アシカ カフェ(10日目)

2020年9月19日(土)晴れ、くもり

 

アシカ カフェは毎週「金、土」に開けています。
am.11:00〜pm.16:00

| | Comments (0)

アシカ カフェ(9日目)

2020年9月18日(金)くもり、雨

 

アシカ カフェは毎週「金、土」に開けています。
am.11:00〜pm.16:00
0829genkan320_20200927230101
本日、最初のお客さまは
ピアニストのアサダさん。
演奏前のいつものキャッチフレーズ
「夜でも、アサダです」のごとく、
呼気と共にダジャレが飛び出し
あっという間にアシカ カフェは
ダジャレと元気に満たされます。
アシカとトドは、しばし聞き役専門。

 

「クロックムッシュ」
アラジン投入のおかげで
短時間で カリカリ、ふわふわっ
より美味しくなりました。
0918croque
ペシャメルソースに
ベーコンとチーズ盛り。
軽食に見えて、結構ヘビーです。

 

友人ユキちゃんから
「20世紀 ナシ」が届きました。
気候変異の影響を全く感じさせない
美味しさにちょっと感動です。
0918nashi
春先の天候が・・・とか、
日照りが・・・など
モノともせず、美味しいモノを
作り続ける人はいます。
勇気が湧きますね。
あんまり美味しいので、
カフェのお客さまにも
少しおすそ分けで食べて
もらいましょう。

 

ご近所シュフ3人さまご来店。
にこやかに、賑わしい会話が
店内にたゆたいます。
ケーキセットを楽しまれました。

 

午後、山の畑カンパラ。
今日はなんだかメルヘンちっくな
風景でした。
0918kanpa
こんなだったかなと何度も
見直しました。

 

| | Comments (0)

雨の山道

2020年9月17日(木)くもり、雨

 

早朝、
山のぶどう畑に上がり、収穫。
午後、発送。
夕方、小雨の中家の畑で
「黄玉」を収穫し、
織里音(オリオン)さんに届ける。
一週間ほどでジャムに加工される。
0917balame1
織里音さんまでの道。
高くはないのですが山道を辿ります。
0917balame2
ここでも道の両脇を連ねる山に
何年も人が入った形跡は
なさそうです。
0917ibarakiri
帰りに短角牛(赤牛)を
見かけたのでパチリ。
休耕田の草を食んでいます。
0917ushi
片道約30分。
日没、直前に帰宅。

 

| | Comments (0)

カリカリで ふんわり

2020年9月16日(水)くもり、晴れ

 

早朝、
山のぶどう畑に上がり、収穫。
今年は不作と病気、虫害もあって
「つぶつぶ ぶどう」でもOKって方に
お送りしてます。

 

ところが数年前からパック詰めのみを
指定される方もおられます。
・配りやすい
・房より持ち帰りが便利
がその理由でしょうか。
0916tubu1
トドが会社員だったころは
何かと言うとみんな集まって
いただきものを一緒に食べたり、
弾みがついて、ビールまで飲んだ
ものでした。
個食の時代でもあり、
持って帰って家族と食べたい。
と風潮が変わったのかな。

 

しかし、粒に切り離すのは
思ったよりもずっと面倒で
時間がかかります。
そんでも懐かしい友人の顔を
思い浮かべ、その要請ならば
やりましょう。

 

黒、赤、みどりのぶどうを詰めます。
この季節だと上段には
シャインマスカット。
光り輝くみどりは目を引き
食欲を喚起します。
0916tubu2
次にまん丸、大つぶ、赤いゴルビーの
バクハツ的な甘さに溺れてもらいます。
ゴルビーは赤に変わる前の黄色でも
十分に甘く美味しいので混ぜちゃいます。
そして最後は定番の美味しさのピオーネで
完結。満足してもらいます。
って経過も楽しんでもらえる構成です。
0916tubu3
一房まるまる食べるんもいいけど
それぞれの特徴を味わいながらも
楽しいですね。
つぶつぶパックおすすめです。
(作業が面倒じゃけどね)

80_20200926054601

「バルミューダからアラジン」
オーブン機能もあるトースター
から
トーストもできるオーブンに
変えたので、早速試食です。
0916croquemon
タカキベーカリーさんの厚切り
オリーブ食パンが好きなので
これをベースにします。
ペシャメルソースの上に
ベーコン、ミックスチーズを盛って
アラジンで焼き上げると
ハイスピードでカリカリ
中はふわり柔らか。
バルミューダよりも
早く・・・
はっきり言って美味しいです。

 

チーズ盛り盛りですから
オジさんでも結構な腹持ちです。
今日から生まれ変わった
アシカの「クロックムッシュ」
おすすめです。

 

アシカのカフェは金、土曜日の
11:00 〜 16:00

 

| | Comments (0)

アラジン強し!

