プディング好き

2020年7月5日(日)くもり、雨

 

幼少時にほとんど甘いモンを
食べていないところのトドです。
果物以外はね。
0704fruitpudding_20200712022901
じゃっどん、プリンは大好物です。
それも・・・40を過ぎてからのファンです。
70_20200712064501
アシカの友人にアメリカ暮らしが長かった
きもったま母さんのような方がおられる。
その方が作る、ど〜んと鍋いっぱいの
プディングが美味しくて、
たまに、鍋ごといただいた日には
ヨロコビのあまり「ぜんぶボクのだ」と
子どものように宣言したのでした。
 もちろん、本当に美味しかったし。
 思うにアメリカ西部の街の風景と
 遊び盛り、食べ盛りの男の子たちを
「おやつができたわよ」と呼び寄せる
 声まで想像して、楽しくなって
 しまうのだ。
以来、その方の家を訪ねるのも
バラ園(園芸家です)を見せて
いただくのも、
その後に待ち構えているであろう
バケツサイズのプディングを
想像するだけで幸福なのである。

 

ところで、アシカプリンは
某高名なセンセのレシピで
さらなる進化を遂げている。
*機会があればゼヒ食べてほしい。
 メニューに入ってるのか?
0705pudding
プリン+フルーツ満載は
最高に美味しいけど、
子どもたちが争うように
食べた(であろう)
鍋いっぱいのプデイングも
負けないと思う。

80_20200712064601

ぶどうの袋掛けもあるけど
草刈りもしなきゃ なんない。
0705balk_20200712023001
山のぶどう畑は毎年入り口が
わからんなくなるくらいまで
刈れないでいます。
今年こそはと思っていたのに
このありさまです。

 

Todokaw90_20200622020601
「古民家改装(53日目)」
日曜日なので工事はお休みです。

 

今回の工事でお風呂に続く
脱衣場のレイアウトを変えました。
洗面所と洗濯機の位置を入れ替えたら
なぜか排水がうまくいかない。
0628haisui
2台ある洗濯機の両方を使うと
時々あふれてしまう。
毎回じゃなくて時々ってトコが悩ましい。
工事スタッフに何度かチェックして
もらったのですが、
パイプのキャパが小さいわけでもないし、
で、相変わらず時々詰まる、あふれる。
新しいパイプ、古い配管、と
半日二人掛かりでチェックしてもらうと
0603ahure_20200712024001
地下深くの古っる〜ぃ配管の
曲がったトコに
「コイツがいました」
なんですか、それ?
穴が空いてますね。
「穴は取り出す際にワタシが開けました」
「たぶん化粧品のフタですね」
「かなりむかしの」
遥かスターウォーズよりもむかし
ちへこさんの手からすべり落ちた
キャップは時々流れてくる洗濯水に
揉まれ、時に場所を変えて
「見つけてよ」と
存在を訴えながら、永い時を
過ごしてきたのであらふか。

 

| | Comments (0)

yamadaさんが応援に

2020年7月4日(土)くもり、雨

 

ラズベリーソースの味と発色が
うれしくて、収穫してはソース作り。
いろんなものに使って味見してます。
アシカが・・・。
0704yamada3
もうそろそろラズベリーの
収穫はおしまいです。
秋の収穫ではみなさんに
新しいソースをご披露できると
いいなぁ。

 

さて、今日はわが家で一番
進行の遅いぶどう畑バルキの
袋掛けです。
待ち合わせ場所は山の上の
松原町「霧の海展望の丘」。
0704kiri
8時に着いて、駐車場を見渡せば
「ミニ」の姿はなくて
ピカピカの「アウディ」が1台。
応援をお願いしたのは
某印刷会社重役のyamadaさんです。
バイクと車はコロコロと変わりますが、
勤勉と誠実さは変わらない方です。
趣味もいいですね。
0704yamada2
ナビ大丈夫でした?
「地図を見てシロチから
 上がって来ました」
「対向車が来たら、
 ちょっと困ったかな」
ひと昔前のナビが教えてくれる
細い道を辿ったようです。
奥さま、さぞハラハラしたこと
でしょう。申し訳ない。

