出会った

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月18日(水)くもり、晴れ

早朝から山のぶどう畑カンパラで枝の整理。
午後も山のぶどう畑バルキで袋掛け。

午後、畑への道を急いでいて、ゆるいカーブ道の
作業小屋の影に「白い大きな袋を担いだ笑顔」を発見。
 袋を担いだ無闇に笑顔を振りまく怪人といえば
 大国主のミコトかサンタクロースだけど、
 時代と季節から素早く正確に判断し
 「ウラタ君だ」と認定。
車両を緊急停止しバックギアでちょい戻る。

0718ura2
積もる話があったような気がしたのだけど、
考えてみれば特になく
どうやら「ウラタ笑顔」を見たかっただけでした。
ウラタ氏は速やかに仕事に戻った。

0718ura1
父上に手伝ってもらいながらのお茶摘み作業。
摘み取る位置や深さをウラタ君が見極め、
親父さんがそれをサポートしています。

これは「お茶」それとも「紅茶」と聞けば
「おいしい高梁紅茶になりま〜す」との返事でした。


ぶどう畑で作業していたら乳幼児の訪問。
ぷくぷくの腕に感動して撮らせてもらいました。

0718kodam
ガッチリした両手と広い胸の父君には
このところ、草刈り、袋掛けを手伝ってもらっています。

秋には美味しいぶどうが食べられるね。
と乳幼児に話しかければ
「いえ、この子には甘いもんは、一歳を過ぎるまでは
 食べさせません」
そっそうなんだ。
ちっ、ぶどうで手なずけようと思っていたのに。


作業を終えた夕方の帰り道。
自宅近くのお寺の前を通過していたら
不思議なポアポアダチョウ頭を3コ発見。
軽トラを安全な場所に停め、カメラ片手に戻ってきたら

母鳥に連れられて道路を横断中のカモ?一家でした。
0718kamo1

運転席からはポアポア頭の生まれたてに
見えたのだけど。
0718kamo3
すぐに編隊を組んで、狭い池を行ったり来たり。

0718kamo4
楽しそうです。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

よしずの風

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月17日(火)くもり、晴れ

早朝、山のぶどう畑バルキ(標高440m)に上がります。

0717kiri
本日もキリのため、近くの山もかすんで見えます。

↓右手奥の雨よけポリフィルムで白く見えるのが
お借りしている畑です。
0717balki
お借りした当時は畑も山にも人の手がキチンと入って、
丁寧な暮らしを営んでいる、美しい谷だと思いました。
この里も住民の加齢で、少しづつ休耕田や荒地が
増えてきました。
 お借りした当初、まわりの方から
 「わざわざこんなとこまで通って畑を作って
  くれるなんてありがとう」
  「この荒れ畑がどうなるんじゃろと心配しとった」と
 ご近所さんが足を止め、見知らぬ人が車から
 降りて来て感謝されました。
 その意に沿えるよう、できるだけ景観を保全したいと
 思っています。


少し離れた山林は都会の業者に手渡され、
大きな杉や雑木は切り倒され、太陽光発電の
準備が進んでいます。
0717seizai
通りがかると、製材所の木の香りがします。
管理された木が切られ、製材される場合は
次世代が用意されますが、
ここでは木の芳香は消えていくのみです。


バルキ畑では自宅の井戸水で用意した
ボルドー液を散布。
玄米アミノ酸1000倍と一緒に300リットル。
銅イオンで葉っぱを守ります。
0717douhun
タンクが傾いているのは、残りわずかな
薬液を残さず使い切りたいから。

カッパ、マスク、フェイスガードで汗ダクで
帰ってきて、昼メシのリクエストは
もうこれしか食べられません。
三輪の翁さんの「よもぎそうめん」。
0717somen
大満足で10分ほどの午睡。


真砂土の反射光が暑いので「よしず」を2枚追加しました。
0717tatesu1
出入りしやすいように間隔を開けて、
この日陰を通って部屋に入る風のやさしいこと。

「これ、これ、この風、昼寝にぴったり」と満足して
たたみに横になってみます。
0717tatesu2
畳の上にゴザを敷いての昼寝はサイコーです。
じっとりかく汗がまた気持ちいいです。


