Main | February 2005 »

右手にハサミ、左手にボンド

311月31日(月)
朝からちょいちょい雪がちらついている。

左の画像は新しく届いたぶどうの苗。
5種類あります。
地面の下に埋めておいて、春になったら
植えてやります。
今回買った種類はねー‥‥ヒミツでーす。

HPの下の方にアクセス数のカウンターを
付けていたのだが、その代償として、
時々広告が左上にベッタリと表示される。
車の査定広告くらいならマダがまんできるが、
今朝は半ハダカのおねーちゃんが
「出合いを待っているわ」って広告だった。
たまらずクリック‥‥
じゃなくってアクセスカウンターを
削除することにした。
そんなわけで今日からうちのHPは広告ナシでスッキリ見やすくなりました。
でも、カウンターが無くなったから、何人見たかわからなくなったんで、
見た人はかならず「見た!」と足跡を残しておくよーに。

午前中はコンピュータの前、ストーブの横にいた。
午後はぶどう畑でハサミとボンドを持って剪定作業。
えっ?切りそこなった枝をボンドで付けてるんだろうって?
うーん、面白いや。おーいアシカさん、こん人に座ぶとんを一枚やっとくれ。
いや、いや、太い枝をカットした時に切り口が乾燥しないように、
木工ボンドを塗って、保護しておりますのじゃ。
今は寒いでのぅ、切り口から「枯れ」が入ることもあるんぢゃ。
ふわっふわっは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

見なかったコトにしようっと

1月30日(日)晴
天気が良いのでぶどうの剪定をしていたのだが、
なんだか気分転換が必要だ!って話になって、アシカと倉敷のシネコンまで走る。
窓口で、百姓2枚!と言うワタシの声の上に「夫婦50割引です」とアシカの声が
カブさる。
百姓2枚!のほーがインパクトがあるのに!
そんな問題じゃないでしょ!はいはい、そですね。そーですねぇ。
チケットを買ってから時間つぶしに本屋さんで30分。SF、ミステリ、
園芸、新書のコーナーをゆっくら歩く。

小さなスクリーンで、20人ほどの観客と映画を見る‥‥‥‥‥

併設のスーパーマーケットで買い物をしてから、夜道をすっ飛ばして帰った。
えっ?何を見たかって?それはねー、恥ずかしくてとても言えない。
世評には登らないけど、きっと面白そうだと二人とも確信をもって
チケットを買ったのだけれど、大ハズレだった。
ホント気が滅入るっくらい面白くなかった。
これはモー、見なかったコトにして一刻も早く忘れ去りたい。
メシを食ってさっさと寝た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

懐かしい人々

1月29日(土)雨の予定だったけど晴れー
朝早く(5時ですよ)姉は四国お遍路バスツアーに出かけて行った。

8時にトド&アシカは倉敷の親戚の法事に出かける。
でも、お墓はトドの実家の近くなので、30名ほどが車に分散して移動。
ワシらは従姉夫婦を乗せてわが町に帰ってきた。
納骨、お寺参り、食事会。
30人の中についぞ見かけぬ荒々らしく髪を立てた若者が混じっていた。
町田に住む従妹ミッコちゃんのとなりに座って居る。
‥‥ってことは息子のトッくんではないか。
昔々ニューヨークで泊めてもらった時は、5才の野球小僧だった子供が、
今では24才のリリシイ青年に成長していた。
しかもなぜかケーキ職人になったと言うではないか。
予想外の展開がウレシクて、この若い職人さんの手を見たり、話を聞いたり。
 いま勤めているお店はあざみ野だそうです。
 あざみ野に住んでいるみなさんおめでとう。あなた方は気軽に
 彼の作ったやさしい甘さのケーキが食べられますぜ。
 あと、小田急デパートでも食べられるそうです。

散会してから父の顔を見たいと言う10人を引き連れて家に帰る。
従兄弟や従姉妹達は、幼い夏の日に遊んだ庭や柱を懐かしく見てまわっていた。
大阪から来たヨシカズ君を残してみんな名残惜しそうに帰って行った。
残った彼はレモパパと同い年で、深夜まであれこれと話し込んでいた。
夜が更けるとともに声が大きくなり、ディベートも白熱して、
同時に大量のビール、どぶろく、泡盛が消えて行った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒラタケ

