想いのままに手が動かせる

 

2021年1月21日(金)晴れ、くもり

 

夜半からの雨は朝には小降りに。
アシカ カフェ も オープンです。
0122cafe1
今日、明日は 寒くて悪天候の予報ですが、
お客様の出足はどうでしょう?
1211cafe_20210123221601

 

両親が植えた桜の木。
樹齢約50年のシンボルツリーです。
ご近所さん数軒の庭にも
桜の木はあったのですが、
大きくなるに従い管理が大変?
伐採されて、今ではこの桜だけが
残っています。
0122cafe2
桜の花の時期には
散歩する人が足を止め
ホッと見上げたり、
子供と一緒に写真を撮ったり
の光景が見られます。
車道の拡張工事の時には
「この木、切らないよね」と
多数の方が心配してくださいました。

 

さて、
カフェのお客さまがいない時は・・・
それはそれで
想いのままに手が動かせる?
0122cafe3
次の作品のラフスケッチをしたり、
イラストやペンダント作りが
できる
楽しい創作時間・・・らしいです。

それでも
・いつものアスリートさんが
 お出かけ用のケーキをドンと
 大人買いに来てくれたり
・笑顔の友人ウラさんが
 お茶の「あぶり番茶」の納品に
 来たついでにケーキセットで
 くつろいでくれたり
も楽しい時間です。
0122cafe4
あまりに立派な「仕事する手」を
見染め、姉が手のひらを合わせます。
 トド母が元気な頃こうして
 手を合わせては
「ほんまに大きいなぁ」と
 子どものように
 喜んでいました。
 Photo_20210124040501
ウラさんに
サンプルとしていただいた
黒糖シフォンケーキの味見や
0122cafe5
まかない「おやつ」の
ネコ型クッキーと
残っていた正月のお菓子も。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

のらぼう

 

2021年1月21日(木)晴れ、くもり

 

「のらぼう(野良坊)菜」
やっと大きくなり始めました。
多摩(東京)〜飯能(埼玉)周辺の
地野菜です。
 江戸期に民の飢饉を回避するため
 幕府が種を配布し、栽培が
 始まったらしいです。
0122norabo
トドはかつて、多摩エリアに住んでた
にもかかわらず、口にしたことはなく、
岡山に帰ってから中京出身の友人に
教えられて、その美味しさにびっくり。
旬は3月下旬〜4月下旬ですが、
もうすでに葉っぱを口に入れて
美味しさを楽しんでいます。
今年は存分に食べられそうです。
*教えてくれたバンノさん夫婦に感謝!
〈 料理 〉
・ごまあえ
・バター炒め(ベーコン入り)
・ミニトマトとツナのパスタ
・ポタージュ

 

ビーグル犬レモンは17才。
近年、2度の腫瘍の手術を経て
どんどん体重が減って
アバラや腰骨が見えるくらいに
痩せました。
耳は聞こえず、目もかすみ、
認知症も進んでいるようです。
0122lemon
でも、よく食べ、歩きます。
認知の症状で、くるくる回ります。
だから
食べ終わった食器もよく踏んむして
ひっくり返します。
何度でも、夜半でも。
器が金属や陶器だとうるさくて。
どっしりした形状で、滑り止め
ゴムが付いた器を買いました。
これで夜半の騒音が解決・・・
しませんでした。
カワイイ足あとのイラストが
ドックフードのポリポリと
見分けがつかなくて
いつまでも食べ終わらないレモン。
・・・うかつなトドでした。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

晴れたら上着はいらない

 

2021年1月20日(水)晴れ、くもり

 

雲が開け、陽がどんと覗けば
暖かいので、上着を脱いで
家まわりのぶどう畑で剪定作業。
0119sentei1
昨年、実を付けてくれた結果枝を
1芽だけ残して切り落とします。
長い枝は足さばきや
葉面散布のホースの
邪魔になるので、20cmほどに切って
畑にもどします。

 

枝は主にセルロースですから
肥料分は期待しませんが、
草刈機やヒトの体重を分散し
土が固くなるのを防いで
くれるかなって期待です。
0119sentei2
これくらい太い枝(主枝)は1年保存して
風呂の薪にします。
乾燥前の木は軟らかくて
薪サイズに切るのも楽なのですが、
それは後回し。
まず剪定を優先します。
作業はまだ3/4くらい残っています。
急げ、急げ!