 

細やかな雨が降る中、
アシカが手本を見せて、
すぐに実践、袋かけ。
0704yamada
幅150cmのポリフィルムの屋根の
下なので、作業してると肩口が
ちょっと濡れる程度です。
でも、まぁ基本的にアウトドア好きで、
山歩きもするし、2年前には雨中の
北海道をタンデム(二人乗り)で
一周した方たちですから心配するだけ
損ってもんです。
 お二人でクラシックコンサートにも
 よく出かけられるようです。
 (余計な情報 1)

 

10分でほぼ熟練の農家並みのスピード。
何より農作業を楽しんでいる雰囲気が
伝わって気持ちいいです。
来年はもっとハードな袋かけをと
注文がありました。(了解です)

 

お昼はとなり町の TEXAS さんでランチ。
0704texas
食事しながら
 実はTEXASのマダムとはほぼ同級生で
 いつか(宝くじが当たったら)ウィスラー・
 ブラッコムに行こうねって言ってて、
 それからあっという間の20年が経って・・・
って紹介したら
yamada奥さまがにこやかに
「わたし行きましたよ〜、昔だけど」
楽しげに
「ウィスラー、ブラッコム10日間」
「でも2日目に両手の腱を伸ばして、
 4日目からストックナシで滑りました〜」
え〜、スキーなさるんですか。
楚々とした和服美人なのに。
(余計な情報2)

 

そのあと、わが家でケーキと
お茶しながら、聞いた話では
シャモニーも制覇しているらしい。
欧州と米国どっちのゲレンデが
お好きですか?
にこやかに「シャモニーかな」
「雪もいいし、雰囲気がいい」
ここんとこ、本気でうらやましかったです。

 

山梨のぶどうの先生から「すもも」が
届いたので少しおすそ分けしました。
0704ogawa

 

Todokaw90_20200622020601
「古民家改装(52日目)」
工事はほとんど終わって、
掃除の業者さんがていねいに
床のタイルまで拭きあげて
くださいました。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
四コマまんがは「レジ袋」です。
0704

 

| | Comments (0)

わが家は秘境なのか?

2020年7月3日(金)くもり、雨

 

Todokaw90_20200622020601
「古民家改装(51日目)」
わが家の改装工事の最終チェック。
設計士2人(友人夫婦)と工務店さん3人に
トドとアシカも加わります。
もう、最終段階だから特に何も
ってことはなくて、
まだまだ確認したいコトはいっぱい
の様子です。
0703kaiso4
小さな店の
ちょっとしたパーティ?みたいで、
楽しそうな熱気でしょ。
0703kaiso1
縁側に立って、カウンター方向をパチリ。
黒く煤けた梁が交差する天上界に比べて
スッキリ整然でしょ。

 

白い天井の上には、もう一段梁があって
隠してしまうのが惜しかった。
もっと迫力が出て、モア古民家なんですが、
梁のホコリを誰が掃除するんじゃい。
ってコトで隠さざるを得ませんでした。
0703kaiso2
設計士(妻)がミニシンクや電磁調理器
の具合を確かめます。
スペースがとれないので
キッチンはかわいいミニサイズです。

 

設計士(夫)は高所に上がって調光確認。
0703kaiso3
う〜ん。
いつか微調整が必要になったら
長い竿を用意しておかねば。
それと9尺の脚立も掃除に備えて
用意しておかねばなんねべし。
とトドはメモしました。
少しの修正点を確認してチェックは終了。