05.1.281月28日(金)晴れ晴れ
農機具置場の整理。ぶどうの剪定。
家の中の片づけ。

写真はレモパパが植付けた
11月ころの「ヒラタケ」。
先週までポツポツと生えていたのだが、
今はさすがにもう無くなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっと倉敷

271月27日(木)晴と曇り
講演を聞きに倉敷のアイビーホテルに行く。
講演内容は「日本人の食文化」。
食事プラス1時間半。食卓の変遷など
具体的な内容が面白かった。
同じテーブルに座った某公共機関の部長さんを
紹介され、早速、名刺と「トド&アシカ新聞」
を渡して読んでいただく。

某社カタログの色校正がアップ。
チェックしていくつか修正。
英語バージョンのカタログの追加資料が届いたので、急いで組み込みプリントアウト。
ギリギリの19時前になんとか発送。

*写真は倉敷にある知り合いの画廊。明治期の町家を再生して
 ギャラリーとして使用している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トホーにくれるトド

1.271月26日(水)畑ぬかるむ雨上がりの朝→はれ

昨夜、野菜や果樹の苗や種を選んでいたら、
あれもこれも欲しくてコーフンして
眠れなくなった。んで、ふとんに入って
「バッテリー」の3巻を読み始める。
面白くて一気読み。ジュブナイルとして
書かれたものだけど、大人が読んでも充分に
面白い。面白いよね‥‥アイカワさん。
「カドカワ」さん「あさのあつこ」さん、残り4巻さっさと出すよーに!
トーハンのカクヤマノリくんスムーズに取次ぐように!
全国で多くの読者が待っているぞ。
そんなワケで4時まで起きていたけれど、今日は月に一度の、
不燃物回収の日だかん、起きなきゃね。ネコ車3回分を運んだ。

家から車で10分ほどの場所にある新しく借りた畑に行き、
アシカに巻き尺の端を持ってもらって、大雑把に計測する。
3年後のぶどう畑をイメージしながら、種類の構成とレイアウトを考える。
この畑には買いやすい価格のぶどうも数種類植えるつもり。
広さは20アールほどあると思うのだけれど形も複雑だし、東向きと南向きの
斜面が複合しているので全体像がつかみにくい。
ここのタナはプロにお願いしたの方が良いかも知れない。
そうすっと、どこから資金を‥‥うむむ。むはぁ〜。

帰りに、某福祉センターに寄って顔見知りのセンター長さんに
「トド&アシカ新聞」を届ける。ここでの作業の一部に「イチジク」と
「エシャロット」の栽培があるので、その話を聞いた。
今年のテーマは「タヌキと鳥対策」らしい。いずこも同じであるなぁ。

午後、ぶどうの枝を剪定。
週末にお客さまが予想されるので、夕方と夜なべで障子張り。
母とアシカが手伝ってくれた。
「放送禁止歌」(1970年代のフォークソング)を聞いて、笑いながらの作業。
最近、アセッて仕事をしている時の応援歌なので、ソバで聞いているアシカは
ほぼ全部覚えてしまった。イクシさん、TVからダビングしてくれてありがと。

*「放送禁止歌」自衛隊に入ろう、シンカンセン、生活の柄などを収録。
*写真は新しく借りる標高500mの畑。小さな赤い上着はトホーにくれるトド。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

草刈まさおって?

kusakari1月25日(火)晴、今日は霧が早く上がった
と思ったら午後は曇りほんで後雨

自宅まわりのぶどうの枝を剪定。

以前から、乗用の草刈り機が欲しくて、
時々インタネットの中古農機具情報を見ている。
もっとも、元の値段が高額だから、中古だって
今すぐには買えはしないのだけど。

「草刈り機」ってキーワードで検索すると、何番目かに
「草刈まさお」ってえのがヒットする。
もちろん、元?二枚目俳優のあの方ではなくて、
草刈り機の名前なんですね。
本人からクレームがつかないのかなぁ、ちょっと心配。
んで、この草刈まさおクンは公道も走れて、刈り幅900mmで
お値段はなんと141万円。
そして、次のようなステキなキャッチコピーが付いている。
* 戦慄のMASAOブルー! あいつが来た!怖いよ~(雑草たちの声)
* そして日本代表カラーです。かなり近い!
* かっこいいです。来シーズンも大活躍です。
車体の色は日本代表のカラーにかなり近いブルーのようだけど
社長か誰かサッカーファンなのかしらん。

