« ヒラタケ | Main | 見なかったコトにしようっと »

懐かしい人々

1月29日(土)雨の予定だったけど晴れー
朝早く(5時ですよ)姉は四国お遍路バスツアーに出かけて行った。

8時にトド&アシカは倉敷の親戚の法事に出かける。
でも、お墓はトドの実家の近くなので、30名ほどが車に分散して移動。
ワシらは従姉夫婦を乗せてわが町に帰ってきた。
納骨、お寺参り、食事会。
30人の中についぞ見かけぬ荒々らしく髪を立てた若者が混じっていた。
町田に住む従妹ミッコちゃんのとなりに座って居る。
‥‥ってことは息子のトッくんではないか。
昔々ニューヨークで泊めてもらった時は、5才の野球小僧だった子供が、
今では24才のリリシイ青年に成長していた。
しかもなぜかケーキ職人になったと言うではないか。
予想外の展開がウレシクて、この若い職人さんの手を見たり、話を聞いたり。
 いま勤めているお店はあざみ野だそうです。
 あざみ野に住んでいるみなさんおめでとう。あなた方は気軽に
 彼の作ったやさしい甘さのケーキが食べられますぜ。
 あと、小田急デパートでも食べられるそうです。

散会してから父の顔を見たいと言う10人を引き連れて家に帰る。
従兄弟や従姉妹達は、幼い夏の日に遊んだ庭や柱を懐かしく見てまわっていた。
大阪から来たヨシカズ君を残してみんな名残惜しそうに帰って行った。
残った彼はレモパパと同い年で、深夜まであれこれと話し込んでいた。
夜が更けるとともに声が大きくなり、ディベートも白熱して、
同時に大量のビール、どぶろく、泡盛が消えて行った。

|

« ヒラタケ | Main | 見なかったコトにしようっと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 懐かしい人々:

« ヒラタケ | Main | 見なかったコトにしようっと »