一緒に歩ってるつもりで

2019年6月9日(日)晴れ

先月18日のモタニさんの講演。

「目からウロコの面白さ」を多くの方に聴いて欲しくて

たくさんの友人、知人たちに連絡しました。

当日、数時間前にやっと電話がつながった牧師さん。

簡単に説明すると「行きます」と即諾していただきました。

そして、1日前に確かこの辺りに住んでいたはずと

ドアを叩いて、3年ぶりにして、会うの2度目の

Toshima さんも「それ、聞きたいです」と快諾。

「ところで、あなたは確か・・・」

「ぶどう作ってる、デザイナーのトドさん?」

そ〜です、そです。

「ぶどう作るデザイナー」は記憶に残るフレーズのようで

この時ほど「半農半デ」で良かったと思ったことありません。

 

そして、

5月も終わりのころ Toshima さんからFBのメッセージで

「1カ月、スペインに行ってきま〜す」

0608

ふ〜ん、1カ月もスペインで何んすんじゃろ? と思いましたが、

まぁ、人それぞれですから・・・

そして、6月8日の FB の投稿は

フランスの高速鉄道 TGV の写真と、友人との邂逅シーンでした。

添えられた文章には

「一人旅でさんざん苦労したけど、友人に大歓迎されました」

「これから、ピレネーを超えます」

「ワクワク、ドキドキ」

0608_1

( 上 ↑ 2枚の写真はToshima さんの許可をもらっています)

そっか、そうか無事に着いて、これからピレネーを超えるか。

それにしてもこの笠の旅姿はなんだろ???

 

80

そして、これからの旅の風景が素晴らしいようなので

しばらく、このトド日記 ブログでも紹介します。

一緒にスペインの田舎道を歩ってるつもりで、楽しみましょう。

 

| | Comments (0)

よりシンプルに

2019年6月8日(土)晴れ
終日、寒かった〜。
6月とは思えない寒さです。
忙しいぶどう仕事の最中ですが、先を考え
緑枝継ぎもしています。
思いつきで散漫な品種構成をシンプルで、
有用性のあるものに数年かけて変えます。
0608tugiki
今年の成功率は80%くらいでしょうか。
失敗は接ぎ木のテクニックというよりも、
その後の管理がほとんどで、手前の脇芽の発生を
見逃してしまうのが原因。
それもあって目立つ赤いビニールテープを使用しています。
失敗しても6月中はやり直しができます。
↑ 写真は今まで成功したことがない台木の枝への接ぎ木。
 極細の枝に、同じくらいの太さの充実した芽を探すのが
 難しい。今回はどうかな?

 

お借りしている山の畑カンパラのジャガイモたち。
0608kanpa1

畝に植え、凹部の通路には枯葉を敷いています。

地面の乾燥と防草のため。

時間のある時にどんどん追加します。

何しろ後ろの森に枯葉はいっぱいあるんじゃもん。

 

大家さんの庭に今年もタイサンボク(泰山木)が咲きました。

数年前まで家のエントランスにビワの木?

不思議だなっと思ってました。

0608taisanbok1

去年、大きな花を見てびっくり。

花の後には実が付くようですが

そこまでは確認してません。

今年はしっかり見てみよう。

0608taisanbok2

アリさんが偶然写ってました。

 

タイサンボク/泰山木、Southern magnolia(英名)

原産地は北アメリカ
日本へは明治時代の初期に渡来

花言葉は「前途洋々」「威厳」

 

| | Comments (0)

倉敷で笑顔

2019年6月7日(金)雨、くもり

雨なので叔母のお見舞いに倉敷まで。

行きがけに「やまこうどん」。

0607yamako

「肉まぜうどん」カイワレと連島ごぼうチップが美味しい。

 

病院では

叔母が食堂から引き上げるところでした。

アシカが「ワタシ、わかる?」 と聞くと、

顔を向け「わかるわっ」と笑顔。

・最近の体調のことをぽつりぽつり。

・週末には小学生のひ孫が来て甲斐甲斐しく

 食事の介護をしてくれる。

 「それが一番の楽しみでなぁ」と話す。

高齢だけど、昔のことも現在も時系列は

キチンと把握して、意識はきわめてクリアです。

アシカが少し不自由になった腕をさすり、

トドは痛いと訴えるお腹に手を添える。

少し痩せた顔はトド父にそっくり。

兄妹が似ていると言うより、その母の

ハマばあちゃんにそっくりなんだねと言うと、

にっこりと大きな笑顔。

きっと自慢の母であり、兄であったんだね。

 