2020年9月15日(火)晴れ、くもり

 

早朝、
山のぶどう畑に上がり、収穫。

 

写真は↓わが家の下のぶどう畑。
父が晩年まで楽しんでいたのを
20年ほど前に受け継ぎました。
0915sagiri
父は鉄道員をしながらのぶどう栽培。
「半農半鉄」でした。
当時はピオーネ、紅伊豆、安芸クイーンを
樹の思うまま自由に伸ばす「長梢剪定」
でした。
新しい苗を植え、育つのを待つ間に、
柱を抜き、移動して、太い高張線を張り直し、
雨除け屋根を設置。
より合理的な「短梢剪定」に変えました。

 

*父が使っていた手作りの柱はめちゃ太く、
 腰が砕けんばかりに重かった。
今から思えばよくそんな体力、気力が
あったもんだと・・・笑えます。
70_20200925055301
「超ミニキッチンでどこまで?」
懸案だったトースタを新規にしました。
バルミューダとアラジン。
当初からアラジンが気になって
いたのですが、数年前に買った
バルミューダトースタが既にあったので
どこまでできるか約1か月間トライ。
0915dottiga
プロの方の意見は即答で
「アラジンです」・・・ですよね〜。
モンダイは
狭いキッチンにトースト4枚用の
大きなアラジンをどうレイアウト
するか。
並べてみたらびっくりの
「そんなに変わらない大きさ」
4枚も入るのに!
(実際は3枚くらいの方が
 使い勝手がいいようです)
火力もスタートが早くてより高温。
今まで以上に
カリッと美味しい
「クロックムッシュ」を
素早くお客様にご用意できます。
ぜひ、お試しください。
*名前に「ムッシュ」とあるように
 オジさんでも腹持ちがいいです。

 

そんなワケで「バルミューダ」は
トドの元に帰ってきました。
これからはトーストだけでええからね。
ウイ奴です。
80_20200925055301
午後、3時にぶどうを発送。
0915budo
以前から買い支えていただいた
お客様に
「美味しいのが一番」と
不作の今年も支えていただきました。
感謝!

 

| | Comments (0)

出荷の日々

2020年9月14日(月)晴れ、くもり

 

早朝、
この時季わが家の付近はキリの下です。
0914unka
となりの水田は収穫を前にして
「ウンカ」の被害にあって、
その部分は手刈りして
焼却処分するようです。

 

明るくなる6時、
アシカと山のぶどう畑に
収穫に出かけます。
0914unkai
お借りしている山のぶどう畑は
雲海の上にあります。
今日は急いでいたので、
乗ったまま窓から撮影。

 

山の畑2カ所をまわり収穫したら、
息を止め、ざんぶ とキリの海に
軽トラごと飛び込んで、
約15分でキリの底のわが家です。

 

選別、パッキングして
午後3時、ようやく出荷。
0914syukka
害虫による被害、
日照りによる萎縮果の
除去に時間がかかり、
今年はかなり疲労が蓄積、です。
Hohoh100_20200924015301
わが家の風景。
父は、庭?に車を入れるのを
嫌っていたのですが・・・と
いつも思い出しながら
軽トラを停めます。
0914niwa
*この辺りでは「庭」というよりは
 農作業用の広場であったためか
 「カド」と呼びます。
 方形を意味する「角」の字を
 当てるのかもしれません。
早朝や夕方の涼しい時間には
レモンは「カド」で自由散歩。
0914lemon
と言っても
認知症を発症してからは
下を向いて、同じカ所を
ぐるぐる回るばかりですが。
姉が管理している花畑。
0914sakimidare
夏色が徐々に秋の色めいて
きました。
イチジクの木が大きくなりすぎて
大胆にカットしたのは春。
0914houch1
若い枝がぐんぐん伸びて
絶好調のはずが、
「23日間、日本で一番暑い市」の
栄誉に輝いた時に
枯れてしまいました。
なので、毎年期待していた
叔父さんに今年は送れません。
申し訳なし。

 

| | Comments (0)

まだ食べてなかった!

