ゆずとチョコレート

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月15日(土)晴れ

「食べる〜」と階下から声が聞こえる。
デスクワークでいっぱいいっぱいの頭が
コーヒーの香りに緩む。
今日のアシカのケーキは
「ゆず」と「ガトーショコラ」。
両方出されると、どっちから食べようと
いつも迷ってしまう。

1214cake
やっぱり、ゆずの香りとしっとり感を楽しんでから、
フクイクとしたチョコを楽しもう。
*ゆずはぶどうの師から送っていただいたもの。


今日のアシカのほのぼの四コマ劇場は
「しつけ」です。
1205残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

| | Comments (0)

コーリャンって

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月14日(金)くもり

友人ニシナさんからいただいたタマネギの苗を
やっと植え終わりました。

Hehehe100
夕刻まで少し時間があったので、
友人ウラタくんに 稲藁(イナワラ)
ある? と電話。
「少しならあります」と快諾。

ウラタくんは瀬戸内海の近くの県南の生まれ。
会社を辞め、自転車で日本列島を2周して
「ここがいい」とバルキ畑の近くに住み着いて
お茶の栽培を始めました。
高齢化でお茶畑を管理できない農家が多く、
2年ほどで地域で一番の広いお茶畑管理者に
なりました。
彼はまた「最北端のサトウキビ栽培者」でもあります。
3世代くらい前は県南でも栽培されていましたが
この地域の、しかも山上で復活できるのか?
と危ぶんだのですが、
収穫し、絞り、煮詰めて「天空の黒蜜」として
出荷しています。絶賛発売中です。

畑では何度も会っているのですが、作業所に
行くのは初めて。

軽トラに山と積んだサトウキビを見て・・・
これサトウキビ? 細いけど? と問えば
「いえ、コーリャンです」
コーリャンからも蜜が採れるの?
「はい、赤い蜜が採れます」
1214koryan
んで、今なにやってるの?
「一本、一本、汚れやゴミをふき取ってます」
寒空の屋外で実直そうな父上が丁寧に
気の遠くなるような作業を黙々と続けて
おられました。

今年は失敗して細めのコーリャンですが
本来はサトウキビに準ずるくらいの太さ
のようです。
「黒蜜も赤蜜もお菓子に使えそう」とアシカは
期待しています。

*コーリャン/正式には「モロコシ」、タカキビとも呼ばれる。
 熱帯アフリカ原産
 穀物としては小麦、米、トウモロコシ、大麦に次いで
 世界5位の生産面積。
 乾燥に強く米、小麦が育たない地域でも生育可。
 米と同様に炊いたり粥にして食す。
 白酒(パイチュウ)の原料にも。
 日本には15世紀ごろ伝来。糖汁採取としても栽培。
 (wiki)

・品種改良したホワイトソルガムはグルテンを含まないので
 小麦アレルギー者でも食べられるし、鉄、Ca、Mg、食物繊維、
 不飽和脂肪酸など他の穀物よりも多く含むなど利点がある。
 ふ〜ん、いいじゃないか「ホワイトソルガム」。

・緑肥や風よけ、農薬のドリフトガードとして多くの百姓に
 利用されている「ソルゴー」も近種かな?
 今度見かけたらカジってみよう。

| | Comments (0)

1月号は

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月13日(木)晴れ

久しぶりに地元の本屋さんに行くと
「現代農業」のイメージが変わっていた。
これまでは農機とフツーのおとっつあんか、
田舎の道の駅で見かけるおばはん、
でなきゃ、モミガラや化学肥料の大写し
で、悪かないけど、こんなもんかって写真だった。

新年号はいかにも自然農でスタイリッシュ。
おや、どうしたんだろうと手に取ると
本が薄い、いや重さはある。
・・・紙を変えたか!
パラパラとページをめくると
写真のノリがいいし、文字もすっきり読みやすい。
用紙のグレードを上げたんだ。いいな。

1213nou

その上、この数年会ってみたいと思っていた若者、
村上厚介くんが巻頭特集だった。

1217murakam3
1町の田んぼを超疎植で1本植え、手取り除草、手刈り、
天日干しで、反あたり10俵収穫。
(一般的には7、8俵/反)