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

たんぼの中の家だった

 

2021年1月19日(火)晴れ、くもり

 

美味しくて、使い切りやすいので
愛用している四つ葉バターさんが
「ひまわりオイル入り」を
作りました。
1219yotuba_20210121102401
通常のバターと遜色ありません。
毎年、秋、冬にはバター不足で
日本中(業界)わやわやしますが
少しでも解消できるといいですね。
植物系の美味しいバターがもう少し
安価で一般的になるといいなぁ。
・・・スプレドに使いたい!

 

ゆっくり、少しづつ大きくなってる
そら豆さん。
0119soramame
ぐいぐいと伸びて
サヤごとオーブンで焼いて、
食べられる日が、待ちどおしい。

 

ニンニクもボチボチ成長。
0119ninnik
まだ顔を出してないのが多数です。

 

朝夕は寒々しいけど
陽が出ると暖かいので
ぶどうの剪定作業を急ぎます。
0119asa
となりの家まで、たんぼを挟んで
80mほど。
 子供のころ「となり」って
 遠いんだなぁ〜って
 思ってました。
たんぼの中に家がポツリポツリとある
集落でしたが
今では住宅の方が多くなりました。

 

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

風呂洗いの味方

 

2021年1月18日(月)晴れ、くもり

 

晴れると暖かくて、
ホッと気持ちがやわらぎます。
0117sora

 

一番近いホームセンターの
ナフコさんを歩ってたら
どんっとカゴに盛られた
フロ釜洗浄剤に目が止まった。
スッキリしたデザインが気に入って
買った。
翌日の洗濯物が少なそうな日を
狙って使ってみた。
0117senjyo
入浴後、投入。
追い焚きして翌朝まで放置。

 

青空の下、で農作業。
午後になって「フロ洗い」を思い出した。
風呂のフタを開けると、
思ったより汚れは浮いていない。
「まあ、こんなものか」とホースで
水道水をボイラー穴に入れ放水する。
すると・・・
出るわ、出るわ、
こんなにもオドオドが入ってたなんて
こんなにも汚れたボイラーのお湯の
風呂に入ってたなんて。
浴槽3杯分くらいの水量で
やっとオドは出なくなった。
汚れた水がなくなると、
浴槽そのものが美しく見える。
本来のホーローの色「水色」に
もどっている。
薬効の効かなかったフチは
15%ほどの黄色味がかかったままで
古さを見せている。

 

すばらしいナフコさん(発売元)。
すばらしい重曹効果。
全国のお風呂ファンのみなさん
ぜひ、お試しください。
198円で快適入浴です。
次回は浴槽にイスや洗面器も投入して
風呂ごと丸洗いしたい。

80_20201214014801

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

もうすぐ春です・・・ね

 

2021年1月17日(日)くもり、 晴れ

 

アシカのカードにつられて
「もうすぐ春ですにゃ〜」と
歌いたくなる暖かさです。
0117cafe1_20210119121901
ジッサイには寒波が来ているようですが、
陽のあるうちは、
ぶどう畑で剪定を始めました。
まずは、大幅に伸ばし直した所を
忘れないうちに、
不要な部分をカットし、
今年伸ばす枝をしっかり固定します。
大小の枝のカットはこの休眠期に
すませてしまいます。
(遅くとも2月いっぱいまで)