長年のHONDAファンとしてはホンダを選びたいところなんだけど、
ホンダさんの草刈り機は耕耘機のように押して歩くタイプなんだよね。
できれば、やっぱ畑をゴーカートのようにバンバン走りたいじゃ
ないですか。もうちょっと安いのでいいからホシイなぁー。

*上の写真は我が師の「闘魂色」の愛車であります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

900円分の温度差

1月24日(月) 晴れから曇りに移行
現在印刷中の某社のカタログの英語バージョンを作成中。
日本語に対応する英語をレイアウトし直すのがややこしい。

午後、アシカは運転免許証の更新に警察署まで出かける。
「安全運転協会への賛助金」←名称は不正確 なんてえ
ワケのわからんもん、唯々諾々と払うんじゃねえぞ。と送りだす。
2時間ほどしてボヤきながら帰って来た。
「‥‥‥の賛助金、900円なんですけど」と言われて、
それ何ですかと聞いたら、パンフレットを持ち出して
説明してくれたわよ。
聞き終えて、ふ〜ん、まっいいかなって答えたとたん、
それまでニコニコ顔のおねーさんがスッゴイ無愛想になっちゃった。
もっのすごい温度差があったよー。5度くらい一気に下がった。
ほかの人はその900円が何に使われるのか、大して確かめもせずに
払っていたけど。任意の寄付金を拒否したからってあんなに
態度を変える事ないと思うんだけどなぁ。
寄付するなら、うちはAMDAに決めてまーす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トンボ玉に期待して!

1月23日(日)はれ
朝から、家のまわりや内のおかたづけ。
農機具置場もキチンと作らなくてはならないのだけど、
ずっーと後回しにしていて散乱したまま。だれか片付けてくれー。

午後は高校時代、美術を教えていただいたシラヒゲ先生の
グループ展を見に岡山まで走る。
毎年、先生仲間の四人でこの時期に同じ場所で行っている。
先生のモチーフは海や川といった風景が多い。
一昨年見た絵は明るい潅木の林の手前にゆったりと流れる
大きな川があって、フィレンツエの郊外かと思ったら岡山の
東部の川であった。
色彩が踊り、明るく、暖かく、気持のいい絵だったので、
余裕があれば手元に欲しいと思った。
今年はなぜか静物もある。
スイトピーとポピーがいいですねー。でもなんで静物を?
って聞いたら。
う〜ん、春先になぁ調子が悪くて外に出る気がせんかったんだよ。
で、花ばっかり描いて過ごしとった。なるほど。
秋に予定している「トド&アシカ収穫祭」へのガラス工芸の出品を
お願いして帰る。皆の衆、期待してくだされ。秋にはすっばらしい
トンボ玉をお目にかけやしょう。

倉敷にまわって「波照間」で夕食と泡盛三昧。オーナーおすすめの
泡盛を次々といただく。中には20年古酒もあった。
とんでもなく芳醇な香りがノドを通り過ぎて行く。
ところで、実はここのオーナーは醗酵学の権威なのだ。
テンペや味噌、甘酒の醗酵の話をたっぷりと聞き込んだ。
味噌と豆腐を作ってみたいともくろんでいる。

夜も深けての帰りしな、ニシナ夫婦の家の近くで車を停めて
「オーイ出て来なさい」と声を張りあげる。
寒い夜空の下、通る人もいない静かな倉敷の街なかで
あじゃこじゃとしばらく話して帰った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

でぶねこビリー

1月22日(土)ピカピカ天気
天気が良かったのでふとんを干したり、障子を張ったり。

障子は完璧に張れた。さすがグラフィックデザイナーである。
うんうん、楽勝楽勝ととニコニコしていたら、右上スミに
わずかな引きつりを発見!うぬぬ。ちょっと仕事を急ぎ過ぎたか。

まあそれでも新しくなった障子はキモチがイイなっと見ていたら、
左下スミのマスにプツリと小さな穴があき、続いてバリバリと
音がしてビリー君の手が見えた。手の向こうには目が覗いていて、
「ココはボクの通り道でしょうが」って言っている。
デブバカビリーめ。乾いたら出入り口を付けようと思っていたのに。
しょうがないから、そのままそこだけ「ナワのれん」のように
8ミリ幅でハサミを入れた。
ビリーの狼藉のおかげでちょっとガタガタになったけどね。

「そうそう、始めっからこうすりゃイイんだよ」とばかりに、
ビリーは太った体をマスいっぱいにねじ込みながら
満足げに通り抜けている。
あんまり食ってばかりいると、そのうち通り抜けられなくなるぞ!
ビッグファットキャットめ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロウバイ要る?