シマちゃんも用もないのに、出たり入ったり。
0717shima
日陰ができてコンクリートの上が涼しくなったのか
犬走りの上で横になりました。

犬? 
レモンは、高齢なので締め切った部屋で
クーラーを浴びてうつらうつらしております。

*犬走りは犬のためのものじゃありません。
 本来、犬が走るくらいの細い道の意です。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

井戸水を運ぶ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月16日(月)くもり、晴れ

早朝、山のぶどう畑カンパラ(標高440m)に
上がるとキリ世界でした。

0716kiri1

もちろんぶどう畑もキリの中。
0716kiri2

自宅の井戸水で用意したボルドー液を散布。
玄米アミノ酸1000倍と一緒に250リットル。
銅イオンで葉っぱを守ります。
0716bord

父の時代の「ボルドー液」は、前日に生石灰のカタマリを
砕いて水を加え溶かし(この時に高温になります)。
次の日に硫酸銅の粉を水で溶かした溶液を作り、混ぜます。
乳白色の溶液を混ぜながら、透明感のあるセルリアンブルーを
注ぐと、息をのむようなエメラルド色になるのですね。
この瞬間に「混色の面白さ」を知ったように思います。

*現在はこの手間のかかる、そして少し危険な方法は
 省略されて、メーカの作った溶剤に水を混ぜるだけです。
 古い農薬ですが、今も絶大に効果的です。
*残効の安全性から有機農法でも使用可能な農薬です。


昨年、コウモリ蛾に幹を食害された「紫苑/しえん」。
枯れたと思ったら芽を吹き出しました。
0716kansui
でも、今回の多大な雨量に続く、一週間ほどの高温と乾燥で
紅葉。不調なので水やり。
昨日まで断水していたので、たとえ少量でも水やりに
水道水を使うのは気が引けたので、一度自宅に帰って
井戸水を300リットル積んできました。
機材内部の汚れもこれで洗い落とせますしね。

薬剤を散布する時のプロテクタ。
フェイスガードと毒ガスマスク。
0716defense
カッパを着てこれをつけると、住宅地ではギョッと
されますが、わが身を守るため。
「暑くね?」
そりゃ暑いです。サウナスーツ着て重労働してる
ようなもんですから。
メリットは痩せます。ビールが超美味い。
*竹酢液、にがり、玄米アミノ酸、にんにく焼酎などの
 忌避剤散布だとかなりいいかげんな格好で散布してます。


夕方まで、山のぶどう畑バルキで袋掛けや
枝の直しなど。
0716yuhi

夕日を見ながらビール待つわが家に帰ります。

昨日までの断水は・・・
食器の洗い、洗濯、トイレ、どれも面倒で
一週間ほどハワイに逃げてやろうかと思った。
ぶどうとネコとイヌが居なければ、
っと夕日を見ながら思い出す。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

歓喜するに十分

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月15日(日)くもり、晴れ

朝メシをそそくさとかき込み、山のぶどう畑バルキに向かう。
いつもの広域農道を通って20分とちょっと。
0715balk1

標高440mの山上から見ると下は雲海でした。
わが家はこの雲海の下。

0715balk2

昨日の夕方、間に合わせのように
プラスチックコードをぶん回して
草を刈り飛ばして、そのままでした。
本日は、この地域の「草刈り日」なので
少しは掃いておこうかと、早出したのですが・・・

ご近所さんたちはすでに集合していて
「ええよ」「もう十分じゃ」
「⚪︎⚪︎ちゃんが来たら⚪︎⚪︎じゃけ」
最後の言葉が聞き取れなかったのだけど、
いや、ここまではやりますからと竹箒で掃いていたら
⚪︎⚪︎ちゃんが登場して、
その肩には真新しい⚪︎⚪︎がサンゼンと輝き・・・