70_20200710090501

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「何度もこの家には来てるけど
 このあたりのことは知らないから
 歩いてみたい」と設計士(夫)。
では、案内しましょうとトドが
小糠雨の中、先に立つ。
何が見たいですか?
「まずは神社かな」
居住区が山にかわる境に位置する
天神社に参ります。
簡単な説明と、維持するための
当番組制度を話しながら、
さらに上の池(農業用)まで案内。
*約200軒の村で稲作農家は4軒のみ。
 昔からやっているからって理由で
 池の管理や安全性まで任せていいのか
 って声が聞こえてきます。
*さらにビックリだったのが、
 200軒の内、農業収入があるのは
 わが家1軒だけでした(公的には)。
 1/4くらいは兼業農家だと思って
 いたのに、家庭菜園なんですね。
 みなさん。

 

わが家の近くの田畑はどんどん住宅に
変わってるけど、山に近い家では
昔のままのたたずまいが残っています。
0703sansak1
大きな納屋や蔵に
「今も現役なんだ!」
「よく手入れされてる」と
大喜びの設計士さんたち。
「ほら、見てごらんよ」
「あの支え柱の見事な曲線」
嬉しそうにパートナーに話します。
0703sansak2
代が変わるごとに不要なものとして
壊されることが多い納屋。
蔵も無用な長物です、一般的には。
・端材で作られた小屋
・一面だけ壁を設けた木小屋
・曲がりくねった梁や柱
目にするたびに歓声が響きます。
0703sansak3
山と畑とのせめぎ合いさえも楽しく、
「美しい暮らしっぷり」と表現。
案内する方も嬉しくなります。
「あの川は?」
「高梁駅はどっち?」
「素晴らしい景観じゃないですか」
0703sansak4
かつて、わが家のあたりでも
こんな風景が見えたのですが、
今は住宅が立て込んで、
すっかり、見えなくなりました。
大雨の時には二つの河川がぶつかって
大渦を巻くシーンに息を飲んだもんです。
*サダジイちゃんの朝は、山の上が
 明るくなるころパンパンと大きな
 柏手の音に始まり、
 夕日に染まった川を見下ろす、
 くわえ煙草と汗の匂いが
 一日の終わりでした。

 

無人の?家の手前までお邪魔して
秘境 を楽しんでもらいました。
エッ「秘境」だったのか、ここは。
0703sansak5
石積みにも興味がありそうだったので
村の東側だけに見られる
一定の高さにある「突き出した石」を紹介。
0703sansak6
わかりにくいけど、ここは階段状に
石が突き出しています。
足が置ける幅ですから
そんな用途を意図して作られたのでしょう。

 

なんだか、案内しがいのある反応に
うれしくなっちゃいました。
老後は村の案内人で生計を立てるかな。
「なんでもないフツーの村でも、
 見方によってはこんなに楽しく、美しいぞ」
これからの観光のベースになるか?

80_20200710064001

さて、今日はまだまだ続きます。
珪藻土のキクチさんが仕上がりチェックに
来てくれました。
0703coffee
ミルクがたっぷりなのは
濃いコーヒーが苦手な
「サクラとマツのツレ」も
寄ってくれたからです。
ミニシュー美味。
仕上がり具合に満足し、
養生テープをはがし、掃除中。
0703coffee11
座敷に座って珪藻土を見ながら
軽口を叩き合います。
0703coffee22
せっかくなので、トドの仕事場の
最奥部にご案内。
今まで非公開、誰にも見せたことは
ありませなんだ。
つうか、見る方法がなかった。
今回、配線保守用のドアをつけたので
「闇」と「ホコリ」が身近に
なりました。
0703coffee3
「闇」に何かを感じ取って
すかさずメモるサクラさん。
この「闇」は昨年8月に紹介したここ ↓ ですね。
0822kaizo6_20200710070301
居間の真上です。

 

さぁ、長〜ぃ、一日が終わりました。
0703coffee222
20時に就寝コールの鳴る
アシカさんはもう半分寝ています。

 

| | Comments (0)

老犬とさんぽ

2020年7月2日(木)くもり、晴れ

 