1月21日(金)晴れ 朝は1センチほど雪が積もっていた
暮れから進めてきた某社のパンフレット3点をまとめあげて
岡山の印刷屋さんに依頼。

その後「みやわき書店」さんで30分時間をツブしてから
アシカのカリグラフィー仲間の新年会に、くっついて出席。同じく
お母さんにくっついてきた菜々子ちゃん(5才)も合わせて総勢7人。
アルコール抜きでテキパキと話が進んで面白かった。

その帰りに倉敷の「波照間」さんに寄って泡盛するつもりが、
寒いのと、すでに満腹になっていたのでパスして帰る。

家に「ロウ梅」の木が3本ある。花弁がロウ細工で出来たような質感の、
良い香りのする黄色い花をつける。
年末から少しづつズレて咲いてくれるので長〜い期間楽しめる。
花の無い時期だから楽しみにしていてくれる人も多くて、
手みやげにしても喜ばれる。玄関やホールでウエルカム生け花に
したいからと大きな枝ごと持って帰る人もいる。
よろしかったら、苗もありますがと母が声をかけるのだが
みなさん、はい、ありがとうございますの言葉をアイマイな笑顔で
返してくる。どうやら自宅の庭に植えてまでは欲しくないようだ。
それにしても「ロウ梅」は良い香りがする。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

10年日記

1月20日(木)晴、曇り、小雪、底冷えのする寒さかな
毎週木曜日は父が入浴サービスを受ける日。
体力はかなりもどったように見えるが、まだちょっと心配。
介護員のサポートがすぐにできるように入浴中は近くにいることにした。
ヒゲを剃り、ツメを切って、お風呂も入ってさっぱりとした父を囲んで
遅めのお茶を飲んだ。

世の中には「10年日記」というものがあるらしい。
なんじゃそりゃと思ったら、どうやら、毎年、同じ日に同じページを
開いて、過去のその日の日記の下に、今日の分を書いていくらしい。
うーん、面白いかもしれないな。
なんだなんだ去年も同じ事やっているじやないか。
一昨年もやっているし‥‥の連続かもしれないけど。

なにしろ、20数年間?毎年、3月の第一週目には同じスキー場の
同じペンションに行っていたことがあるもんなぁ。
それにしても、みんなよく付き合ってくれたもんだよ。えらい!
来年あたり、久々に斑尾の「ぶーわん」さんに集まりたい!
集合は「第二線」。お昼は「りんどう」。「トチノキコース」で
コケまくって、浴衣に着替えて花火打ち上げて、
杳子さんの美味しい夕食を食べたらナイターにくり出そう。

って日記が新たに10年間書き込まれるわけだ。ええなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロッキーの東

1月19日(水)
本業は車屋さんで、土日だけぶどう百姓をやっているフジーさんの話。
彼は最近ネットのオークションに凝っているらしい。
先日も「水の吸い上げ用ポンプ」を2500円でゲットした。(^^)v
なんて安くて素晴らしい買い物だろうと内心ホクホク。
数日後、ミョーに扁平な包みが届いた。?????荷物をほどくと
現れたのは「水の吸い上げ用ポンプ」の写真の入ったカンバンだった。
なるほど、カンバンコレクターって居るもんなぁ。
うーん、自分もやるかもしんない。
でもオークションにはハマりそうなんで、近付かないように
しているから大丈夫だ。

今日の夕食はトンカツ、煉瓦亭に負けないくらいに美味しかった。
 ナゼ美味しいのでしょう、アシカさん?
 肉ですね。いい肉をブロックで買うようにしています。はい!