なんとまぁ、ショーちゃんは「エンジンブロー」を
持っていたのでありました。
例の枯葉なんぞを吹き飛ばすアレです。

ぶおっぶお〜と溝に吹き飛ばしてくれたので
こまざら(熊手)で斜面にかき上げます。

30分ほど、畑のまわりだけ手伝ってトドは終了。

後はぶどうの袋掛けをひたすら。

午後も、バルキ畑で袋掛けと枝直し。

夕方くたびれ果てて帰宅すると
アシカと姉が小躍りしながら出迎えてくれました。
何があった と軽トラから降りれば
「水が出た〜」
「やっと水道が復活した〜」と
歓喜のダンスでありました。

さっそく、蛇口をひねれば
泡の混じった白い水がほとばしります。
0715mizu
風呂に溜めるとちょっと濁っています。
まだ、飲料水としては不適のようですが、
洗濯やトイレには使えます。
歓喜するに十分です。

二日後にはキレイに澄んだ水になりました。
0718mizu
水はありがたい。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (2)

明日は草刈り日

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月14日(土)くもり、晴れ

早朝、山のぶどう畑バルキで袋掛け。
終わりそうにないので、昨日から畑ご近所の
ウエハラさんに手伝ってもらっています。
午後もひたすら袋掛け。

夕方、草刈りを1時間と少々。

法面の側溝まわりを中心に、プラスチックコードで
刈り飛ばします。
0714kusakar1

プラスチックコードだと地面の3次曲面が
そのまま出ます。
金属刃より好きなんですが、草汁や小石など
モロモロを自分にも浴びてしまうので、
しっかり防備します。
0714kusakar2
明日はこの地域の「草刈り日」です。
やっとかないとトドよりもお年寄りの方たちに
「やっといたから」と言われますので。
*ジツは何度も刈ってもらったことがあります。


日没のちょっと前に給水所でポリタンク1杯
飲み水を入れてもらいました。
0714kyusui

顔なじみになった「四万十町」からの応援二人組。
「ボクら今日までです」
ありがとうございました。
おかげで、たすかりました〜。
「明日、帰ります」とうれしそう。
気をつけて帰ってください。
四国の高速はまだ復旧してないから、
一部地道を走って帰るんだと思う。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

おいしい水

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月13日(金)くもり、晴れ

早朝、山のぶどう畑バルキに上がる。
雲海が出ていたのでパチリ。
0713kiri
撮った時は気がつかなかったけど、
なにやら飛翔物が入っているけど
気にしない。
数秒差で2カット撮ったけど、もう1枚には
何も写っとらんけど気にしない。


今日も四万十町からの応援二人組が居たので、
ポリタンク2つに20リットルづつ入れてもらう。

0713shimanto
この水、柔らこうて美味しいけど,
四万十から運んできたですか?
「はぁ?」
美味しゅうて、毎日ゴクゴク飲んでるんですよ。
「あの、これ・・・」
「宇治の水ですけど」
えっ、宇治って、このすぐ先の宇治ですか?
「はい、そうです」
うちの方の水と違うから四万十の水かと思った。
へ〜宇治の水道は軟水なんだ。
宇治の人はこんな美味しい水を飲んでいるのか、
とちょっとびっくりでした。
 *マツノ隊員、今度からわが家に来る時には
  こん水を土産代わりに持って来んさい。


↓こっちはぶどうのお客さんでもある保険屋のお姉さんが
断水を気遣って持って来てくれた水。

0713kouka
「高賀の森水」
奥長良の超天然軟水、フィルターを使って非加熱除菌。
キャッチコピーは
「一億年の眠りから目覚めた名水」だそうで、
1億〜2.5億年前の地層からとりだしてるらしい。
トド的には「5年保存」と「超軟水」ってトコに惹かれます。
柔らかでマイルドなフツーの水みたいかな。


