一曲は‥‥‥コケた。
ソーソーたるメンバーの中に、約1名ズレている方がいて?
聞いている方が冷や汗。オイオイ、レクター博士が聞いてたら喰われちゃうぞ。
うわっと、それ以上やると、レクター博士のお腹は食べ過ぎで壊れてしまうぞ。
などと、ひそやかに目と小声で話す。
それでも、2曲目以降は安定して、弦楽器の心地よい音が広がり、
重なりあって、豊かで深い世界をかいま見せてくれた。
特にリーダー格の二人の年長者の確かなテクニックと迫力には惜しみなく
大きな拍手を送った。
サン・サーンスの協奏曲1番が息も合って楽しかった。

第二部はピアノのソロ2曲。
ショパンはキライだと再確認。楽器をやらない者には散漫で退屈な気がする。
「展覧会の絵」力強く、スポーツしているような楽しい演奏が気にいった。
でも、問題は自分のアタマの中の方にあって、
昔、繰り返し見た手塚オサムシ先生のアニメーションが強烈に浮んできて
閉口した。今にして思えばイージーすぎる絵柄だったような気がするが、
そのアニメの絵に捕われすぎて自由にイマジネーションが広がっていかない。
しかし、それはワタクシだけのモンダイであって演奏はとっても楽しかった。

次は三台のピアノが配置されて「モルダウ」。スメタナである。
これを一番期待していたのだが、聞こえてきた音は重い雲のたれこめた、
東欧のゆったりした大河の流れではなく、日本の川のせせらぎや
渓流の軽やかさであった。
これにはちとザンネン。いや悪くはなかったんですよ。
川をテーマにいくつかの曲をコラージュして最後に「川の流れのように」に
流れ込むのは面白いと思う。
でもスメタナをベースにして日本の川にもってくるのはちょっと
ムリがあったのではないのかな。
三台のピアノがほとんどジャムセッションのオモムキで掛け合うのって
すっごく楽しかったし、左手にウィスキーグラスがあれば
もっと楽しかったろうにと思いましたよ。

さて、最後は全員(ピアノ三台とチェロ8台)による「ジュピター」
という大変面白い試み。ちょっとピアノが強すぎるかなと思いながら
目を時計に落すと、ありゃ10持に5分前ではないか!
あかん!駐車場が閉まってまうがな!
すみやかに席を立って、ホールを抜け出し、係員に問う。
ここの地下の駐車場って10時までですか?「はい」
今日みたいに、まだココで演奏をやってても?「はい、そうなんですよ」
とちょっと困った顔。しょうがねーなーと小走りに下に向かう。
地下のウス暗い駐車場に足を踏み入れた途端、ヴィーヴィーと大きな警告音
「閉館までアト2分、アト2分です」ヴィーヴィー。
なんじゃこりゃ、まるで「バイオハザード」で地下施設がバクハツする
みてえじゃねーか。急いで料金を払い。車のエンジンをかけた。
同じように車にかけ寄る人の波が上から押し寄せてくる。
みんなギリギリで駐車場の営業時間を思い出したらしい。
ホントに「バイオハザード2」のパニック現場になってきた。
みんな危ない!噛まれるとゾンビになってしまうぞ!

てなわけで、3時間半もの大変たのしいコンサートでありました。
「大家」の音楽家の皆様、なにぶんシロートの「たわごと」であります。
気に触ってもご容赦あれ。
がんばれ「AMDA」応援するぞー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちいさいちち?