両親と姉とレモパパとトド&アシカの6人全員がそろって、
友人の作った自家製sakeもあって、楽しい夕食だった。
話題はもっぱらアメリカから帰ったばかりのレモパパの現地情報。
写真に写った雪のロッキー山脈の美しさ、空の色合いが素晴らしい。

写真だけどロッキー山脈の東側を初めて見た。
うん、うん、映画「シェーン」のラストシーンの画像そのものだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

種や苗にかこまれて

1月18日(火)
先日から、種や苗のカタログをためつすがめつ、見ている。
欲しいモノがいっぱいある。あれもこれも植えてみたい。うーん。
しかし全部手に入れるとなるとかなりの高額になる。
なによりも時間がなくてキチンと管理してあげられない‥‥と思う。
ぶどうの木が落ち着くまでは手のかからない種類だけ選ぼう。
と思うのだけれど、あーぁこんな長いリストになっちゃった。

いちじく数種、マルベリー(桑)数種、すもも、プルーン、
ブルーベリー、さくらんぼ、
じゃがいも3種、トマト数種、タマネギ2種、ネギ、かぼちゃ2種、
ナス、ニガウリ、トウモロコシ3種
ロケット、バジル、カモミール、タイム、
フラックス、ジニア、ルドベキア、ダリア、アイビーゼラニューム、

なんてえモノを世話できる余裕が持てるようになりたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

柔道の組手

1月17日(月)曇り?雨も降ったよな?
一日コンピュータの画面を見て過ごしたのでよくわからない。

月曜日は父と母がデイサービスに行く日、いわゆる通所介護ってヤツだ。
迎えの車が家まで来てくれるのだが、最近の父は足がおぼつかない。
言ってしまえばペンギンのように足を小刻みにして歩く。
ダレカがサポートしなくてはうまく歩けない。
はじめは手を持って支えていたが、コレけっこう難しい。
んでひじを持つようにした。正確に言うとジカに腕やヒジを持つと
内出血のオソレがあるので‥‥毛細血管がモロいんだろなぁ‥‥
ソデを持つようにしている。
このカタチはハタから見ると柔道の試合をしているように見えると思う。
調子に乗ってベット横ではオウリャ、一本!とかけ声をかけて
寝かせている。小内刈やソデ釣込腰のつもりである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝早く半鐘が鳴る

1月16日(日) よい天気
7:00 半鐘の音で目がさめる。ゲッ半鐘じゃん。オイオイ早鐘だよ!起きろ!
マドを開け放つと西の彼方に煙りが見える?‥‥ように見えるがぁ。
誰も騒がないし消防車が出動する気配もない。?????と思っていたら
消防署の出初め式の出発の合図だったんだって。ふんとに人騒がせな!
あっ いや 騒いだのはワタシだけか!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

幸せな犬

1月15日(土)さむぞら
寒いねーと渋るアシカに使い捨てカイロを張り付けて、
エスポワールさんの生チョコとアシカ特製の熱いスープと友人からもらった
自家製の酒を車に積み込む。振り返ったらレモン(ビーグル犬)と目が合った。
行くか?と声をかけたらブンブンとシッポがうなる。
ケージに入れて三人で出発。山の畑を越えて、その向こうの山も越えて
フジーさんのぶどう畑まで約30分。

畑の入り口の作業小屋の中からはジュウジュウと音がしていて、
周りにいいニオイが漂っている。
フジー夫婦とオガワさんが居て、もう食べ始めていた。
アイサツもそこそこに、焼きたての肉をほおばる。美味い!
きれいに整った肉はウシさんで、いかにも野生ってえのはイノシシさんだ。
どっちも美味い。これもどうぞと奥様に出された椀はイノシシのキムチ鍋だ。
アイヤー、これまた美味いっす。ヒラタさんが来て、フジタさんも加わった。

ぶどうの話、トマトの話。ごちゃごちゃいっぱい話して腹いっぱいにたべた。
もちろんレモンも、生まれて始めてたっぷりの肉を食べて、
広い草原を走りまわってご満悦だった。

世の中で一番幸せな動物は「牧場で飼われている犬」って話があるけど
まさしくこの日のレモンちゃんがそうだったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

良い畑になりました

1月14日(金)晴れ
9時過ぎ、自宅から車で20分ほどの山の畑に出勤。
今日も風がなく、畑ごと陽を浴びてポカポカと暖かい。
肺のスミズミまできれいな空気をいっぱいに吸い込む。うーん。
ゲホゲホ‥‥んーまだカゼが治りきっていない。