トド弟の愛犬レモンを預かって
3年くらいは経つだろうか。
最初のころは自分の健康のため
30分くらいの散歩だった。
普段通らない小さな脇道を
発見する楽しみもあった。
0423lemon22
  ぶどう畑のレモン
犬を散歩させてる知り合いも増えた。
散歩させているヒトの顔は覚えないけど、
犬のおおまかな容姿は覚えた。

 

先日、軽トラに荷物を積んでいたら
一人散歩している大きな老犬を
見かけた。
一人でトボトボと坂を下りて行く。
0601tora_20200709004701
手が離せなかったので、ただ見送った。
「ホンケの大きな犬が一人散歩しとった」と
アシカに伝えながら、
その犬はひと月ほど前に
老衰で亡くなったのを思い出した。
じゃ、あの老犬は誰だったんだろ?
甲斐犬のミックスは・・・
甲斐犬なら町内会長んトコの犬だ。
 *トドはビジュアル(画像)では
  覚えらんない。「甲斐犬」という
  言葉を記憶しているだけなのだ。
 (目撃者としてははなはだ役に立たない)
0601t0ra2_20200709004701
あの犬、確か、認知症を発症していたはず。
「電話してあげれば」とアシカ。

 

坂を走って、確保。
「お宅の甲斐犬保護してます」と電話。
すぐに引き取りに来てもらった。

 

朝や夕方の散歩で出会う犬連れの人との
会話は楽しい。
しかし、老犬はある日姿を見せなくなる。
「おや、・・・そうでしたか」
としか言えない。

 

山の畑に蒔いたトウモロコシ。
雑草と一緒に育ってるけど、
もう少しで背がぐんと伸びるから
モンダイない。
0702nanba
ぼかし肥料だけだから実は小ぶりだけど
モンダイない。

 

こっちはモンダイあり。
0702kikuimo
キクイモさん。
ナニモノかにカジられてしまった。
イノシシかタヌキか?
電柵さん出番ですよ〜。

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(50日目)」
床タイルもしっかり拭ってもらって
明日の設計士さんのチェックに
備えてます。
0702genkan

 

母の介護用に買ったエアコン。
室外機の置き場所がなくて
見ったくないけど、
玄関脇に設置していたです。
0702cooler
「これ、西の方に移動しましょう」と
設計士さん。
へっ?
ほんなこつ出来っとですか?
「はい、出来っとです」
知らざった。(西国域の言葉です)
そんなワケで室外機は家の西に
追いやられ、
玄関まわりがスッキリします。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
四コマまんがは「100人」です。
0702-100

 

| | Comments (0)

袋かけ

2020年7月1日(水)晴れ

 

午前、山のぶどう畑カンパラで草刈り。

 

日が傾いて少し涼しくなった午後に、
山のぶどう畑カンパラで袋掛け。
0701kanpa1
日焼けさせたくない品種には
濃い色の袋をかけます。
 シャインマスカットとか
 瀬戸ジャイアンツなど
 緑のぶどうですね。
早く出荷したい、早生のハニービーナスは
明るい緑の袋。
西日が当たる場所は濃い色にしました。

 

黒や赤のぶどうはしっかり色を
付けたいので白い袋です。

 

姉に手伝ってもらって夕方まで作業。
0701kanpa2
わが家の下のぶどう畑には
アーティーチョークが咲いています。
0701artichoke

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(49日目)」
本日、特に動きなし。

 

| | Comments (0)

みんなで楽しむ

2020年6月30日(火)くもり、雨

 

・・・なにかが足りない。
Jedi_20200707212501
わが家(古民家)の改装は2年越しで
検討、旧知の設計士さんに相談。
今はベストとは言えないタイミングかも
知れんけど、思い切ってスタートした。
材料の手配が困難と言われながらも、
作業工程は順調に進み、
ご近所さんも楽しみに見守ってく
ださっている。
「普請はモノ入りですが、
 それ以上に元気をくれます」
「楽しんで、頑張りなさい」
と励ましてくれた方も。
ところが、うまく進んでて、
もう終盤間近なのに
何か違和感がある。
なんだか気になってキブンが
弾まないでいる。