2020年9月13日(日)晴れ、雨

 

早朝、山の畑で収穫。
午後、発送。
0913budo
現在はこんな荷姿です。
春からの不調な天候と
トドの栽培技術の未熟さで
房としてお送りできるぶどうは
初期のお客さまのみでした。
一旦ぶどうの販売を中止したのですが
どんなカタチでも結構の声に
押され、
「つぶつぶや合わせ房でもOK」の
連絡をいただいたお客さまに
だけお送りしました。
今年、注文をお受けできなかった
みなさま、申し訳ありません。
来季が良い天候にも恵まれますように。
0913unkai
80_20200923054401
山陰で仕事をしていた友人キクチさんが
瀬戸内の沿岸の町「福山」への帰途、
遠回りして寄ってくれました。
0913kikuti
「キチンとケーキを食べてなかったから」
へ?
そういえば、そうだった。
珪藻土塗りの
仕事中の休憩や、
仕事の後にお茶しただけでした。
そんで、
今日はミルクプリンと
シフォンケーキのセットです。
0913pudding
こっちはお土産にいただいた
鳥取産の梨。
0913nashi
二十世紀が懐かしく
美味しかった。

 

遠い記憶になってしまったけど、
わが家はぶどうの前に
梨を作っていました。
ぶどうがメインになっても
長く「梨屋の息子」と
呼ばれていました。
その頃は稲作が中心で
果物を作る家はまれでしたから。
80_20200923054401
高梁駅ビルの観光案内所に
ぶどうのパックを納品。
見上げる山の頂にお城が見えます。
0913shiro
備中松山城。
標高440m。
駐車場から歩って
25分くらいの山道です。
ハイヒールや乳母車はちょっとムリです。

 

| | Comments (0)

アシカ カフェ(8日目)

2020年9月12日(土)晴れ、雨

 

アシカ カフェは毎週「金、土」に開けています。
am.11:00〜pm.16:00
0815haterum300_20200921041701
早朝から開店準備。
店内掃除、外掃除、朝食。
10:30
家まわりの片付けをしていたら
お父さんと女の子の二人連れが
ゆっくり、坂道を登って来て
「カフェってこちらですか?」と父さん。
 はい。
「スムージーが美味しいと聞きました」
 ありがとうございます
 でも、開店は11時なんです。
「そうでしたか、では出直します」
0912tagam
見送りながら、アシカを振り返ると
こくりととうなづいてる。
急ぎ走っているうちに名前を思い出した。
 待ってください、タガさん大丈夫です。
 どうぞお入りください。
その声に父子はニコニコと小走りに
坂を上がって来る。

 

美味しくて、健康的な
ぶどうのスムージーを飲んでいる
大満足な二人と話します。
「ご近所の同級生たちから
 スムージーが美味しかった」
と聞いて、来たかったそうです。
食品保存機器の最大手にお勤めの
お父さんとは機器の性能や
メンテナンスで話が尽きません。
80_20200921080401
ご近所の仲良しシュフのみなさん。
気軽に寄れる場所ができたと
喜んでくださいました。
0912nogut
「あのな、ウチのダンナがトドさんと
 FB(フェイスブック)のトモダチ
 らしいんじゃけど・・・なんで?
 さて、何でしたか〜。
 以前に仕事でアドバイスいただいて
 から、時々話はしますけど。
 って回答では、まだ不審そうです。

80_20200921080401

友人モリミが古〜いお客様と
若い友人を連れてきてくれました。
0912komomori
ケーキを食べながら、最近の菜園や果樹の
栽培異変の話などをたっぷり。

 