ぶどうの枝を2時間半剪定。ついでにスモモも剪定。
静かな山里に一人パチンパチンとハサミの音が響く。
となりの畑のタキエさんが来て「良い畑になったなあ」とほめてくれる。
はい、まだ木は小さいのですが今年は成園の1/3ほどは収穫できそうです。
秋までにカラス対策をキチンとやらなければならんのです。
うん。うん。とうなずきながら自分の畑との栽培方法の違いを確かめ、
また、いくつかの質問をして帰っていった。
彼の畑のぶどうは美味しい。だからとなりのウチの畑もきっと
美味しいぶどうができるハズなのだ。

パチンパチンと剪定を再び始めると尖った木の枝や、切りっぱなしの針金に
干涸びた毛虫や小さなカエルが串刺しの刑に処せられている。
スズメ目モズ科の仕業、いわゆる速贄(ハヤニエ)ってヤツである。
グロである。とかげさんも時としていらっしゃるが、それはもう
断末魔が聞こえてきそうなほどすさまじい形相にみえる。
どちら様もていねいにはずしてあげて、大地に帰っていただく。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入浴サービス

1月13日(木)
午前中、山の畑に上がる。日陰には昨日の雪が残っているが
南向き斜面の畑は風がなくってポカポカと暖かい。
ぶどうの枝を2時間剪定した。

15:00 父の入浴サービスに介護員のヤマシタさんが来る。
可愛いくて感じの良い人なので、父は毎木曜日をニコニコ顔で待っている。

でも、最近の父はカゼをひいて以来ちょっと元気がない。
足の運びもいささかおぼつかないのだ。
ヤマシタさんは心配してくれて、たどり着くまでに起伏があり過ぎる
わが家のお風呂では、もう限界なのかも知れないと言う。
家族としては、今ちょっと調子が悪いだけで、暖かくなったら
もう少し体も動くようになるのではないかと思っている。‥‥思いたい。

ワレワレの心配をよそに、父は夕食は温かい「鳥ダンゴ入り根菜汁」を
美味そうに平らげた。‥‥1時間半ほどかかったけれど。

目をかたく閉じ、眉間に少しシワをよせ、わずかに左にかたむきながら、
一心に咀嚼する、その様は時として求道者のようにも見える。
でも、周囲の冗談にゥフフフと笑うコトもあるから、
食い物に集中するあまりの無我の境地ってわけでもないらしい。

米の一粒、お惣菜のひとかけらでもそのスベテを味あわずにはおくものか。
という風にも見える。
ホント美味しそうに食べるんだよな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アロマの香り

1月12日(水)
山の畑に出かけたら、山は吹雪いていたので、帰って来た。
家の中を片づけたり、ぶどうの剪定をしたり。

二階の仕事場では灯油の熱反射式ストーブを使っている。
古いモノであるから点火時と消火時はタイヘン石油臭い。
階下で使っている新しい灯油のファンヒーターはほとんど臭わないから
コノニオイにはマッタクイヤになってしまう。
でもエアコンだけじゃあ寒いしなぁ。

そんで今日、灯油のニオイ消し「アロマで消臭」って商品を買ってみた。
期待をこめてタンクの中に15滴たらしてセット、点火。どうだぁー。
部屋の中に‥‥車用の安っぽい香水のニオイが満ちていった。ふぇー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レモパパは米国へ

1月11日(火)
早朝、レモパパを駅まで送る。仕事の関係でカリフォルニアに出かけた。
一週間の予定である。

農作業は天気を見ながらポリフィルムの屋根をはずしたり、
枝の剪定をしている。どちらの作業も年内には終えたかったのだが遅れている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

煉瓦亭に走る

1月10日(月)煉瓦亭
またしてもゆっくり起きて、たっぷりの朝食。
小岩井農場の牛乳美味しい。イクラとカニが加わった松前漬けの豪華版
「海宝漬け」で白いごはんを食べる快楽は記憶にとどめておきたい。
アシカ母とぶどう作りや姪っこの子供の話など、あれこれを話し、お茶を
たんといただいてから、やっと荷造りを始める。