 

工程の最後の最後に予定していた
左官屋さんに「申し訳ないが」と
断りを入れてもらい「珪藻土」の
壁を友人キクチさんに依頼した。

 

そしたら
「珪藻土の塗りならゼヒ見学したい」
と熱い物好きな友人数人が集まった。
0630kikuphot1
  このTVドラマのお茶の間のような
  ほんわか素敵な写真はキクチさんが
  作業の合間に撮ったもの。

 

玄関のとなりの間を開放して
お茶を飲みながら、一人懸命に
作業するキクチ氏の姿を楽しみ
みんなで軽口をたたき合う内に、
「そっか、これか」と理解した。
予定調和のようにすんなり進行
させたくなかったのだ。
ダレかに依頼して
「やってもらうんじゃなくて」
一緒になって
工程の一つ一つをじっくり味わい
みんなで楽しみたかったのだ。

 

  特別参加の ちゃー坊 さん
  卵から脱出するのが遅れて
  兄弟から離れ
  一人だけ人間のかーさんに
  育てられているチャボの幼児。
  もちろん自分は人間だと思ってます。
0630chyarb
  危険極まりないハンターの住む
  シマ(ネコ)の領域にようこそ。
  じゃなくて十二分に気をつけて。

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(48日目)」
本日は工務店さんはお休みです。
代わって友人で珪藻土のキクチさんに
来ていただきました。
0630kikuch1
石膏ボードのエッジをテープで際立て、
合わせ目の凸凹を整え、継ぎ目や釘の
頭部を入念に何度も下塗りします。

 

乾燥を待つ時間は珪藻土の説明や
共通する友人の情報交換などを
楽しみます。
0630kikuch2
 珪藻土のメリット
・調湿性能に優れています。
 室内が湿っぽくなったら吸湿。
 乾燥気味の時には蓄えた湿気を放出。
 人が快適と思う60%の湿度を保ちます。
・匂いも吸着します。
 トイレや脱衣場の壁に使われる方も。
・大事にすれば30年、50年の長期使用可能。
0630kikuch3
珪藻土のデメリット
・高い価格(ビニールクロスの3〜5倍)
 ただし、クロスは数年で張り替えます。

 

右手の濃い茶色が塗りたての珪藻土。
0630kikuch4
このままの濃い色もシックでいいですね。

 

珪藻土の本塗りにギリギリ間に合った
笑顔のウラタさんはキクチさんと同級生。
0630kikuch5
どうやら「ごはん好き」をことさらに
カミングアウトしたいようです。

 

外から見るとこんなです。
やっぱりみんな楽しそう。
0630kikuch6
お酒も飲んでないのにね。

 

9時をすっかり過ぎたころ、
やっと完成。
早朝から夜中までかかりました〜。
0630kikuch7
お疲れさま。

 

シマちゃんもお疲れっ。
0630kikuphot3
(キクチさん撮影)

 

チャー坊もお疲れ!
君は鳥なんだから早く寝なさい!
0630kikuphot2
(キクチさん撮影)

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
四コマまんがは「空間」です。
0701
そうそう。
みんなが来てくれたおかげで
素敵な空間ができたと
自信を持って言えます。
みんなありがと。
設計者さんも、工務店さんに感謝です。

 

| | Comments (0)

マジメでコツコツ

2020年6月29日(月)晴れ、くもり

 

早朝、しばらくは天気が
持ちそうなので
山のぶどう畑バルキで
殺菌・殺虫剤を散布。
・スカウトフロアブル(非ネオニコチノイド)
・ストロビードライフロアブル
 3000倍
・玄米アミノ酸
・にがり
・唐辛子竹酢液
 1000倍
 250リットル/小一時間
午後、
山のぶどう畑カンパラで草刈り。
シャインマスカットの袋掛け。
0629kanpa
思ったより、空枝が多く
伸張した分を合わせても
昨年より少しマイナスか?
健康と安定の収量を保つのは
難しいなぁ。