1217murakam1


1217murakam2


時代は変わるかもしれない。
 農的には悪い状態に追い込まれそうな
 現状なんだけど、それを覆そうとする
 意欲さえ感じられる表紙と特集。

もともと、この雑誌は有機も自然農も載せる。
けど、その次のページには化学農薬の効果的な
使い方も載せる「なんでもあり」の紙面作りだった。
その編集方針は変わらないだろうけど、
次の一手が楽しみな雑誌になりそう。

1枚目の写真のもう一つの雑誌「野菜だより」は
「タネまきの新常識」を
「タマネギの新常識」と読み違えて買ったもの。
 今ごろタマネギの特集?
 っと不審に思ったけど、ここ数日タマネギ植えばかり
 してたから参考にしようと買ってしまった。
 ページをめくれどもタマネギが一向に出てこない。
 はて?と表紙を見直してやっと誤読に気づいたしだい。

でも、おかげで今までのタネまきが
いかに間違っていたかわかった。
水のやりすぎだったんだな。
大判の家庭菜園者向けビジュアル雑誌は3紙あって
どれも、写真がきれいでイラストやレイアウトも
分かりやすい。
なにより文字が大きくて読みやすいのがうれしい。

久しぶりの青空。
1213sora
山のぶどう畑カンパラでタマネギ植え。


昨日、友人ヤクシジくんが用意してくれた剪定枝を
引き取りに行った。
1213sentei
軽トラに積み込んでいたら「見かけたので」と
ニシカワくんが車を止めた。
二人とも中、高校の同級生である。
もっともその当時、ほとんど会話した覚えはない。
同窓会にも行かないし、一緒に酒も飲まない。
でも、何だろう。
同じ時代を過ごした仲間意識かな。
会うと ぬくもり のようなもんを感じてしまう。

寒空の下、三人熱いお茶を飲みながら四方山話に
興ずるのであった。
あった、あった。共通項は「美味しいもんが好き」だった。

| | Comments (0)

田舎暮らし

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月12日(水)くもり

「アシカのほのぼの田舎暮らし」をブログで
楽しんでいた方の多くが、本でまとめて
読みたいと思っていたようです。

↓ふっくらしてるけどアシカです。
Ashica_ouen200
アシカがトドの両親と
最初に会ったのは
四半世紀(25年)も
前のこと。
そのころ、父は国鉄を
退職し、
母と小さなぶどう畑と
家庭菜園だけの
質素な暮らし。

父と母二人で、
できるだけの仕事量とゆったりとした
日々の暮らし。

それをアシカは「丁寧な暮らし」と
表現しました。

両親と同居するのはそれから10年ほど
経ってから。

田舎でのシンプルな暮らし、
四季の楽しみ方や古くから続く行事、
そのあたりが面白くて、
何かのカタチに残してみたいと
思いついたのが
四コマまんが+ブログだったようです。

本にしたおかげで
「あぁ、やっぱり本ていいわぁ」
「マットな表紙がすてき」
「手に取って紙の感触を感じながら
 自分のペースでページをめくっていける」
と古い友人のナンジョーさん。(宮城)

1215honobibo

母ちへこさんは本を読むのも大好きでしたから、
地元の小さな書店で探せない本は
「急がんけど(大特急での意)送って」
と電話要請が来ました。
まさか、昔から家族以外にもお願いしていたなんて・・・。

1215honobibo2

「楽しく読ませて頂きました、共に過ごした頃が
 オーバーラップして楽しかったです」
「活字好きと聞いて思い出したこと、私が中学生の頃、
 学校の図書室の貸し本をよく頼まれました」
「時には内容が大人の恋愛本なので、担当の先生から
 こういう本は未だ早すぎると注意されたことも」
「でも頼まれた本と言えなくて・・・」
「その頃、農家の嫁が読書等あまりなかった時代、
 在校中は続いたと思います」
「私とちへこさんの㊙️です」

トドよりも少しお姉さんの親戚の方からのお便りです。
中学生のマスちゃん、困ったろうなと
大笑いしました。
大阪のマスちゃんありがとう。

| | Comments (0)

