« みどりのジャガイモは | Main | 恐くて、悲しくて、うまい »

「本」を殺したのはだあれ

3月17日(木)ずっと雨
通信社主催の集まりに出席。倉敷国際ホテル。
本日のテーマは「誰が本を殺すのか」。講師はもちろん佐野眞一氏。
同名の本の概要と文庫化した際に加筆した部分を簡単にふれる。
「本」を殺す犯人は誰よりも読者である。の結論に導かれる。
本・出版・パブリシティをモチーフにした文明論、と言う素っ気無い
説明では佐野さんに納得してもらえないなぁ。もっと切実な日本文化の
危機感の訴えを聞いた。
 希有な友人平野書店さんは現状をどうとらえているだろうか、
 久々に話をしたくなった。
関連してホリエモンvsフジTVのメディア、NHK vs 朝日、西武、ダイエーと
多岐に渡る話は面白かったが、うつむいている経営者の姿もちらほら。

主催者、造り酒屋さん、上智大学の学生氏と同じテーブルとなり
食事中、古書、アマゾンなど本をめぐる会話も面白かった。
やはり、たまには他人と会話をせねばならんなぁ。

|

« みどりのジャガイモは | Main | 恐くて、悲しくて、うまい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「本」を殺したのはだあれ:

« みどりのジャガイモは | Main | 恐くて、悲しくて、うまい »