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(47日目)」
わが家は3代か4代前のジイさまが
他所にあった家を買って移築しました。
0629kaiso
柱や梁を分解し、運び、組み立て直し。
その経緯で使われなかったホゾ穴が
あったり、梁の長さが足りず ↑ 継いで
あったり。
どういう事情があったのだろうかと
梁を見上げながら時々想います。
代々、真面目で勤勉な百姓だった
ようですが、2代前のジイさまが
慣れぬ商売で田畑、蓄財の全てを失い
残ったのはこの家のみ。
次の当主の父の勤勉さに救われた
一族です。
 Hohoh100_20200707025401
 ワタシ?
 トドは勤勉とは言えないなぁ。
 残念。

 

家具屋さんが足台を持ってきて
設置してくれました。
0629kagu1
カウンターも足台も材料はタモ。
オーソドックスな素材で
加工がしやすくネバリが
あるので野球のバットにも
使われるようです。
0629kagu4
この家具屋さんはカッチリと
いい仕事をしてくれるのだけど、
何より仕事を楽しんでる雰囲気が
気持ちいいです。

 

ミニキッチン。
後部の戸棚やスイングドアも
一緒に作っていただきました。
0629kagu3
靴箱も家具屋さんの仕事です。
0629kagu2
靴箱とかタンス、本箱なんて
出来たものを買って来るもんだ
と思ってましたから、
なんだかうれしいです。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
四コマまんがは「添い寝」です。
0629

 

| | Comments (0)

日曜日ですが

2020年6月28日(日)くもり、晴れ

 

早朝、山のぶどう畑カンパラに上がって
殺菌・殺虫剤を散布。
・スカウトフロアブル(非ネオニコチノイド)
・ストロビードライフロアブル
 3000倍
・玄米アミノ酸
・にがり
・唐辛子竹酢液
 1000倍
 250リットル/小一時間
0628kanpa
ここ数年、殺菌・殺虫剤の散布は
2回に抑えていたのですが、
続く雨と袋掛けのタイミングが合わず
やむを得ず、山の畑2カ所は3回と
なりました。残念。

 

霧の海展望の丘から見る県南方向。
0628balk
本日は日曜日なので雲海もありません。

 

周辺部の草刈りをサボってるので
入り口がふさがっていました。
0628baik1

 

乗用草刈り機用の入り口は
別なので問題なし。
高速で刈り飛ばしました。
0628baik2

 

ぶどうの枝が混んでいたので
要所だけ2時間ほど整理。
夕方まで作業。
0628baik3
それにしても、畑周辺の草を
刈らねば風通しが悪すぎ。

 

帰って家の畑に「紫アスパラ」
2本を定植。

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(46日目)」
本日も改修工事はお休みでした。
静かでホッとする・・・
ってより静かすぎるな。

 

| | Comments (0)

満面の笑顔は

2020年6月27日(土)くもり

 

全国に笑顔をふりまきながら
自転車で日本を2周。
その後、瀬戸内の故郷から
750km北、高梁市の山中に
居場所を定め、お茶と砂糖きびの
栽培をなりわいとしている
年中笑顔のウラタくん。
0627daisuke
久々に会ったら
日々の笑顔が呼び込んだ幸運に
笑顔も最大級でした。
 その内容についてはいずれ
 ご本人から発表があります。
 たぶんね。

 

