« すももの苗2本 | Main | 花壇はいつできるのか »

ハウル面白し

3月12日(土)くもり、寒い
寒いから、思いきって「オペラ座の怪人」を見ようと思ったのだけど
時間が合わないので「ハウルの動く城」を見に行った。
散々、酷評された後だけど、ワタシは面白かった。
散漫、中途半端と書かれていたけど、そんなにキッチリ作り込んだ
モノばかりでなくても、コレはコレでイイのだと思うよ。
まだ見ていない人は(あまり居ないと思うけど)ぜひ見るヨロシ。
劇場で見てください。現在の日本が誇り得る文化です。
何が素晴らしいってイマジネーションを具現化している「絵」が
一番素晴らしい!

>ヒマラヤさーん ジャガイモの植え方です。参考になる?
ブログの設定が間違っているのだと思うけど、3/9(水)のツリーに
何故かくっ付けらんないので、ここに付けます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あーっと、言うてることと写真がちょっと違いますね。
さすが、アウトドア系のライターは鋭い!

えー、残念ながらわが家の菜園は長い間、化学肥料に頼った栽培を
やっていまして、放っとくと土はカチカチになってしまいます。
最近ようやく有機肥料を主体にした農法にもどしつつありますです。

通常ジャガイモを植える時には7〜10日ほど前に、石灰と完熟堆肥を
施してから耕しておきます。
しかし、毎度のコトながら、わが家では、急に今日植えようなんて
話になることが多いので、石灰よりもすぐに植えても問題のない有機石灰の
カキ殻粉で代用しています。
  従ってPHの調節はもっぱら苦土石灰でやります。
      ↑実際はイイカゲンですけど。
現在の畑で充分に完熟堆肥を畑の全面に入れるとなるとコストが
かかり過ぎるので、今回はコソクにもミゾの中にのみ木の皮を主体とした
バーク堆肥を入れてお茶をニゴしました。
それが濃い茶色の部分です。
イモとイモとの間にあるウスイ茶色はバーク堆肥+醗酵鶏糞+菜種カス
を合わせました。
左右のグレー部分は前日に掘ったため白っぽくなった土です。
わが家のあたりは花崗岩が砕けた土ですので乾くとこのような色になります。

芽が出てからの管理は木酢液+焼酎+米酢の500ー1000倍を週一のペースで
農薬の代わりに散布するつもりです。

不耕起を続け、有機物を地表に入れ続けるとふかふかの土になると
説明するのですが、長年耕していた百姓はどうしても耕したくなるようです。
耕した畑は美しいって先入美観もあるようです。

|

« すももの苗2本 | Main | 花壇はいつできるのか »

Comments

トドさん、ありがとう!
おかげ様でよくわかりましたです。
左右の白っぽい部分が全部草木灰なのかなーと思ったんですよ。やっぱりこのくらい入れるのかなと・・・。
うちも土が解けたらすぐに植えようとするので、石灰や堆肥を入れる間がなく(ホントはあるんですけどね)、いつもテキトーになってしまうんです。毎年植える場所を替えたいのですが、なぜかジャガイモだけはいつも同じようなところになってしまう。連作はいけないらしいので、このくらいドカドカ草木灰を入れたら大丈夫なのかな? と思ったんですよね。そうですか、土なんですか。
それとトドさん、ジャガイモは畝なしで? うちは毎年必死に畝を盛り上げてですね、そこにイモを置いて、マルチかけるんですよ。マルチは寒冷地だからとして、畝もなくていいなら、ラクだなー。でもやっぱり、あったかい土地とここでは違いますかねー。
ありがとうございました!
ハウルをまだ見てないヤマネでした。

Posted by: ヤマネ | March 13, 2005 11:51 AM

こんにちは(^^)/ ブレーメンのヒマラヤマネさん

やはり連作障害は避けた方がいいようです。でもトマト、ジャガイモ、
ナス、ピーマンぜ〜んぶがそうなんですから一体どうやって輪作すれば
いいのだろうか?
 ナスは接ぎ木してある苗を買えば大丈夫のようです。
薬剤を使うのは趣味じゃないし、太陽熱を利用したり、水田のように
水を引き入れたりなんて大掛かりなことは出来ないし、
「有機物」をどんどん畑にスキ込むとか「にがり」なんかで
もっと簡単に対応できる方法を模索中です。

ジャガイモも湿度の低い環境の方がいいようです。
したがって、できればヒッシになって畝たてしてください。
収穫する時にも、畝を崩して収穫する方が楽だと思います。
うちのあの畑の場合は常に乾燥気味なので、畝たては気にしませんでした。
でも上には10cmくらいに土をかけましたけど。
ジャガイモは種イモの上に新しいイモができますから芽欠き
(2本くらいにする)時期に土寄せをして、イモが露出しないように
してやります。

去年は「水やり」と「除草」の省略を目的にいろんな作物に銀色マルチを
試みたのですが今年はなんだかやる気がなくて省略しています。
草の時期になると後悔するんだろうなあ。
ところで「マルチ」って私はダイッキライな言葉であります。
マルチってほどのもんかよーって思っちまうんですよねコレ。
一体誰が広めたんだろうね〜。

太ったたらの芽の赤ちゃんが美味しそうですね。

Posted by: トド | March 13, 2005 03:16 PM

トドさん、こんにちはー。
3月半ばなのに真冬日になった軽井沢です。寒いですよー。岡山ではもう間引き菜も取れるんですね、
ホントにうらやましいです。

ジャガイモについて丁寧なアドバイスありがとうございます。
やっぱり畝は必要そうですね・・・。
今年もがんばって、ええと、ロバに畝立ててもらいます(ははは)。
ジャガイモが種イモの上にできるって、初めて知りました! てっきり下だとばっかり。
それで気がつくとイモが露出してて、緑っぽくなっていたんですね。
そうか、結構深く植えなくちゃいけないんだ!

ウチのスモモはロバがかいた雪をどかどか積んだおかげで、枝が2本も折れました。
まだ小さな苗木で、枝が4本しかないのに! 
だんだん雪が消えてきて、その折れたスモモが出てきたときは、えらいショックでした。
トドさんとこのスモモはすぐに実がつきそうですね、うらやましいです!

Posted by: ヤマネ | March 15, 2005 05:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハウル面白し:

« すももの苗2本 | Main | 花壇はいつできるのか »