« トンボ玉は小宇宙 | Main | やっと花壇のベースが »

熱い想いを語る

3月25日(金)晴れているが寒い、冬のような寒さじゃん

昼食代わりのアシカ特製「かぼちゃ入り蒸しパン」を食べながら運転。
20kmほど北の山中に仮住まいしている陶芸家氏を訪問。
パンフレット制作の打ち合せ。
「野焼き陶芸」のスペシャリストである氏、今回は備前焼きにトライ。
「縄文に学び、現代窯を走破し、未来を熱く語る」
腰の入ったアーティストの話はいつだって面白い。
ちょうど初めての窯出しが終わったばかりで、備前から運んで来た
荷物の荷ほどきをアシカと二人で手伝う。
箱を開け、包まっていた新聞紙を剥がすと、意表をつくカタチが
オドリ出て大変面白い。どれも重く、力強い作品である。

3.25a3.25b

|

« トンボ玉は小宇宙 | Main | やっと花壇のベースが »

Comments

猪風来氏は元気でしたか?
また一緒に飲んでわいわいがやがやしたいです。

Posted by: 松ちゃん | March 28, 2005 06:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 熱い想いを語る:

« トンボ玉は小宇宙 | Main | やっと花壇のベースが »