手が足らなくて、一時は放棄しようかと考えたバルキ畑。
ぶどうに危機感が効いたのか、例年以上に丸々と
立派な房になりそうです。

0713budo1
特に赤いぶどうのゴルビーは
期待が持てそうです。
食感が良くて好きな品種なんです。
0713budo2
楽しみ、楽しみ。


まだ、畑に玉ねぎが植わったままです。
草の間から「ボクらまだなの?」と言わんばかりに
顔を出しています。
0713onion1

夕方になる前の短い時間を盗んで
コンテナ1カゴ分だけ収穫しました。

0713onion2
放っておいてから、少し
大きくなったような気がします。
品種は「ネオアース」


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

受け取れねぇよ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月12日(木)くもり、晴れ、夕方はまた雨

早朝、家の菜園の草取り。

相変わらずの断水状態です。
飲み水は給水車のお世話になってるけど
風呂、洗濯、トイレは昭和20年代に戻ったキブンです。

そんな状況に少し疲れたので、
今日は日帰り温泉「粟井温泉あしもり荘」で気分転換。

その前に、総社の「結/ゆい」さんで
野菜いっぱいのランチ。

0712yui
最近は、こーゆぅちゃんとしたもんしか
食べらんないカラダになってしまった。
コンビニ弁当とかおにぎりには食指が動かない。
ごはんと味噌汁をお代わりしたら、
「まだ入るじゃろ」とミニソフトクリーム登場。

前日、ダンナが多めに買った残りが冷凍庫に
眠っていたらしい。
0712yui2
ありがたく、いただきました。
このテイクアウト用のコーンのフタ初めて見ました。
冷蔵庫で保管しやすくていいなぁ。

お昼よりも1時間前に行ったので、のれんもカンバンも
出てなかった。アシカと二人で勝手に開店作業。

さっそく、この店の常連さんがやってきて、
昨日のことだけど、と話し始めた。
「昨日、倉敷駅近くで災害募金コンサートをやったんだ」
何曲か歌うと、ちらほらと人が集まり、
ギターケースに小銭が少し溜まったころ
「リクエストしてもええかな?」と年配の男性が
足を止め、財布を出した。
いいっすよ、お客さんどちらから?
「・・・ワシは真備(マビ)のもんじゃ」
えっ、マビは今回の災害の中心じゃないですか。
マビの人から募金なんて、受け取れませんよ。
「ええから、リクエストを頼む」
リクエストはなんでしたっけ?
「陽水の 少年時代 を」

そらもう一生懸命に歌わせてもらいました。
そしたら小父さんが手を握って
「よかったぁ、これでワシも 元気になれる」
「ありがとう、ありがとう」と何度もお礼を言って
ギターケースにお札を入れてくれた。

 ♪夏まつり  宵かがり
  胸の高なりにあわせて
  八月は  夢花火 ♪

みんな、たくさんのそれぞれの夏を持っている。
ダイジな宝モンじゃね。


ランチでお腹が膨れ、あれこれ話してたら
温泉はどうでもよくなり、友人のお風呂で
汗を流して気分転換なりました。


高梁川水域の写真
まだ濁ってて、水量もあります。
0712higai1
ガードレールにゴミが引っかかってます。

R180に沿った伯備線。
0712higai2
冠水したようで、ゴミが見え、敷石も一部流出した様子。
大特急で復興作業中。がんばれ。

ぶどう畑
雨除け屋根よりも上まで水位が上がったようで
0712higai3

ぶどう棚がめちゃめちゃになってました。
0712higai33
春先の重い雪でツブされたぶどう畑を見たこと
ありますが、こんなのは初めて。
再起する気力を失わせる惨状です。

ゴミの山の向こうに川が流れていて、
0712higai4
河川敷は立派な野菜畑だったのですが。


スーパーの給水所でポリタンクに20リットル。
0712kyusui1
今日は茨城県からの応援チームでした。
ありがとう。

ペットボトル6本のカートンもいただきました。
0712kyusui2
緊急時の保存にさせていただきます。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