3月3日(木)今日は一日中小雨です

ひな祭りなので、ちらし寿司の夕食でした。
男爵イモのコロッケやカツオのタタキなど盛りだくさんを
みんなで食べました。
ってこらなんだ小学生の日記じゃねぇか。これじゃぁ。
明日は甥っこが大阪から帰ってくる予定。


忙しいけど、新聞くらいはざっと目を通している。
んで、見てたら雑誌の広告欄からとんでもない単語が目に飛び込んできた。
オイオイ。巨乳とかバク乳、貧乳ってのは聞いたことがあるけどさ、
最近はすごいねぇ「まめにゅう」だって。こんな言い方するんだ。
ちょっと失礼だよねぇ。
「えっ、なによ」と、すでにとんがったかみさんの声がして
横から新聞をのぞきこむ。
「アンタ良く見なさいよ」へぇ?
この字は普通「とおにゅう」って読むの!「豆乳」
ダイタイこれは健康雑誌の広告でしょ。
あっ、なーるほど!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワシって端っこ?

3月2日(火)小晴れ、くもり

本日のぶどうの作業/芽キズを入れたり、太ってキュークツになった主枝を
結び直したり。

ぶどうってのはね、どうも端っこや高い所が先に成長する性質があるんさ。
だから、放っとくと春先にゃ幹から一番遠く離れた枝の端っこから
順に芽が吹いてくるんだ。
できりゃ、どの芽も同しように成長してくれたの方が管理しやすいわなぁ。
んで、発芽促進剤を塗ったり、どぉ見ても発芽しにくいような芽には、
芽の1cmほど先に、わざとキズを入れるんさ。これが〔芽キズ〕だな。
するてえとその芽は「えっ!なんだワシって端っこジャン」と勘違いして
くれて発芽するって寸法でぇ。
まぁ、正確には「オーキシン」って物質の流れが変わることで発芽しやすく
なるって話なんだけど、なにかまやしないやね。
でえいちこの方が分かりやすいってもんだよ。あはは。

んで、こんだぁ高い所の方が‥‥って話なんだけど、
親父がやっていたころは、冬になると枝をタナから地面に降ろして
いたらしい。主枝の先端を降ろすと、幹に近い方が当然高い位置になる。
だから、幹に近い方から萌芽させといてから、また枝をタナににもどして
平均化を図っていたわけだな。エライね先人も。
でも、この方法は芽が物理的に痛みやすい、てぇんですたれたんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アメリのケーキ

3月1日(火)空気は冷たいけど、はればれ
今日も一日畑を歩いた。
絵筆を持つのは25年ぶりくらいだろうか、あっでも、絵を描くわけじゃない。
発芽促進剤を筆にふくませて、発芽が危うそうな芽に塗って歩いているのだ。
ずっと肩より上に手を上げているので、あー肩がコル。

先日、アシカの友人カジハラさんが「アメリ」のケーキを持ってきてくれた。
カジハラさんはお菓子作りが大変に上手な方で、おいでになるのを
いつも我が胃袋はココロ待ちにしている。
んで、そのケーキなんだけど、彼女のお友達が映画「アメリ」を見て、
その中に出てきたケーキがあまりに美味しそうなので再現して欲しいと
頼まれたらしい。わが家もご相伴にあずかった次第である。
生クリームでフレンチトースト風にフランスパンでベースをこしらえて、
上に洋梨、オレンジ、ラムレーズンを乗せて焼いてできあがり。
ベースが美味しいのはもちろん、一切れの中で果物それぞれとの
味の組み合わせが楽しめる。
3倍楽しい、マンゾク感あふれるケーキでした。
残念なことには、いただいて瞬時に胃袋に消えてしまったため
画像を撮るヒマがなかった。
どしても見たければ胃カメラで‥‥見る?

実は「アメリ」のDVDは最近W氏からいただいていたのだが、
題名に馴染みなくて見るのを後回しにしていた。
さっそく見ねばなるまいて。美味しそうカモ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木の家

2月28日(月)晴天
ぶどうの萌芽率を高めるために、メリット青を2倍に薄めて、芽のふくらみに塗布。

母がカゼ気味なので村医者まで護送。
様子をみましょうと、フツーのカゼ薬を出してもらう。

28
写真は20キロほど北の町で見かけた家。
お願いがあります。
ちょっと家の中を見せてください。
って、訪ねたくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »