« 満ち足りた朝食、なだ万、金の猿 | Main | レモパパは米国へ »

煉瓦亭に走る

1月10日(月)煉瓦亭
またしてもゆっくり起きて、たっぷりの朝食。
小岩井農場の牛乳美味しい。イクラとカニが加わった松前漬けの豪華版
「海宝漬け」で白いごはんを食べる快楽は記憶にとどめておきたい。
アシカ母とぶどう作りや姪っこの子供の話など、あれこれを話し、お茶を
たんといただいてから、やっと荷造りを始める。

東京駅に着いたら既に13時であった。うむむ時間が無い!
走れアシカ!おう!
ロッカーに荷物を押し込み、山手線に走る。有楽町から交通会館をかすめて
懐かしの「煉瓦亭」に着地。しかし‥‥‥20人ほど並んでいる。
しようがないなと列の後ろに付きながらも、ほんじゃどこに行こうかと相談。
「ハゲ天」か?いやいやそれとも、と言っていたら20分ほどで入れた。ウレシイ。
案内された三階は座敷き席であった。座敷きに座ってナイフとフォークかぁ。
動揺したせいか10年ぶりのメニューにココロ踊って決められない。
やはりここは定番の「ヒレカツ」にしよう。
アシカさんは「カニクリームコロッケ」。それもええけど、元祖オムレツも
タンシチューもカツサンドも悪くない。‥‥あーキリがない。

ビールを飲みながらココロしずめてしばし待つ。
うおぉ、となりの父ちゃんはチキンカツじゃないか。そんで、かーちゃんは
山盛りのカキフライかぁ。そっかぁ、その手もあったよなぁ。うぬぬ。
でも、やっぱ目の前にヒレカツが来たら、それはそれは美味しかったんだよね。

なんでだろうねぇ。日本の洋食屋さんの存在ってスゴイ。
一見、洋食なんだけど、あきらかに日本食だよね。きっとイタリアやアメリカから
帰って来たばっかりでも、洋食屋さんには行きたくなるんじゃないかな。
満足して新幹線に乗った。

|

« 満ち足りた朝食、なだ万、金の猿 | Main | レモパパは米国へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 煉瓦亭に走る:

« 満ち足りた朝食、なだ万、金の猿 | Main | レモパパは米国へ »