叔母のお風呂の時間が来たので辞し、

友人の個展を見に本町通りに行く。

0607kurashiki

ウイークデイとあって人は少ない。

 

パッと輝くような友人の笑顔がうれしい。

コツコツと作り上げた作品を見せてもらい、

インド旅行の話も聞いた。

作品に集中する時間と旅行を楽しむ時間の

バランスがうらやましい。

 

帰りに寄ろうと思ったら「蟲文庫」さんに張り紙。

0607mushibunk

コケやハチュウルイを友とするお姉さんは

どうやら骨折したらしい。

回復を祈る。

この店の本棚を見ていると、自分の本棚に思えてきて

好きなんです。

 

| | Comments (0)

やっと出た!

2019年6月6日(木)くもり、晴れ

あると便利なので毎年植えています生姜。

寒い時分に生姜紅茶や生姜の効いた料理は美味しい。

今、すぐには寒い時のことなんか思い出せないけど

きっと、そうだったはずです。

0606syouga

そんで植える時期は4月下旬〜5月上旬なのですが、

そのころ植えてもちっとも芽が出ない

いくら待っても芽が出ないので、今年は失敗か?

って思い始めたころ ひょっこり 芽が出てきます。

なので「芽を出してから植えましょう」って

何かに書いてあったのでプランタに植えてみました。

やっぱり、「果てしない流れの果てに」ほど時間が流れました。

 なんのためにわざわざプランタに植えたのだっけ?

 ・植える前に1〜2日ほど日光に当てる。

 ・保温する。

なるふぉど。やってなかったかも知れないなぁ。

まぁ、いいや。とにかく芽は出たのだから。

*「果てしなき流れの果てに」は敬愛する左京さまのご本です。

 

 

われながら目端が効かない とは思います。

シャインマスカットの有用性にやっと気付きました。

初動は早く、かなり早めに苗木を手配できて、植え、

味見するまで3年。

塩山の師の指導を受け、わが家のぶどうとして

「甘すぎず、穏やかに美味しい」と思えるまでに

さらに数年経過。

0606jikon

どぉ〜して、そのころ苗木の追加をしなかったのか

自分でも不思議です。

今や人気品種なので苗木の注文ができない。

苦肉の策で自根栽培を試みてます。

病気とか寿命とかデメリットはあるのですが

仕立て方法を変え、用途も変えて・・・と思っています。

 

忙しさを見かねて「手伝おうか?」と弟が言って

くれたので山の畑バルキの草刈りをお願いしました。

0606balkkusa

防風ネットと電柵にからんで、

ちょっとしたジャングル状態になってたのを

ほぐし、片付け、刈りあげます。

一人じゃ、はかどらなかったけど、なんとか

畑らしくなりました。感謝。

 

アシカのブログは「朝露」です。

0601

 ホンローされっぱなしですじゃ、ワシ。

 

| | Comments (0)

なんじゃろ?

2019年6月5日(水)くもり、晴れ
「これ、なんじゃろ?」
「見たことある?」と
去年、姉に聞かれました。
今年は山の畑カンパラでも「シェリー」に発見。
0605pomato
トマトに見えますが
ジャガイモの実です。
品種によって キタアカリ、ホッカイコガネ、マチルダ
などには実がつきやすいようです。
ジャガイモは花が咲いても受粉することはまれ、
これはたまたま受粉したのかな。
美味しそうに見えますが・・・
毒性物質のアルカロイドを含有してて
食べないようが良さそうです。
どしても、食べてみたいぞ って方は
うっすらと黄色味がかった(完熟)ころ食べると
「酸味と甘みがほんのりでフルーティ」だそうです。
*ジャガイモ栽培.com さん ありがと。

 

写真はジャガイモ「はるか」。
0605kanpa1
成長期に思ったよりも冷涼な気候が続いたせいか、
もう一つ大きくなりません。
まぁ、地下の実が大きくたくさんなら問題ないですけど。

 