0330shima_20210119114801

りんごのケーキは好評のうちに
終わってしまいました。
「えっ、もう終ったの?」
「もっと食べたかったのに」
の声に押されて
友人の山形のモリヤさんに電話。
 ケーキに使いたいのだけど
 りんごある?
「もちろん冷蔵保存してるからあります」
速攻で、立派なんやらラ・フランスまで
送ってくれました。
0117moriy1
モリヤさんはパソコン時代からの
友人です。
むかし、訪ねた時に
 さくらんぼの収穫に
 こんな大きくて深いカゴを使ってて
 下の方ツブレませんか? 
と聞いたことがあります。
「普通ツブレます」
「どうしたらいいでしょう?」
「ワタシたちはツブレないような
 丈夫なサクランボを作ることに
 したんです」
果物は華奢で繊細ってイメージ
だったトドには目からウロコでした。

「さくらんぼ、もも、洋ナシ、りんご
 贈答用を意識することもあるけど
 基本的に丈夫で、美味しくて、
 みんなが買いやすいものを作りたいんだよね」
と素晴らしい、心意気を見せてくれました。
0117moriy2
 (ラ・フランス)
あちこちにいい友人がいます。

80_20201214014801

アシカカフェ は
金曜、土曜が営業日です。
11:00〜16:30

 

| | Comments (0)

みんな ありがとです

 

2021年1月16日(土) お天気雨ちょっと、晴れ、くもり

 

お天気雨が上がったあとは
暖かい陽射しが地表にあふれています。
「アシカ カフェ」は毎週  金・土曜日、
 11:00〜16:30 にオープンしてます。
0829genkan200_20210118095901

 

大きな松の木は、わが家よりも古くから
あります。
父や父の弟妹たちが子供時代から登り、
親しみ、帰省した時には懐かしそうに
見上げておりました。
そのほかの花木は父や母がそれぞれ
思いついたように植えた庭です。
大石や築山は父の退職後に作ったもの。
0116niwa
松は先日からアシカが剪定を始めました。
その後ろの樫の木は去年忙しくて
サボったので今年は剪定しなくては
なりませんところのトドです。

ぶどう棚用のコンクリート柱も

今年こそ片付けましょう。
・・・トドに持ち上げる力があるうちに。

 

今日のみなさんは
・ご近所のおくさまたちのランチ会
 歩きとシニアカーで寄ってくださいました。
 みなさん久しぶりにお会いするようで
 ゆっくりと愉しまれました。
・常連のカタさまはお友達と
・イベント仲間の テラさんは
 新しいマスクとマフラーを持って。
・アスリートのSさんは
 スレンダーなアスリート仲間と。
・遠い親戚の二人も懐かしい顔を
 見せてくださいました。
・新しく越してきた若いパパは
 2才児の子守に来られました。
 いつもニコニコ上機嫌なボーヤです。

0410_20210118110701

今日も「アシカ カフェ」を
利用していただいたみなさん
ありがとうございました。
See you next week ! ですじゃ。

 

| | Comments (0)

ゆっくりできる空間

 

2021年1月15日(金) 晴れ、くもり

 

今日も暖かい小春日和です。
「アシカ カフェ」は毎週  金・土曜日、
 11:00〜16:30 にオープンしてま〜す。

Shima1_20210117054801

フツーの古民家の玄関を開けると
まさかのカウンターに ほほ笑み。
飾り棚や壁に配した作品やイラストに
目を遊ばせ楽しんでくださいます。
ランチやケーキを食べながらの
会話もあじゃこじゃと弾みます。

 

0115cafe1

 

今日は
・農産物の6次産業化や
 カフェ運営のアドバイスでお世話に
 なったスタッフ3人がランチとお茶に
 来てくださいました。
 みなさん忙しい時間を調整しての
 プライベートだったのですが、
 トドは知らず、相談を投げかけます。
 (短い相談だったのでご勘弁を)
0115gest
・ご近所の三人さん
・姉の友人二人
・いつものアスリートさん
みなさんがゆっくりできるスペースを
ご案内できて良かったです。