こちらが若い友人のコルテさん ↓ 。
微細精密な立体刺繍って分野で
メキメキ頭角を現しています。
0912colte
後ろの三人さんは黒いぶどうの
スチューベンさんに夢中。
寒さに強く北国でも大丈夫で、
高糖度の甘さと、
放ったらかしでも栽培できると
人気です。
80_20200921080401
ピアニストにしてダジャレ家。
その他にも無数の顔(仕事)を持つ
アサダさん、
わが家でお会いするのは3年ぶり
くらいでしょうか。
0912yamo
積もる話をあれこれ確認し合います。
シフォンケーキのシャイン盛りと
ぶどうのスムージー。
「オレンジの漬け」にも興味が
惹かれたようです。
0912yamo2
*ぶどうのスムージー:このカットじゃ
 安物んプラスチックにしか見えませ〜ん。
今日は他にも
クラタさんとそのお友達。
犬トモダチのカクドさんとそのお友達。
など、たくさんの方がお見えになりました。
みんな ありがとう。
感謝です。

80_20200921080401

備中高梁駅ビル2F、観光案内所に
「つぶつぶ ぶどう」を置いています。
0912tutaya
入り口寄りのよく見える場所に
移動しました。
(500円/パック)

 

| | Comments (0)

アシカ カフェ(7日目)

2020年9月11日(金)くもり

 

アシカ カフェは毎週「金、土」に開けています。
am.11:00〜pm.16:00
0829genkan320_20200920051901
オープンと同時に入って来られたのは、
敬愛する小麦のスペシャリスト
フジワさんでした。
カフェ、ベーカリーの開業アドバイスや
食品の製造工程から工場選定までの
コンサルタント・・・も本業?
らしいのですが、
トドとアシカがぶどう作りを始めたころからの
ぶどうのお客様でもあります。
0911fijiwar
この小さなキッチンで何ができるの?
バルミューダとアラジンの使い分けは?
時季によって卵の状態は?
などなど・・・
たくさんの質問を受けてもらい
即断でアドバイスをいただきました。
一息ついたところで
「じゃ、また」と
愛する スバル の試乗会へと
風を食らって去って行かれました。
そうそう、氏は古いビール友達でも
あります。

 

嵐の後ににこやかに現れたのは
フジーさん。
0911fujisa
縁側に座り、
ゆっくり、的確にアシカと
仕事の話を詰めます。
二人の表情を見ているだけで
いい仕事になりそうな予感。

 

赴任地タカハシの飲食店の
応援団を自任するヒラタさん。
今日は新進のイラストレータを
伴い、打ち合わせとランチチェック。
0911hiratasa
どうやら、わが町(高梁)の
ランチマップを作られる様子。
控えめな発信力のお店にも
光をあて、遠慮のない辛口の
楽しいのができるといいなぁ。

 

今日も1日よく働いたアシカさん。
0911ashic
発想、突破力がアシカの武器だと
思っていたら、
いつの間にか地元の主婦や
おばちゃんたちとの
親和力も得てる。
トドは店の片隅で頬杖をついて、
皆さんの話の断片を捕まえては
放してとネコのような時間。
80_20200920062501
そろそろ畑に帰ろうか。

 

| | Comments (0)

表音が重視された時代

2020年9月10日(木)晴れ、くもり

 

月に一度、回覧板が回ってくる。
大抵はざっと見て、できるだけ早く
次の家に回します。
今回は地区の危険区域について、
なのでしっかり読みます。
この十数年モンダイになっている
200軒以上ある住宅地の上にある
3つのため池。
0910kiken1
稲作が盛んだった前世紀に作られた
池は住宅地が増えるに連れて
水利の利用者、管理者は激減。
くりかえす豪雨等の気候変動もあり
今、安全性が問われています。
0910kiken2
回覧は現状の危機を回避するための
工事の予算要求と災害時の自衛と連帯を
確認するため。

 

同感です。
しかしトド的には・・・
もっと、ずっと細かいところに
目が止まってしまいました。
幼少時から親しんでいた
「てぇしばの池」が
「砥石場の池」と表記されていたのに
びっくりでした。
Todokaw90_20200919031301
で、思い出すのが司馬さんのエッセイ。
かつて、明治期までは個人の名前も
表音重視で耳で聞いた名前を
手紙等でどの漢字を当てても
音が合っていれば「良し」と
されていたようです。
そのいいかげんさは
後世の歴史家には
迷惑でしょうが
らしい、と言えばらしいなっと。

 

・早朝、アシカと2カ所の山のぶどう畑で
 ピオーネ、ゴルビー、
 シャインマスカットを収穫。
・午後、発送。
0910
・夕方、織里音(オリオン)さんに
 安芸クイーンを運ぶ→ジャムに加工。

 

| | Comments (0)

«プルーンの食べごろ