東京駅に着いたら既に13時であった。うむむ時間が無い!
走れアシカ!おう!
ロッカーに荷物を押し込み、山手線に走る。有楽町から交通会館をかすめて
懐かしの「煉瓦亭」に着地。しかし‥‥‥20人ほど並んでいる。
しようがないなと列の後ろに付きながらも、ほんじゃどこに行こうかと相談。
「ハゲ天」か?いやいやそれとも、と言っていたら20分ほどで入れた。ウレシイ。
案内された三階は座敷き席であった。座敷きに座ってナイフとフォークかぁ。
動揺したせいか10年ぶりのメニューにココロ踊って決められない。
やはりここは定番の「ヒレカツ」にしよう。
アシカさんは「カニクリームコロッケ」。それもええけど、元祖オムレツも
タンシチューもカツサンドも悪くない。‥‥あーキリがない。

ビールを飲みながらココロしずめてしばし待つ。
うおぉ、となりの父ちゃんはチキンカツじゃないか。そんで、かーちゃんは
山盛りのカキフライかぁ。そっかぁ、その手もあったよなぁ。うぬぬ。
でも、やっぱ目の前にヒレカツが来たら、それはそれは美味しかったんだよね。

なんでだろうねぇ。日本の洋食屋さんの存在ってスゴイ。
一見、洋食なんだけど、あきらかに日本食だよね。きっとイタリアやアメリカから
帰って来たばっかりでも、洋食屋さんには行きたくなるんじゃないかな。
満足して新幹線に乗った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

満ち足りた朝食、なだ万、金の猿

1月9日(日)快晴、ピカピカの天気
ゆっくり、たっぷりアシカ母の朝食を食べてから出撃。
新宿で降りて小田急本館の「なだ万」にすべりこむ。幸いにも寿司カウンターが
空いていた。連日なのでワシはゆずホットなるソフトドリンク。
アシカさんはもちろん白ワイン。う〜ん負けたな。
どれも美味しかったけれど、アジ、ヤイトガツオ、イワシ、コハダ、サバ、マグロ
どれもこれも美味しくて、‥‥美しかった。

エディーバウアーで作業着と姪っこ用のウエアを買う。
高島屋食品館をぐるり歩いて東北のスチューベン(黒ぶどう)を発見、
この時期まで売れるのかとカンドー。ラインナップ再考の余地ありか?
紀伊国屋の混雑ぶりにうんざり、喫茶店を探すがどこも込んでいるので
吉祥寺にもどる。んと‥‥時間があるので映画館に向かう。
立ち見の「ハウル」は遠慮して「Mr.インクレディブル」に入る。
実はアニメって好きじゃないのだけれど、実写と違和感が無いのにショック。
でも、もう少し短くした方がもっと面白かったかな。

19時、公園近くの「金の猿」でカワチヤスダトドの新年会。6人。
大きな窓には、どーんと井の頭公園の木立が迫っていてロケーションは素晴らしい。
板張りのベランダにはこたつ席もある。鴨なべを食べながら石垣島にいつ
どーやって行くかで盛り上がった。石垣島行きてぇーぞ!
冬のウインザーも美山荘の朝食も行きたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノロウィルス

昨年末、福山のとある病院にトド姉と姪が行った。
家に帰ったその晩から、まずは姪が嘔吐で苦しみはじめ、
その半日後に姉が同じ症状で会社を早退。
姪と同室に寝ていた姪の夫がこれまた同じ症状で会社を早退。
その後アシカがお腹をこわして、胃がムカムカ。
そしてその半日後にトドとトド母が嘔吐下痢を発症。
高齢のトド父だけは免れてくれとの願いもむなしく
その2日後に同じ症状で激しく苦しみ夜間救急で点滴。
ふぅー、とにかくすごかったよ。あれが産直のノロウィルスだった
のだね。我が家ではウガイや手洗いなんかじゃ防げなかった。
ただ症状が過ぎ去るのを2日ほど待つだけ。。。すごい感染力です。
一度症状が治まれば、熱もほとんど出ないしケロッと治るけど
早めに点滴するのが一番有効でした。
高齢者は脱水でかなり弱るのでお気をつけくださいね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