彼の最大の武器はごらんの「笑顔」。
「そのウソくさい仮面をはいでやる」
「四六時中、笑顔なんて許せん」と
有志「ウラタを怒らせ隊」数人が
笑顔剥ぎに挑戦するも、
ことごとく敗れ去ったのであります。
80_20200705031701
そんで、第3回最終挑発の会合が
持たれました。
(ワシらは暇なのか?)
特別オブザーバーは元学友のキクチ氏。
 どしたらあの笑い顔を消せる?
「難しいっす」
彼が怒ったのを見たことは?
「う〜ん、むか〜し、一度だけ」
どうだった?
「笑顔が消えて・・・」
うん、うん
「どこかへ行ってしまいました」
う〜ん。
何をしたら怒るかなぁ
「人間として、やっちゃあいけん
 ことをやった時とかなら」
うむむ
「あと、無意味な殺生も」
う〜ん・・・。
結構ハードルが高そうなので
決起は第4回の会合以降に延期決定。
ウラタくんの笑顔は、もう
風前のトモシビとなったのである。

 

山のぶどう畑バルキで草刈り。
0627baik1
乗用草刈り機でブンブン刈りまくりました。
0627baik2
山のぶどう畑カンパラでも
駆け足で草刈り。
0627baik3
梅雨の雨で草の伸びが
むっちゃ早いです。

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(45日目)」
本日、改修工事はお休みでした。

 

アシカのほのぼの田舎暮らし」
四コマまんがは「さがしもの」です。
0627

 

| | Comments (0)

古代のハイテク機器

2020年6月26日(金)晴れ、雨

 

毎年どくだみチンキを作ってる。
山の畑カンパラで摘んで
そのまま焼酎に浸けます。
0620dokudam
今年は、早朝に行く機会がなくて
延び延びにしてたら
花の状態が悪くなってしまった。
良さそうなのだけ選んで収穫。
例年より薄めかな。
0621dokudami
咲いているドクダミの香りは
好きではないけど、
焼酎に抽出後は
いい香りになるのが不思議。
*虫刺されに重宝してます。

 

トド弟の愛犬レモン。
0530lemon3_20200704060001
16才と高齢で聴覚を失い、
認知症も発症して、
日々ぐるぐると右回りの
世界に住んでいます。
散歩も右回りしながら。
でも、広い畑じゃ
ダッシュしたり、
スラロームしたりと
走っている姿は
楽しそうです。
草は走りやすいように
短めに刈ってます。
頑張れレモン!

Todokaw90_20200622020601

「古民家改装(44日目)」
そろそろ最終段階。
建具屋さんが網戸を作ってくれました。
0626amido
網戸用のレーンはないので、
1コマだけの小さな網戸を
ガラス戸と共用で使います。
ちょっと不便そうだけど
無いよりはマシかな。

 

ミニキッチンの高い天井に
換気扇が付きました。
0626kankisen
調理時の排気ってよりも
室内の換気ですね。
小さくても頼もしく見えます。

 

玄関を開けた真正面の展示棚。
後ろの建具があまりに「生活」を
感じさせるので設置。
0626tana
25コのマスをどう使うか
悩ましいところです。
中程に後ろから開けられる
扉を付けてもらいました。
圧迫感が減じますが
さて・・・。

 

「レーザー水準器」
17年前の工事の頃から
使われ出し?
今では大工さん、左官さんの
必需品のようです。
0626laser
水平、垂直のラインを
たちどころに示してくれますから
ものすごく重宝です。
正式名称は「レーザー墨出し器」。

 

そうか、
この「墨つぼ」の後継グッズなのか。
0626sumitubo
墨つぼは
古き良き時代のハイテク機器です。
大工さんが墨つぼから糸を引き出し
パシッと弾いて木材に墨跡を移す。
子供たちの憧れの道具でした。
糸の弾き方で微妙な曲線も
出せるそうで、びっくりです。
80_20200705031701
*中国経由の日本の道具だと思っていたら
 起源は古代エジプトですと。
 もっとも、墨つぼ、糸、糸車を
 一体化したのは古代中国。
*レーザー光線による装置は1990年代から。

 

| | Comments (0)

«タイル張り完了