 

0115cafe2
天気の良い日は短時間ですけど
老ビーグル犬レモンを日光浴に
連れ出します。
ネコのシマはちょっと迷惑そう。
0115rowbai
例年よりも少し遅れましたが
ロウバイが次々に咲きはじめました。

 

| | Comments (0)

前任者がいい加減だから

 

2021年1月14日(木) 晴れ、くもり

 

今日は、暖ったかいので障子貼り。
たっぷり水を含ませたスポンジで
障子を濡らして10分もたてば・・・
いや、15分もたてば・・・
どうした加減か、今日は時間がかかるな
その上
障子紙を取り除けば桟(さん)に
大量の糊が残ってる。

 

前任者は糊を付けすぎてるぞ。
そういえばなんだか職人さん気取りで
専用ハケにたっぷりの糊を盛って
作業していたなぁ。
0114syoujihari
あっ、前任者は◯年前?のトドです。

 

ところで
桟の上に乗っかっているのは
ペインティング(パレット)ナイフです。
ザックリと力強く絵の具をキャンバスに
乗せる、塗りこめる・・・をやりたくて
世界堂で買ったもの。
結局使う機会はなくて、こうして桟に残った
糊をこそぐ仕事についている
ナイフさんです。
もうしワケない。

 

さて、障子張りは思いのほか時間がかかって
最後は暗くなっての作業。
夕食のテーブルに遅れるワケにもいかず。
最後の1枚をエイヤッと終了。

 

翌朝、新しい障子ごしの部屋の明るさに
ヨシヨシと思ったら
最後の一枚はツメが甘くて
紙がひきつっていました。
どうやら、
トドはふすま屋さんにも障子屋さんにも
向いていないようです。

 

| | Comments (0)

いつでも会えると思ってた

 

2021年1月13日(水) 晴れ、くもり

 

小春日和の暖かさ。
縮こまっていた筋肉がほぐれ、
カラダが伸びやかでうれしい。
散歩する老婦人たちも
「もう、このまま春になるとええのに」
と互いに笑顔を交わしています。

 

「今日こそ外仕事をしなきゃ」と
上着をも着ずに庭に出ると
手水鉢に松葉が落ちている。
0113sentei
見上げると、
脚立の上には植木職人さん然とした
アシカの勇姿がありました。

 

トドは最も高い三角脚立を持って
ぶどう畑へ。
かつて、親父が垣根代わりに植えた?
伸びすぎた木を短く切ります。
去年、途中までやってた作業の
続きです。
0113bassai
すでに電話線にからんでいるし、
下にはぶどう棚と雨よけ屋根もある。
切り倒す方向によっては破損しそう。
まず、太い枝数本を切り落とし、
軽くしてから、ぶどう棚に向けて
倒した。
首尾に満足して脚立から降り、
枝を片付けていたら、
曲がった枝が跳ねて、左目を
シバいた。
とっさに上体をスェーバックさせ
たが避けきれず涙3滴。

 

夕方、
お借りしている山の畑「カンパラ」の
大家さん(老婦人)にアシカの作った
菊芋のキンピラを届けました。
一人暮らしで、料理も自分でできるし
お元気なのですが、
こうして、時々お届けしてます。
0113wakare300
暮れにお届けした時の小さなタッパーに
メモが付いて帰ってきました。
文章の最後に
「そして、よい人生を」とあります。
暮れにお会いした時に
「一人暮らしを心配した娘がより安全な
 施設に入るよう手配してくれました」
と聞いてはいたのですが。
コロナ禍とあっては、
今までのように頻繁に行き来もできず、
お嬢さんの心配も
やむを得ないことではありますが、
今生の別れのような文言が胸に沁みます。
80_20201210232101_20210115034701
な〜に
会えずとも菊芋の差し入れだけでも
届けるかと思案中。

 

| | Comments (0)

«雪景色