ほのぼの田舎暮らし

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月11日(火)くもり

アシカのブログに掲載している四コマ漫画を
本にまとめ「アシカのほのぼの田舎暮らし」として
自費出版、販売しています。

1120chihekosan2

販売スタートは11月8日。
倉敷でのイベント
「自然とつながる 暮らし展」でお披露目して
約一月で初版分の残りはあと数冊です。

3分ほど考えて(二人営業会議)増刷決定。
原稿を少しだけ補足して発注します。
納品は一週間ほど先になります。

ブログじゃなく、本でお読みになりたい方、
お手元に置いていつでもお気軽に読みたい方、
トドかアシカに連絡くださいませ。
*アマゾンでは買えませ〜ん。

1213honobono2_3

一冊 税込で1200円です。
メールかファクシミリで連絡いただければ
お送りします。

メール:farmashica★gmail.com 
(★をアットマークに変えてください)
ファクシミリ番号: 0866-21-2171

送料
1冊の場合 180円のスマートレター
2冊の場合 360円のレターパックライト
それ以上はご相談ください。

お支払は同封する郵便振替用紙にてお願いいたします。
(振込手数料はご負担くださいますようお願いいたします)

今日のアシカのほのぼの四コマ劇場は
「12月」です。
1203_12 残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

| | Comments (0)

タマネギ数種

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月10日(月)くもり

朝、わが家の前の山、上の1/3ほどは
キリに隠れていました。
キリの上に住んでる人から見れば、
わが家はキリの底、ボトムの住人です。

1210yqma
午前中はデスクワーク。
以前に作業したパンフの文章の一部を
修正したいとの要請があったので作業。
確認してもらって、印刷手配まで。


家まわりの畑を散歩しながらチェック。
最初に植えた極早生のタマネギは苗を買ってから
植えるまでに時間がかかってしまい
ハンデを負わせてしまった。
2番目に植えた↓赤いタマネギは順調です。
1210akatama
3番目の黄タマネギの育成はまあまあ。
そろそろ寒くなってきたので、
苗まわりをモミ殻でカバーしてやらないと。


午後は山の畑カンパラで最後のタマネギ
「ネオアース」の畝を作り、植える。
1210neoearth
右端は「黄タマネギ」。
次の2畝がネオアース。
苗の残量からすると、もう1畝必要かな。
植えてからモミ殻とカキ殻粉でカバー。
乾燥と草防止、それに霜柱よけを期待しています。

夕方まで作業。
薄い塩ビのグローブ2枚重ねで
指先を保護していますが、
夕方になると土が冷たくて
かじかんでしまいます。
1210yuyake

帰りにホームセンターに寄って
明日の作業のための材料を購入。
1210tuki
この時期、暗くなるのが本当に早いな。

帰って風呂焚きして夕メシ。

| | Comments (0)

夜でもアサダさん

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月9日(日)くもり

夕方、南の隣町の「結/ゆい」さんで
アサダさんのクリスマスコンサート。

1209yui1
カラダが冷えきっていたので、迷わずワインをオーダー。

こんな感じでゆるっとなごやかに始まります。
1209yui2
毎年の顔見知りに、初めてお会いする方もちらほら。

語りをはさみながらポップスを中心にジャズも少し。
1209yui3

前日に思いついてリクエストした「ボヘミアンラプソディ」を
急遽用意していただいて満足。
ありがとうございました。
1209yui4
あらかじめ1曲だけリクエストありにするのって
大変かもしれないけど、
ワクワクお楽しみ感があっていいですね。

結さんの真面目なフツーの料理がおいしい。
1209yui5
食材は父上や友人たちの畑から届いたモノがメインです。
ローコストで贅沢なヨロコビが味わえます。

| | Comments (0)

初雪

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月8日(土)くもり

山の畑カンパラ。
去年からお借りしている大家さんの前の畑で
タマネギの畝(うね)を作り、植えています。
左は「黄タマネギ」。
右は友人ニシナさんにもらった「ネオアース」。
最も長期保存できる品種です。