うどんと島寿司

1月8日(土)よい天気
起きたのは早かったのだけれど、いろいろあってゆっくりの出発になってしまった。
中央高速に乗って山梨に着いたら、もう11時!
わが師は畑に出ていたので、畑に直行約5分。すもも畑で師を発見。
挨拶を交わして、まずはすももの管理の話から聞く。
畑で実際に木を見ながらなのでわかりやすい。
わが畑のすももに実が付くのは来年からのようだ。
それまでになんとしても鳥避けのネットを設置しなければならない。
屋敷に帰って、ぶどうの管理の不明点などの確認。
新しい畑のスタイルや品種の構成のアドバイスを受ける。
お昼にいただいた奥様の「うどん」は相変わらず格別の美味しさであった。
4時間びっしりと質問を浴びせ続けて、さすがに聞く方も聞かれる方も疲れたので
15時すぎ辞去した。

吉祥寺の「エディバウアー」をぐるり見てから、18時に「浜やん」。
本格的草野球チーム「地球防衛軍」の新年会なのだ。
集まったのは設楽さん(ちょろ、ゆーき、るい)、伊庭一家(4人)、梅さ、
秦さん、田島さん、アイカワさん、寺内メンチさん、サンダー久美子、ぐり、
磯沼さん、コロッケ親子、中嶋おしょ、トド&アシカの20人。

ここでのオススメは「島寿司」。ズケにしたビンチョウやシイラのにぎり寿司で
ワサビの代わりにカラシを使っている。これはいつ食べてもオイシイ。
吉祥寺で一番ファンキーな親父がバンダナ、Tシャツ、リーバイスのジーンズ、
足元のニューバランスも軽やかにビールを運んでくれる。
久々に会った仲間たちはすこぶる元気で10年前と同じに会話ができる。
ダレカが持ち込んだどぶろくと、アイカワさんが太っ腹でガンガン注いだ泡盛で、
みんな急速にヒートアップしてもりあっがった。
イロイロあるけどみんなガンバレ!ワシもガンバレ!!
こんどは斑尾のトチノキコースで会おう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

翁庵から揚子江

1月7日(金)早朝、新幹線にてアシカと上京。荷物をロッカーに放り込んでTAXI。
人形町「翁庵」で生嶋さん、Utamさんと昼食会。
翁庵さんはとぉーても忙しくって、んで井上さんとあまり話せなかった。残念。
生嶋さんには時々会っているけど、Utamさんとは11年ぶりかな。
Utamさんは相変わらずの早口、アタマで理解するまでにちょっとタイムラグがある。
 この人は英語もやはりすんごい早口なんで、相手のガイジンさんが一生懸命に
 聞き取ろうとしているのを見ているのはちょっと可笑しい。
お昼はもちろん翁庵の「ねぎせいろ」をいただいた。これオイシイ!のだ。
彼らと別れてから「水天宮」方向にぶらぶら歩いて下町の雰囲気を楽しむ。
人形焼きにココロ動いたが、ここはやっぱり壽堂の「黄金芋」だよね。
お土産に4箱買った。ニッキの香りが美味しそう。

メトロに乗って丸の内の丸善。本が多すぎてうんざりしたので一冊も買わずに退却。
中央線で西に移動。某社でちょっと打ち合わせ。

東小金井の「揚子江」でアシカ一家の新年会。総勢8人。
一見、ドコにでもある中華屋さんのようであったが、とんでもなく美味しい。
前菜、ドデカ餃子、カニ玉、トーフ煮、砂肝、他々いずれも美味しかった。
でも実は手作りの「オコゲ」はもっと絶品らしい。←要予約
最後の辛みそばも美味しくて全員が黙ったまま一気に食べた。
デザートの杏仁豆腐も要予約‥‥で食べられなかった。涙‥涙‥‥

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雪が。。。

0501azu雪がサッサカ降ると、この辺では言います。
まさしくサッサカ降ってきたよー。
黒猫のアズさんが憂鬱そうに外をながめています。
ちょっと大変なことになるかも~

| | Comments (1) | TrackBack (0)

やっとこブログです

早いとこブログに切り替えたかったのですが、忙しくてね。
えっ、ワシはイソガシくはないさぁ。イソガシイのはアシカさんだよぅ。
さてと、どんなふうに使えるのかな、しばらくは試運転です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

トド日記ブログをよろしく!

みなさん、明けましておめでとうございます。
と、いうわけでトド日記は今年からウェブログになります。
とはいえ、まだ何ができるかよくわかってないのですが
日々お勉強していきますので、どうぞよろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | February 2005 »