ハードレイン

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月11日(水)くもり、晴れ、そしてハードレイン

早朝の山のぶどう畑はキリに埋もれていました。

0711kiri1
地域全体がキリの中。

もちろん畑の中にもキリが入ってきます。
0711kiri2
9時過ぎ、明るくなる頃キリは上がって
今度は真夏の太陽光がジリジリと降り注ぎます。

ここまで、まず順調にぶどうは成長し、
葉っぱも元気です。
たっぷりと光合成をして欲しいけど・・・暑い。

0711shien
いえ、いえ文句言っちゃいけません。
夏なんですから。
それにわが家よりも350m上空にある山の畑は
湿度が低くてちょっと快適なんです。
さすが高原です。
↑写真は「紫苑/しえん」ウチで最も遅いぶどう。
晩秋ってより、もう冬じゃないってくらい遅いけど
とても美味しいぶどうです。
2本の内の1本は虫害で不調なので今年の収穫は
半分量です。

畑の帰りに、山の給水所でポリタンク2つ分
給水してもらいました。

0711simannto
おっ四万十から応援に来てくださってるんですか?
ありがとうございます。
背中の写真を撮らせていただいても・・・
「はい、どうぞ」と律儀に並んでくださいました。
  友人、高知のぶどう農家の奥様の実家は
  坂本龍馬が脱藩した時に通ったコースにあるらしい。
  脱藩道ですからよほど山の中でしょう。
  簗(やな)もあって、鮎が美味しいらしい。
  一度行ってみたいと思っている。
  なんて、話で和みました。
高知(太平洋)まで200kmほど
そっから四万十町まで70kmほど
龍馬が通った山道まではさらに100kmほどでしょうか。
すぐにでも行きたい、現実逃避と言われようと行きたい!


夕方、急にカミナリと土砂降り。
0711ame1

玄関先のフジもスチューベン(黒ぶどう)も雨の中。
0711ame2
頭の中では「It's A Hard Rain¶s a gonna fall」が流れる。
ディランもいいけどエディ・ブリケルもええよ。
ぜひ聞いてみてください。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

どしゃ

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月10日(火)くもり、晴れ

朝ドラの新しい展開は、トド的にはイマイチなので、
気にせず早朝から畑に出かけられます。
(秋風センセのセリフと佐藤健の存在感だったかな)

山のぶどう畑バルキに殺菌・殺虫剤を散布。
以下を混入して300リットル。
 玄米アミノ酸、にがり/1000倍
 唐辛子、にんにく竹酢液/500倍

*現在断水中のため水道水は使えませんが、
 もともと散布には井戸水を使っています。
 古井戸があってよかった〜。


畑までの道はこんな風に分厚い砂でおおわれている
トコもまだあるし、
0709michi1

土砂崩れを復旧中のトコもあります。
信号も交通整理の人もいない場所もあって、
お互いに気をつけながら進入します。
 そうそう、むかしはこうだったよな、
 この方が人間らしい・・・ってキブンです。

0710michi2

流れ出た岩石がそのままのところも。
0710michi1
こんなん出会ったらひとたまりもありません。

雨が上がってから、地域の土木業者さんたちが
速攻で片付け作業を行ってくれたようで
山間の道もずいぶん回復したようです。
0710michi3
見上げると、宅地がなくなって、ギリギリの家も。


午後は山のぶどう畑カンパラの草刈り。

0710kanpa1
伸びていた草をブンブン刈り飛ばします。


banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

みんなに感謝

banner_021に参加してます。応援クリックをよろしく!
2018年7月9日(月)くもり、晴れ

早朝から、山のぶどう畑バルキで枝を整理。

水道が使えないため(なんと一週間も)、
午後、近くのスーパーの駐車場まで、20リットルの
ポリタンク2つ持って水の配給を受けに行く。

0709mizu1
高松市のタンク車とスタッフでした。

こっちは土浦から。
0709mizu2

満タンのポリタンク2つ、自分で運びます。
と言ったのですが「ボクたちがやりますから」と
軽トラまで運んでくれました。
高松も土浦もみんなありがとう。

国道沿いを走れば、こんなボランティアの若い子たちがたくさん。
ゴミの片付け、泥の掃き出し、笑顔でハツラツと働いています。

0709gass
どんだけ助かったことか
みなさんに、ほんま感謝です。

banner_021←このポチッが地球を救う・・・かもしれない。

日記 | | Comments (0)

«青空の下で