「レッドムーン」「グランドペチカ」
0605kanpa2
こちらは想像以上に大きく、それにいつまでも
花盛りです。地下の状況はどうなんでしょうか?
左上のトウモロコシは移植のショックから
まだ立ち直れないでいます。

 

山のぶどう畑カンパラに殺菌・殺虫剤に玄米アミノ酸を加え
散布。200リットル散布。
0605sanpu

タンクをしっかり洗浄して

玄米アミノ酸、竹酢液、ストチューなど混合忌避剤を

1000倍で玉ネギ、ジャガイモ、キクイモ、トウモロコシに散布。

 

| | Comments (0)

やっと草刈り

2019年6月4日(火)くもり、晴れ
草刈り。
ぶどうの作業に追われていて、草刈りまで手が回らない。
せめて通行の邪魔にならぬよう、車道にはみ出ている
草だけでもとスソを刈り上げました。
0604balk
まだ、この法面の 1/3 くらいが残っている。

畑の全周囲までは・・・他の畑も・・・。

ゆっくり、少しづつでも片付けます。

 

| | Comments (0)

みんな楽しかったよ

2019年6月3日(月)晴れ、くもり
本日は母「ちへ子さん」の三回忌。
Todokaw90_3
なので、
昨日からモーレツに片付けました。
掃除ではなく「片付け」です。
掃除している時間がなくて、そこに有るものを
無きがごときに隠してしまう 素敵な能力!
とりあえず仏間と奥の間、そんでお坊さまの進入路だけは
スッキリさせておきたいと獅子奮迅のハタラキでした。
ははは・・・

 

お坊さまを家族5人で迎え、読経、墓参り、寺参り。

 

家に帰り、礼服、ネクタイをラフな格好に着替えて
近くの料理屋で懐石料理。
生ビール3杯と姪っ子の縦横無尽な多弁で
楽しい三回忌になりました。
0603hananoren1
何より姪の三人の娘たちの子育て真っ最中の話が
意外にもマトモで、母親(姪)の成長ぶりに
なんと素晴らしく良識のある姪であり、娘であり、孫に
育ったのだろうと誇らしく思いましたデス。
Tododehehe
えぇ、もう酔っぱらってますからね。

 

1時間ふぉど爆睡してる間に姪っ子は
「みんな楽しかったよ」と伝言を残して
西80kmの街に帰っていました。

 

 

夕方まで家まわりの畑で苗を植えたり
野菜やぶどうのチェック。
0603raspberry

「ラズベリー」ぐんぐん大きくなっています。

どんくらい酸っぱいのか、楽しみです。

 

トド弟の愛犬「レモン」

老齢で寒さ、暑さが耐えられなくなったので

わが家の「預かり犬」状態です。

0603lemon

あちこちたるみ、太り、すっかり老いてしまったけど

一緒に暮らした家族の目には

「愛くるしい少女時代フィルター」がかかってるから

老いもかわいい。

 

| | Comments (0)

キリギリス

2019年6月2日(日)くもり
早朝、山のぶどう畑バルキで花穂を小さくする作業。

 

ぶどうの葉の上にキリギリス発見。
0602kirigiris
子供の頃「ギ〜〜ッチョッ」と鳴く声に惹かれて
よく捕まえました。
でも、気を抜くと大きなアゴでしっかり噛まれます。

 

江戸時代中期に「虫売り」が商業的に確立。
スズムシ、マツムシと並ぶ代表的商品でした。
当時は「ギスかご」に入れて販売し、縁側や店先に
つるして鳴き声を響かせるのが江戸の夏の風物詩。
1980年代初めまでデパートや夜店で販売。(wiki)
今は・・・アニメや◯◯ライダーとして活躍。
もとへ、ライダーはコウロギくんか。
「小公子くん」
大きくなりました。

0602syoukous

去年は、色づくなり鳥さんに大部分が

食べられてしまいました。

今年はちゃんと袋かカサを掛けよう。

在庫、あるかな?