1208tamaneg
去年作った畝を備中鍬びっちゅうぐわ)で簡単に耕し、
草をいい加減に抜き
 草を抜かない方がいいって説もありますが、
 7代続いた百姓のDNAの恐ろしさ、つい抜いてしまいます。
 せっかく伸びた草の根を利用するとか、草と共存の
 自然農へのハードルは心情的に高いです。
蠣殻粉をふんだんに入れ、バーク堆肥も少々で畝を作ります。
あぜシートで作ったフェンスは籾殻の飛散を防ぐため。
去年の寒さで大発生した霜柱を籾殻を分厚く敷いいて
回避したい。思惑通りに行くか?

しゃがんで植えているうちに、冷え込んだと思ったら
雪が降っていました。初雪です。
1208hatuyuki2
風も吹いてきて、指先、つま先が かじかんできました。
そんな時は鍬(クワ)を振り上げ耕して暖をとります。

軽トラのシートカバーの上にも雪が。
1208hatuyuki3
まだまだ、やることはいっぱいなのに、寒ぶい。

雪が降ったらもう畑仕事はしない と宣言していたけど
今冬は軽トラもスタッドレスタイヤにしなきゃ
なんね〜かもです。

| | Comments (0)

ぶどう畑のとなりで

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月7日(金)晴れ

お借りしている山のぶどう畑カンパラ。
シャインマスカットも冬枯れています。
1207kanpa
先日、運び込んだ庭木の剪定枝が点々と
荷ほどきもせず置いたまま。
乗用草刈り機で粉砕するのも
まだまだ先になりそう。
枝の剪定はもっと先、来年ですね。
*塩山のオガワ先生の畑では、
 もう全てが終わっているはず。
 請われてタイやミャンマーで
 バナナの農業指導に行ってます。


「トドさん、今は何をしているの?」って
よく聞かれますが、

ぶどう畑のとなりの畑でタマネギを植えています。
1207tamaneg
やっと、一畝(うね)植えました。右の列。
品種はわかりません。
苗屋さんでは「黄タマネギ」と呼ばれていました。
最もおいしいタマネギらしいです。
できるんが、楽しみです。

左側の畝は春に収穫したはずの
タマネギが残っていたようです。
元気です。
そのまま残しておけば春に収穫できる?
といいのですが、結球も小さいまま
もうすぐトウ立ちしてしまいます。
・・・そのはず。
それを確認したいから一部そのままにして
おきましょうか。

さてさて、急がねば。


アシカのほのぼの四コマ漫画が復活!
タイトルは「輝き」です。
1129 残りの
3コマは
アシカの
ブログ
ほのぼの
 田舎暮らし

で、お楽しみ
ください。

| | Comments (0)

発泡ワイン買うた

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年12月6日(木)雨

何かの時に使おうかと発泡ワインを用意しました。
まぁ、クリスマス用かな・・・仏教徒ですが。

1204naiag
ナイアガラですから甘いでしょうが、
イヅツワインのようなフルーティな香りだといいな。


こっちは友人が用意してくれたの
1205nakajm
かっこよくて好みの書体です。

んで、そのパッケージ。
1205nakajm2
ドカンとロゴが大きく入った直球勝負。
潔ぎよくて好きだな。


わが家のぶどう畑のピオーネは、
今年はまれに見る絶好調でした。
でも、安芸クイン(1本)はほとんど色が
付かなくて、手付かず。
1206akiq1
通常は来年のために切り落とすのですが、
状態の良いパリパリの粒だけ集めて、

フードプロセッサーで粉砕し、
1206akiq2
「こんなん使えねぇ」と放り出していた絞り機を
使ってジュースにしました。

やったー、発酵するのか?
ワインか?
いえ、いえ。
このジュースで「干しぶどう」を戻して
ケーキの材料にします・・・アシカが。

*柔らかいぶどうは手でつぶしますが、
 パリパリの堅い安芸クインなぞは
 一房で、指が壊れてしまいます。
 多分、足でも難儀かな。
 
「なので良い圧搾機が欲しいです」
 to サンタさん。

| | Comments (0)

«んめもん送った