 

 

シマちゃん、ぶどう畑で発見。

雑草の中、うまく自力で ねぐら を作って快適そう。

0602shima

寝ているトコは必ず日陰で、風が通る場所です。

通りがかるとニァと声をかけてくれます。

 

| | Comments (0)

草刈りもせんならん

2019年6月1日(土)晴れ、くもり
山のぶどう畑カンパラで花穂の縮小作業。
0601sukeru

早朝は肌寒く長袖のシャツを羽織るが、

日が出ればあっという間に気温が上がり

Tシャツ1枚での作業となる。

ずっと上を向いての作業なのでサングラスは必携。

 

2年目の甘柿「太秋」の花。

太秋は珍しく雌花、雄花の両方が付きます。

0601taisyu

柿は太秋しか知らなかったので雄花を知らず、

小さく連なるように咲く変な花がある

くらいに思っていたら、

友人の柿農家が教えてくれました。

「雄花は役に立たないし、その枝には

 いい実ができないので速攻で取ってしまう」

のだそうです。

なるほどと思えど、ぶどうで手一杯なので

放たらかしです。

 

じゃがいも「レッドムーン」「グランドペチカ」の

花が長く咲いております。

0601redmoon

花好きの大家さんは目を細め、楽しげに野菜畑を見渡し、

「いろいろあって楽しいな」とうれしそう。

比べれば「はるか」「シンシア」の花は地味で

すぐに消えてしまったけど、

赤いじゃがいも の花はいつまでも咲いている。

これも初めての経験。

 

山のぶどう畑バルキで木のまわりの草を

肩掛けの草払い機でざっと刈り飛ばしました。

明日から、ここでも花穂を小さくする作業にかかるので

足まわりをできるだけすっきりしておきます。

0601balk

開花期が近いので、幾らかでも肥料分が畑に残らないように

少し長めに草を残しています。

まぁ、キモチだけですが。

 

 

0601kuskari

気になっていた道路沿いの法面も1/3ほど刈り倒しました。

いつもは畑の中に放り込んで、緑肥にしますが

今回は外で枯れてから畑に入れるつもり。

 

アシカのブログ「山の葡萄畑へ」も

ご覧ください。

0530

| | Comments (0)

ふみえバァちゃん元気です

2019年5月31日(金)くもり
山のぶどう畑カンパラで枝のチェクなど。

 

大家さんの庭のバラが花盛りです。
浅い赤、深い赤色の2色のバラが大きく育ち、今が絶好調。
0531rose
後ろのビワのような葉っぱはタイサンボク。
巨大な白い花を咲かせます。

 

下の写真 ↓ は数日前にも載せましたが、

昨年、このブログを目にした親族の方が懐かしくなって

電話してくれたそうです。

「バァちゃんが生まれたんはこの家じゃ」
「大けな屋根がある家でな、昔はワラじゃった」
「そんでな後ろに、これまた大きなカシの木が
 どんどんどんと何本も植わって家を守ってくれとる」
「バァちゃんはこの家で娘まで育ったんじゃ」
今もブログで時々様子を見ては、そんな話をお孫さん、
ひ孫さんとなされるそうです。
0527bara_1

 

 

「あのなトドさん」と大家さんの声。
「ワタシは本日から・・・」
はい、なんでしょう?
「ワタシは本日から補聴器を付けとります」
あぁ、そうですか。
最近の補聴器は高性能でいいらしいですね。
「はい」
「聞こえすぎて、誰がどこでしゃべってるのか
 わからんくらい、よぅ聞こえます」
と大きな笑顔でした。
親族のみなさん、ふみえバァちゃんは
とってもお元気です。

 

ふみえさんの家の前の野菜畑はこんな感じ。

0531yasai

去年から、ふみえさんに代わってトドが

畑のお世話をしています。

玉ねぎ、じゃがいも、キクイモ、トウモロコシが

育っています。

その先はぶどう畑です。

 

「あのなトドさん」とまた、ふみえさん。

「先日、ケアマネさんが困った顔して、言うてじゃった」

どうしました?

「ふみえさん、こんなにようけ、りっぱに畑仕事ができるなら

 介護度を下げにゃならんかもしれん」とヘルパーさん。

「そう言われたんよ」とふふふと笑う。

介護度を下げられるんも困るから

「トドさんに頼んでしてもろうとる」と言うたら

「あーそうなん。わたしの見とらんところで

 ふみえさんめちゃめちゃ働いとる思うたんよ」と

安心して、二人で大笑いしたらしい。

 

ふみえバァちゃん適度に働いてお元気です。

 

| | Comments (0)

«忙しい時、美味し